黄金週間!げぼぉっ!なんて嫌な響きだ!

とくに書くことも無いのでイラスト

yagyousan


夜歩愚か者を裁く怪異神

その名は夜行さん

徳島県につたわる妖怪で、節分の前夜つまり夜行日に現れ、首なし馬にのった毛だらけの存在。
百鬼夜行という魑魅魍魎を引き連れている。日本版デュラハン
夜行日の夜出歩いている時に出会うと投げ飛ばされ、馬に踏み殺されるという。
草鞋を頭に乗せしゃがんでいると気付かれずにすむという。
地方によっては馬の首だけまたは首なし馬だけということもある。
元々夜行とは例祭の夜に御神体を他所へ移す事をいい、神事に関わらない奴は家に居ろ!ということを物忌みしたものである。
そのため夜行さんは神事を汚し戒めを破るものを祟るという。

かわいいことに三好市ではその日の食事のおかずの話をしていると現れ、ねだるという。
でも現れる時は毛だらけの一つ目なので怖い事この上ない……。

イメージを山賊に幽霊馬という感じで書いてみた。
夜現れて一つ目なんて良く解るなぁと思ったら片目だけ光る設定にすれば問題解決
夜道で高い位置からのライトがでたら夜行様だと思わないとね!
でもそのときにはもう死んでるか!

夜にはご注意を…
スポンサーサイト

真っ赤な誓いいいいいいいいいいい!(今夜の話はきわどい注意)

聖火リレー酷かったね…
まぁ世界中で赤い国だけが盛り上がっているのが良く解った。
失望した!日本人ばかり規制する長野県警に失望した!

まぁあんまりそんな事書いても意味ないので今日のイラスト
今夜はカラーだよー!あと神話でなく民話の部類の御伽噺!
あとアレな話全開になるから注意な

_____________________________________________

一寸法師

体3センチの志強き小さな少年は大きな野望をもつ

その名前は一寸法師

簡単にお話まとめると
老夫婦が祈りできた子供は小さく成長しなかった。
あるとき武士になりてぇって言って針とお碗もって京で働く事に!
そこでみつけた娘さんに一目惚れ。
あるとき鬼にが表れ、その鬼の口に入り針で倒し、打ち出の小槌を手に入れる。
そして182センチまで身長を小槌で伸ばし、娘さんとめでたし!

いいね実に子供向けだ!
えっ子供向きじゃない話だったのか?

大体御伽の意味を知ってのこと?
お偉いさんの布団の中で話すエッロい話のことですよ。
前回に続いてアレな感じで、絶対女性こねーなこのブログ!もとから人居ないけど!

一寸法師の真実は
体の大きくならないのは多分身分の低い人のことであり、京のお偉いさんの所へ買われたか売られたかで働きに行くというのが妥当だろう。
あの時代だからよく有ることだろう。(アッー)
まぁ一寸ってのは身分や身長のことでなくもちろん…。
そこで見つけた娘さんはもちろん身分の差がある女性。でも年頃の彼は一目ぼれで恋は盲目となります。
そこで狡賢い策をはるのです。
寝ている彼女の口に神棚のコメをつけて、自分は自分の米の空茶袋もって泣き
「あの女が…私の大切なお米を食べたのです…グスッ」
そんな感じでお偉いさんは「俺の一寸法師を泣かせたからブッ殺す!」となり、
なだめて島流しましょう!と言って二人で孤島に逃げるという計画を実行するのです。

すごいね昼ドラ並だぜ!キラのように計画通り!だな
そしてその孤島の鬼というのは漂流した外国人のことだろう。
昔は多いのよ外人さんとの交流

日本人は黄色なので赤鬼というのは褐色や黒であろう。チリチリ髪とかね。青はもちろん白のこと。
漂流外国人がいる孤島に女性と小姓なんて困ったものです。
針はつまりその…男性器の暗喩です。
姫を守りてぇんだ!許さないぞ鬼どもってコロコロするんです。
ちゃっかりそこでようやく彼は大人になるんです。
まぁそのため連れて逃げたんだけどな。
ザ・スケコマシ野朗一寸法師ストーリー!
こんなの良く子供向けに編集したな!昔の文学?はエロとかしかないです。餓鬼は外で遊んでろです。大人向けの話が編集されていき今の形の御伽噺になったのです。
俺の妄想で書いてるわけじゃございませんよ?背景と事実から述べてるだけです。

つーかなげぇ!今日の話!適当に語るのにこれだけかかる!
でも面白いですよね?昔の人の話が今でも語り継がれているのですから。
今回の絵は…説明するべきでなく想像通りを形にしてありますよ。でも説明。
打ち出の小槌は出世させる宝でお姫様だったり。夜伽の為の子なので赤色や青色でもない紫色
ランドセルだって黒とか赤で区別したものです。(団体に訴えられそう)
針=満足に綺麗な服が着れるように お碗=満足な飯が食えるように
両親が願ったアイテムを持たせています。打出にのって出世!そんなとこです。
あと髪型とかヤバイ!お碗やばい!小槌の紐飾りや柄YBAI!深読みすると怖い!
深いね御伽噺!尽きないね御伽噺!そんなんばっかの知識増えても話せないぜ!

明日聖火リレーですね!色んな意味で楽しみです

今夜も特に書くことないのでイラストにいきますか
言われなくともスタコラサッサだぜぇ~

_____________________________________________

Bugbear

いう事聞かない悪い子食べるゴブリン

その名前はバグベア

ウェールズ地方に伝わる妖精。バガブー、ボグルボー、バグスとも呼ばれる。
各地で色々な名前がつけられている。タンケラボーガス、トムドッキン、トムポーカーなど。

「遅くまで遊んでいると、バグベアに食べられてしまうよ」
親が子供に言い聞かせるために生まれた毛むくじゃらの妖精。
目が燃えるように赤く、鉄の牙で子供をむしゃむしゃ食べてしまうなどと言われる。
家の中に居ても煙突から入ってきたりして子供を喰らうという。

子供に関連してbear(クマ)なのでクマのぬいぐるみをモチーフに
ソウルハッカーズの影響もありますが、やはりゴブリンよりも名前がクマなのでそっちの方のイメージが強いです。
チャイルド・プレイのチャッキーのようなイメージもありツギハギのように気味の悪い口を体中につけてあります。
子供を食う化け物→子供にしか興味の無い者
という変換でパーツがあれな感じになってたりします。

形無き欲望と想像とトラウマを集めた悪夢の集合体がバグベアです。
もしかしたら可愛さなんて無いおぞましいものかもしれません……親のいう事は聞きましょう!マジで


ちなみに水木御大オリジナル妖怪バックベアードはこのバグベアの名前をもじったものではないかと言われている。
ベアード様

えっ?!JASRACに独禁法でようやく法の裁きが!?

いやぁいいニュースですね!
音楽ヤクザのあのカスラックがとうとう罰が当たりましたねぇ!
CDに高い著作権料つけて横から金をチューチュー吸ってた天下り犯罪集団のあのカスラックに!
いやぁこれでCDを安く買えると思うと財布がユルユルになりそうですね。

まぁ今日のイラストに行きましょうか!

_____________________________________________

agares

去るもの追う大公爵

その名前はアガレス
序列2番のソロモン72柱の魔神
序列19番のザエボス(サロス)と似ていてワニに乗った31の悪霊軍団を従える東の大公爵。
かつては力天使で、人に言語知識を与え、あらゆる威厳を打ち破る力を持っている、地震を司るという。
能力は自分に対してたたずむ者を立ち回らせ、去るものを再び呼び寄せる。
恋人や友人の心を良くしてくれるいい魔神といえるだろう。

召喚したい悪魔さんですね!
M・L・ブルトンという人の挿絵のアガレスは某指輪物語のドワーフみたいでいいオッサンです。
ワニに乗ってくるなんて!いいですね!
地震をあやつるなんてさらに特徴的!オッサン大好きだ。

一応日記サイトなんですが書くことが無いと困る

今日は特に無いので絵だけ更新

coatlicue


血に飢えたアステカの大地の女神

その名はコアトリクエ

名前の意味は『蛇の淑女』『蛇のスカートをはく者』

女神という名には合わずネックレスに心臓や手首や頭蓋骨で飾られている。
その鉤爪は生き物を引き裂き喰らい、まるで蛇の悪魔のようである。
彼女が死であり母であり、そして大地に恵みをもたらすという。
死と生の両面を持つ残酷な母は自然の摂理を表している。

アステカ等の人々は死を極端に恐れている為に生まれたのではないか?
自然的な命の循環があることで死を克服させる手段の一つだったのかもしれない。
そして彼らは今の日本人には理解できないような死の考え方を持っていた。

例としてマヤの神様にイシュタムという女神は「首吊り自殺」の神様で、首をくくって死んだものは楽園にいけると信じていたのです。
戦死や生け贄や首吊り、出産後に死んでしまったり神官は楽園行き
その他で死んだものはシバルバーという地獄に行くという

だからって自殺かよ!あと蛇に食われて自然循環とか嫌だ!
怖いね戦争の歴史のインカ・アステカ・マヤ文明!
でも蛇やドクロがわんさと出てくる神話なのでカッコいいんだこれが!

うつ様は時々やってきてお部屋に滞在される

まぁ気分があがらない夜は時々来るものです。理由は特に無いのが困りモノ

…はぁ
更新しとこ…っと

_____________________________________________

AMON

大いなる貴公子アモン

ソロモン72柱の魔神のひとり。
七つの大罪の強欲マモンとは違い40の軍団を束ねる「炎の侯爵」
過去と未来をすべて語ることが出来るという。
能力は友人間の敵対心を生み出したり、争いをおさめたりできる厳格な仲裁者。
狼の前足に蛇の下半身、犬のキバをもったフクロウのような姿をしている。
その炎はかなり強力!
フクロウの頭を持つことからエジプトの神が悪魔化したといわれている。

デビルマンとはあまり関係が無い

「ハッピーバースデー、デビルマン!」

ねこっていいよね 俺犬派だけど ねこって欲しいよね

今日はいつもと違う解説

世界には変わった名前の神様が居るんですよという事。

その名前は「オニャンコポン」

そうオニャンコポンです。

アフリカ西部、アシャンティ民族の神話の創造神、天空神。名前は「偉大な者」の意。ポレポレ(万物の創造者)として世界に満ちている様々な霊たち全てをつくったという。

オニャンコポンには別名で、オトゥムフー(強力な者)、オトマンコマ(永遠の者)、アナンセ・コクロコ(偉大な賢い蜘蛛)、オニャンコポン・クワメ(土曜部に現れる偉大な者)などがある。

神話では、オニャンコポンは昔は人間の近くに住んでいたが、ある老女が主食のヤムイモを叩いていた時、長いすりこぎ棒をオニャンコポンにぶつけてしまったため、天空の頂上に住むことにした。

老女はたくさんの子供たちモルタルを集めさせ、積み上げて神のもとへ届かせようとした。高く積みあがり、あと少しで届くというところで、老女は一番下のモルタルを一番上に積むように言ったため、モルタルの山は崩れ落ち、落ちてきたモルタルで多くの人が死んだ。

オニャンコポンは決して人間を見捨てたわけではなく、人間から名誉をうけるため、そのお返しに人間に恩恵を与えるため、オニャンコポンの子供たちである川と海を人間に贈ったという。




オニャンコポンの像



名前で女の子やネコを想像した貴方!
ざぁんねんでした!
ポレポレ(万物の創造者)とか個性的な響きですよね。別名とかも。

西アフリカにはニャンベ(別名ニャメ、ナナ・ニャンコポン、ニャンビ)という至高神が居たりとアフリカ始まったな!
もういっそのこと萌えっこ擬人化してしまえばいいじゃない!

雨の日は引きこもるのが好きです、でも雨が降ってない方がもっと好きです

ステワ・ルトゥは雨が好きですが、雨に濡れるのはダメな人
どうも!そとの道です。
梅雨ですか?まだ春な気分ですけど?
そして夏ですか?蝿がナマゴミに湧きますね!
というわけで今日は「蝿の王」ですよ。

蝿の王と言ってもゴールディングの蝿の王ではなく悪魔の王の事です。
まぁあの作品では名前だけしか出てない感じですがね。(ちょい役だっけか?)

_____________________________________________

BEELZEBUB

ヘブライ語で蝿の王

名前はベルゼブブ(バールゼブル、ベルゼブル、ベルゼビュート)

ゼブルは元は天使だったが、反逆とともに『生命の書』から名前を削除された。
バアル・ゼブル(天の住み処の主)というのをベルゼブブ(蝿の王)というヘブライ人への皮肉な言葉遊びから定着したという。
糞山の王とも呼ばれ、疫病をもたらす蝿や虻のような姿をしている。
はねにはドクロの紋章をつけていて結構イカス!
しかも魔界の王子様!蝿なんかがと思ってはいけない!
仮面ライダーだってバッタだけどカッコイイじゃないか!

真女神転生のゼブルさんはカッコよすぎて鼻血止まりません

小説の「蝿の王」は無人島で少年達が殺ったり殺られたりする、孤島漂着ものので気になってて買ってしまいました。(特に名前が気になってた)
子供が悪意がどんどん増していって悲劇を生んで行く後半の流れは色々考えさせるものですね。
オススメですよ。新潮文庫で出てます。
多分アマゾンで簡単に買えるんじゃないっすかね?

猫背は癖のような感じですよ♪

猫背に腰が曲がっていて…視力も下がる一方!
身長が去年より縮んだ!!

絶望した!!劣化していく自分に絶望した!
そんな今日この頃

_____________________________________________

BAPHOMET


今日は有名な悪魔を紹介

バフォメット

バフォメットはキリスト教の敵のマホメットの悪魔化した存在
ヤギ頭の悪魔でサバト司る
ルシファーベルゼブブアスタロトに使える上級六大悪魔の一人である大将のサタナキアと同一視する意見もある。
「サバトの牡山羊」レオナールと同一視・混同される事も多い。

十字軍で活躍したテンプル騎士団は偶像崇拝している!!
奴らは同性愛者の異端だ!黒山羊の悪魔を崇拝してる!
…とフランスの王様フィリップ4世は騎士団弾圧のため、拷問の後に作られたいい加減な悪魔がこいつなのだ。
でも悪魔の世界では有名人です。ヤギ頭の悪魔といえばこいつ。
エリファス・レヴィという人がこの姿を描いて形が生まれた。

注意:幻獣王ガゼルと融合する、あの素材のバフォメットとは多分あまり関係ありません

第475回「あなたのお名前の由来はなんですか?」

トラックバックとやらにはじめてチャレンジ!

本名は書けないんで、今のハンドルネームが「そとの道」

由来は…漢字で書くと外の道と書きまして、そのまんまの道を外れた外道でして…。
まぁ青春をオカルトに費やした馬鹿で、悪魔やらナンやらグロイ系な思想に偏ることもあり、つかまったりしたら真っ先に報道の餌ですね(笑)

柔らかい感じのハンドルネームにしたかったんで、あえて平仮名の「そとの」という風にして

苗字:そとの 名前:道 

…としました!まぁ苗字と名前に分けたのは今さっきですがね。
こんぐらいですかね由来は!

第475回「あなたのお名前の由来はなんですか?」

自画像変更

すてわるとぅ


ようやく自画像をサラサラっと更々っと描きました!
パンダは自分に似ている動物です。猫背のところとか!あとは猫背名ところとか!あとはn(ry

内臓スライムなステワ・ルトゥをよろしくね♪

グロカワだな (ステワ・ルトゥ)
言いにくいね (ステワ・ルトゥ)
乾いたら水をあげてね (ステワ・ルトゥ)
影縫い得意さ (ステワ・ルトゥ)
焼いたらホルモン焼き (ステワ・ルトゥ)
一家に一内臓 (ステワ・ルトゥ)
次の総理候補に麻生さんが名乗ってテンション上がってたね(ステワ・ルトゥ)
もっと待て!今失うのはもったいない! (ステワ・ルトゥ)
いつもここから何処に行ったんだろうね (ステワ・ルトゥ)
名前がゲシュタルト崩壊おこしたよ (ステワ・ルトゥ)
そろそろ名前覚えた? (ステワ・ルトゥ)

ドマイナー悪魔軍団終了

barbaricca

こいつで最後
マレブランケの副隊長
主人公ダンテと詩人ウェルギリウスを次の濠に案内する仕事を隊長マラコーダに命じられている。
狂暴で下品なマレブランケの一人だけど、仲間に対する多少の情がある。

その名はバルバリッチャ

その名には『野蛮な者』や『悪意に満ち溢れた者』という意味がある。
訳によってはマリシャス、バービガーと呼ばれることも。

作中ではカルカブリーナとアリキーノが喧嘩して、池に落ちたのを助けようとしたが、二人は焼けてしまい途方に暮れているという。

マリシャス=悪意とあるようにモチーフは悪意を表すものとして「顔」を沢山体にまとっている。
野蛮ではあるが隊長マラコーダを補佐する副隊長なので魔道師のようなちゃんとした服を着せてある。

神曲の第21章
第8園の悪の溝が登場する話の概要をのせておきます。

 ダンテとヴェルギリウスの二人が第5の溝(ボルジア)に懸かる橋(アーチ)の
頂上に到着しますと、二人はその溝の下に煮えたぎる瀝青(ピッチ)が泡だっているのが見えます。
ウェルギリウスが突然危険への警告を発します。
その警告が巡礼者ダンテを驚かす間もなく、黒い悪魔が彼らに突進し、その肩には罪人がぶら下げられていました。
この溝から悪魔が罪人を瀝青(ピッチ)へと投げ込み、その中で罪人はかき回されて悪の爪一族によって苦しめられているのです。
 ウェルギリウスは彼の後見人を助けて岩の後ろに隠し、一人で悪魔どもに立ち向かうためにその橋を渡ります。
 悪の爪一族がウェルギリウスを鉤棹(かぎさお)で驚かすのですが、彼が彼等の首領である悪の尾野郎に、天は彼が地獄を通って別の者を導かんと定めてきていると告げますと、その悪魔どもの傲慢さが衰えるのです。
ウェルギリウスが巡礼者をその背に呼びます。
髪乱れ野郎が、巡礼者を鉤ざしにしようとするのですが、首領に厳しく叱られます。
その首領が旅人たちに、6番目の橋が壊れているが、更に進むと彼らは別の渡れる橋を見つけるであろう、と告げます。
 彼はそこまで彼らを案内するために、悪魔集団を選びます。
翼曲り野郎、霜踏み野郎、野良犬野郎、巻き顎鬚野郎、放蕩三昧野郎、木偶の坊野郎、肥っ猪野郎、引っ掻き野郎、軽薄蝶野郎、赤刷り顔野郎、が選ばれます。
彼等の不快な案内に対する巡礼者の疑念はその導者によって払いのけられ、その集団が動き出し、彼等の指揮者にわいせつな挨拶をすると、彼は放屁して彼等のあいさつに答えるのです。



神の敵の悪魔でなく地獄の鬼(罪人を刑に処す役人)なので、主人公のダンテにも詩人にも危害は加えないという所に親しみのようなものを感じます。

キャラ付けしてあげると、どんなにマイナーで覚えづらい名前でも少しは印象に残るものなのです。
……印象にはのこった…よね?

まぁ自分的に満足出来たので良し!
次はどの悪魔や神話にしようかな?鉛筆も軽く飽きたし…どうしようかな?

折り畳み傘の耐久度の低さにイラッ

やみません雨……こっちが病んでしまいそうですね♪
洗濯物が集まってキングになりそうです。
さてと、早くこのマイナー悪魔集団を終わらせてしまいましょう!

scarmiglione

マレブランケたちの下品な性格を代表して表現している悪魔

その名はスカルミリオーネ

その名には『乱雑な髪をもつ者』『毒をもつ者』『有害な者』という意味がある。
訳によってはベインフル、スカラマリオンと呼ばれることも。

彼らは亡者のみしか危害を与えられないため、主人公のダンテに対して「尻を撫でてやる」と下品な言葉を投げかけた。

イメージというかモチーフはウルトラQに出てくるケムール人です。
特撮スキーなせいで無理やり持ってきて感が!
そこで別訳の名前のスカラマリオンをググると

スカラとはイタリア語で「階段を登る、上に上がる」の意。
マリオンとは建築用語で「装飾された柱の枠組がある窓」のこと。
スカラ→移動 マリオン→窓 スカラマリオン=移動する為の窓?=異次元?
なんというこじ付けだ!無理があるね
素直にケムールっぽいのを書きたかったと言うべきだな。

毒使いなので毒ガス状の乱れ髪や毒蛇、サソリなどを混ぜた姿に、首にはボコボコと毒の泡?を付けてみたり!
悪魔や地獄の鬼というより死神に近い形状にしてみた。
ドクロ顔は毒による死を連想したので…まぁこんな感じですハイ

二日酔いを初めて知りました!ううぅん…

更新しなくても
どうせ人は来ないでしょうけど…毎日更新できないのが悔しい

ロバート・キャパという人が「神はこの世を六日間で創り給うた。そして第七日目には二日酔いを与え給うた。」と聖書の世界創造の7日間をもじったような台詞があるように、昔から二日酔いは人を苦しませるものらしいです。
まだ少し体調がすぐれん…ぐぬぬ
気分を変えて早くマレブランケコンプリートして次行きましょ。そうしましょ。

cagnazzo

チアンポロの言葉を信じるなよ!コイツは逃げる為の口実だ!とガミガミ言う

その名前はカニャッツォ

その名には『犬のような顔をした者』や『口うるさい者』という意味がある。
訳によってはスナーラー、ハロウハウンドと呼ばれることもある。

FF4のボスのイメージが強い一人
カイナッツォ
スカルミリョーネ
バルバリシア
ルビカンテ
カルコブリーナ

FF4では水亀だったが原作では野良犬のイメージが強いカニャッツォ
瀝青(天然アスファルト)の池を監視していてガミガミ口うるさく言うのが役目。
チアンポロという罪人を鉤で吊るし上げたが、彼は自分を自由にしたらイタリア人を池から呼び出すと約束してきたが、カニャッツォはそれを聞かず池にもう一度逃げるつもりだとはねつけたという。

永劫の熱の責め苦の、瀝青池の地獄よりもマレブランケに捕まるほうが罪人達は恐れていた為にチアンポロという男は嘘の約束をしようとしたようです。
でもなんでイタリア人なのかは、わかりませんね…調べが足りないようで申し訳ないっス

イメージは池の中から見上げた時に野良犬のデカイ顔があるため、野良犬野朗と呼ばれているんだろうと思い、人と猛獣使いの合体した姿になりました。
でも本体は上の人な感じ。
悪魔の癖に地獄の池のルールきっちりしてそうなので、絶望先生のきっちりなイメージで女性型の悪魔になりそうでしたが、マレブランケは野朗どもなので神経質そうな蝙蝠羽マスク男にしました。
野朗ども……アリキーノが女性型だったのはアルラウネをモチーフにしてた為だったけど
あいつも一応野朗ですね!背徳悪魔の集団だからオカマがいても問題なし!
紅一点的なヤツはいないとまとまらないしね(笑)

ガミガミいう→かみなり親父→電撃属性という超飛躍でカニャッツォは電撃属性に決定!

リビアの国旗ってシンプルというかそれでいいわけ?

libiocco

罪人チアンポロを衝動的に引き裂く、それは神の意のままに

その名はリビコッコ

その名は『リビアの台風』を表し、『意地の悪いもの』『癇癪持ち』という意味を持つ。
リビオッコとも呼ばれる

名前の通りにリビアの的なものとして国章の鳥を頭に乗っけてあります。
他には特徴として彼らマレブランケの日本語訳版の名称を体現してみました。

日本語と英語訳一覧

Maleburanche(マーレブランケ):悪の爪(あくのつめ)一族:Evil Claws
(首領)Malacoda(マーラコーダ):悪の尾(あくのお)野郎:Evil Tail
Scarmiglione(スカルミグリオーネ):髪乱れ(かみみだれ)野郎:Tangle Head
Alichino(アリキーノ):翼曲り(よくまがり)野郎:Harlequin
Calcabrina(カルカブリーナ):霜踏み(しもふみ)野郎:Trample Frost
Cagnazzo(カニャッツォ):野良犬(のらいぬ)野郎:Evil Dog
Barbariccia(バルバリッキア):巻き顎鬚(まきあごひげ)野郎:Curly Beard
Libicocco(リビコッコ):放蕩三昧(ほうとうざんまい)野郎:Love Notch
Draghignazzo(ドゥラーギニャッツォ):木偶の坊(でくのぼう)野郎:Little Big Dragon
Ciriatto(チリアット):肥っ猪(ふとっちょ)野郎:Big Pig
Graffiacane(グラフィアカーネ):引っ掻き(ひっかき)野郎:Scratching Dog
Farfarello(ファルファレッロ):軽薄蝶(けいはくちょう)野郎:Butterfly
Rubicante(ルビカンテ):赤刷り顔(あかずりかお)野郎:Ruby Face



チリアットは太っちょとありますが、リビコッコが放蕩三昧野郎のほうがデブなイメージがしたのでこっちが太っちょでチリアットはマッスルイノシシという設定で書いてたのです。
ちなみに放蕩はお酒やら女やらにおぼれるとのことらしいです。

風をあやつり、自らを台風のように出来るという設定。鼻息は人を軽く吹き飛ばす。
癇癪持ちなのですぐ攻撃してくるぞ!風魔人リビコッコ!

彼らは言いにくい名前の想像上の存在ですが、こうやって解釈していくうちにかわいく思えてくるのです。確かにこのように神話や聖書というのはとっつきづらい存在かもしれません、しかし昔の人の考え方はあんまり変わらないものです。まじで!本気と書いてm(ry

私の好きな悪魔でソロモン72柱という魔神がいます。
はっきり意って能力やモチーフにする動物がダブってたり、それは適当に考えて数を埋めたんだろう?というのがプンプン匂ってきます。だって考えたのは人間なんですから飽きることも在るのです。
72柱以上居たり、後付で鳥頭から犬頭になったりと結構いい加減な所もすきなんです。

オカルトの中にある人の考え方、どんな動物が近くにいたのかとか昔に思いを馳せるのが好きなんでしょうね!きっと。

ハードルが高ければ、説明すればいいじゃない byマリーアントワネット

今宵はイラストはお休みにして、今更ながら解説しなければなりません。
はじめにするべきだったのに、説明し忘れた自分がいけない!
豆腐の角で頭を打って反省せねば!

個人的なブログとは言え、曲がりなりにも人様が見るサイトなのですから、初めてきた人に説明しないのは不親切極まりない!

まず今回は地獄の悪魔のマレブランケ(悪い爪)軍団の登場する『神曲』について
どんな話なのか説明をすると

13~14世紀にかけて活躍した、イタリアの詩人ダンテ・アリギエーリが想像した代表作品
地獄篇・煉獄篇・天国篇の3部からなる長編叙事詩でイタリア文学最大の古典とされるものである。

簡単に言えばダンテ作者が体験したっていうファンタジー小説のようなものです。ぶちゃけ
それはキリスト教の地獄のイメージを確定したもので、ギリシャ神話の存在や歴史上の人物が住んでいて、罰を受けているというのです。
その地獄は9層に分かれており、地球の中心へ、すり鉢状態に広がっていて、中心に堕天使ルシファーがいるといわれているというのです。
日本のように三途の川のようなアケロン川というのがあり、渡し舟にカロンという奴(日本だと六文銭が必要)がいて、渡ると下へ続く絶壁があり、そこから第1圏となるのです。

この第1圏にはキリスト教の洗礼を受けていないor知らない人が死んだら、ここにぶち込まれます。
辺獄という場所で罰はないけど希望も楽しみもない、無限の時を過ごす場です。
自分勝手なキリスト教全開です(笑)
キリスト教に入らないと皆地獄に行くわよ!です。
ここで詩人ウェルギリウスをダンテは仲間にします。
第2からリアル地獄です。その1と2の間に幻獣ミノタウロスのパパンことミノスが亡者を裁きます。
2邪淫地獄 3大食地獄 4貪欲地獄 5憤怒地獄と続きココまでが上層部です。
ここら辺でセーブポイントがありそうですね。
なんとそこにあるステュクス川を越えればディーテの町というのがあります。
ですが堅牢な門があり番人ゴルゴン3姉妹が守っています。(石化の対策は必須!)
そこを境に下層が始まり第6圏異端地獄、第7圏暴虐地獄と続き7圏は3エリアあり、煮える血の川プレゲトン・自殺者の森・熱砂の荒地がある。
川岸のケンタウロスに森のハルピュイア、荒地の炎の雨が待っている!
7圏と8圏の間に大断層があって、そこはとても降りられないがゲリュオンというドラゴンみたいなのに乗ってダンテたちは降りるのことが出来たという。

そこでようやく第8圏邪悪の壕で隊長マラコーダ率いるマレブランケ軍団が待ち受けるのです。
そして最下層の反逆地獄で地獄大王と呼ばれるルシファー(ダンテ版)が氷に半身埋まって拘束されているのです。
4つの川のカイーナ・アンテノーラ・トロメア・ジュデッカを越えると3つ頭のルシファーが居て、それぞれの口に罪人ユダブルータス・カシウスが永遠の噛み砕きを受けている。
この先は煉獄編となっており、ルシファーの衝突で反対側に突き出て、天へ向かう道が続いているのです。
そこでは『永遠の淑女』と呼ばれるベアトリーチェというダンテの恋した人が煉獄の頂上で待っているのです。
第二世界というべきか物語中盤へ移行します。

しかしそれは今回は語りません。長いので…これ書くのも長かった
…つーかもっとまとめろよ!
ダンテの物語ははまだまだ続く!プリンセスダンテ!蜜柑 
ご愛読ありがとうございました、ダンテ先生の次回作にご期待ください!

こう見ると作者の自身と実在した人物をキャラにして地獄から天国までの3部を書くなんて
少年漫画みたいですよね?そんなもんなのです。いつの時代も人は変わりません!

「安西先生……花見がしたいです。」  安西「まだあわてるような時間じゃない」

rubicante

隊長マラコーダが部下に命令を下す時、最後に呼ばれるしんがり。

その名はルビカンテ

その名には『赤い顔をした狂人』や『赤い顔で怒る者』という意味がある。
訳によってはレッド・ウィズ・レイジ、ラビキャントと呼ばれることも。

仲間から『阿呆のルビカンテ』と馬鹿にされて呼ばれている。
チアンポロをグラッフィアカーネが鉤で吊るし上げた時、仲間が「生皮を剥けよ」とけしかけられる哀れな悪魔。

マレブランケで検索してかかるドット絵のサイトの影響も軽く受けているのもあるが…
これはなんという⑫!
モチーフは顔を真っ赤にして怒る→お子様 アホと馬鹿にされる12番目という扱いでこれは!と思った。
東方のキャラクターでチルノという氷の妖精がいて、その子は説明でバカというキャラが固定されていて、馴染んだという話があり(チルノの説明はいいとして)
そのキャラにまんま合うじゃないか!赤い顔して怒る=炎のイメージとFF4のルビカンテの炎属性とすると、チルノが氷なら炎と対する!(別に対する必要はないけど描ける!)
チルノが女の子ならこの子は男の子でおk!
…ということで炎をあやつり、真っ赤な顔で怒るアホの子というキャラに決定。
マントから生足チラリなルビカンテのようにはいかないけど、それなりのキャラに!(地獄の鬼の設定は何処へ…)

⑫アホ!
能力:炎を操る程度の能力!
エターナルフォースファイアストーム!(効果:相手は死ぬ)

マレブランケに末っ子役が出来ましたね。
どんどん馬鹿にされてくださいルビカンテさん!

人が来なくても更新を止めない!めざせ八百万の悪魔や神や魔神

grafficane

主人公ダンテの前の罪人を鉤で吊るし上げた。

その名はグラッフィアカーネ

その名には『犬のような者』や『犬を引っ掻く者』という意味がある。
訳によってはドッグライク、グラバースニッチと呼ばれることも。

…えっそんだけっスか?
チアンポロという男に目をつけたというけど
作者のダンテが丁寧に描写してあり、モデルがいるらしいけど詳細不明という説明が手元の悪魔辞典にあるけど、それはグラフィアカーネの説明じゃないよね?

あとコイツ以外にカニャッツォという『野良犬』さんがいるのに犬のようなって…何?ネコ?
モチーフは犬のようで犬でないなど、矛盾的な感じで某吸血鬼漫画の影犬やイギリスのヘルハウンド、クトゥルフ神話に登場するティンダロスの猟犬的なものの集合体なイメージ
影より忍び寄る存在(地味な意味も含めて)


ぐらふぃあかね

ぐらふぃあかね

モ○グリではないよ
被り物で本体は謎に包まれている的なグラフィアカーネのヴァージョン2というべきか
何となく1.2分で描きたくなったので描いてしまった。
たぶん食いしん坊で仲間も食いかねない 頭からバリバリと…
猫かぶりどころか犬かぶりで男は狼どころかワンちゃんかもしれませんね(笑)

一応キャラ的にはボスクラスなランクだと妄想しております。
隊長のマラコーダ以外の今までのマレブランケは下っ端ですね。コイツから残りは幹部クラスというべきか?

えーまじー?エイプリルフールで楽しめるのは小学生までだよねーっ!

draghignazzo

悪魔と同一視され竜の名を持つもの

その名はドラギニャッツォ

その名には『大きな竜』『竜のような笑い方をする者』『残忍な竜』『堕落した竜』という意味がある。
訳によってはフェル・ドラゴン、ドラゴネルと呼ばれることも。

彼自信の活躍の場はなく、チアンポロさんを吊るし上げした時、チリアットとリビコッコとともに肉を裂こうとしただけである。
巨大なキバで罪人を裂く一方、ドラギニャッツォは亡者のスネに爪を立てただけだという。

消極的で堕落した竜という事で、命令されて仕方なく動くメカドラゴンというイメージ。
モチーフというか参考はアトラスから出ている魔剣に登場する(八卦マルガレーテの木馬)という戦艦トロイの木馬をイメージに…。
何処かでドラゴネルという竜は馬型というのがありそれも影響か?
鼻の部分はデジモンに登場するメタルシードラモンのビーム噴射口なんか付けてみたり
カッコイイよねウォーグレイモンの攻撃…そっちかよ!
でも鼻から入って尻尾まで貫通していく倒し方は爽快!これはホエーモンの分だ!って感じで

こんな姿の割りにスネを爪を立てるぐらいしかしません(笑)
でも煙の翼とかビームとかミサイル…はないと思うけどそれなりの武装は付いてるもん!スパロボも夢じゃないな!

値下げガソリンを入れてあげないとドラギさんは動かないなぁ?

もう4月ですか…嫌なものです

farfarello

暴力的で思慮の浅い典型的なマレブランケ。
ナヴァーラ国の男のチアンポロを小突こうとして指揮官のバルバリッチャに制止された。

その名はファルファレルロ

その名には『軽快なお化け』『中傷する者』という意味がある。
作中ではバルバリッチャから「悪い鳥」と呼ばれ、叱られていた。
訳によってはスキャンダルモンガー、ファーファレルと呼ばれることも。

うん…名前の響きだけでかっこいい所もあんまりない地味な子
イメージはあんまり言う事聞かない鳥男で空気の読めない口だけの飛行者な感じでかませ犬系
モチーフ的にはキ○シャーンとかガ○チャマンとかな感じに(そうには見えないけど)

12人もいるマレブランケだけど一人は卑怯なずるい奴がいるはず!
悪魔だけどさらにずるいヤツがいるはず!偵察能力役のヤツが!
上のイメージとはかけ離れているけどね…。

覚悟のススメの血髑朗的な外道っぷりと他人任せな策略とチマチマした技を使いそうだ
ただ読者からの支持は得られない感じ!…ひでぇ
来訪者数
333333番で神殺しか御粥
コメント残してもらえると友好度UP
プロフィール

そとの道

Author:そとの道
ブログの誕生日08/03/14
そとの誕生日10/19

詳細DATA
.
悪魔や神話関連が大好きで青春時代
に無駄に熱意をつぎ込んでしまった
悲しい男の日記ブログ!

Infinite factorというバンドを
応援しています!(解散無念!)

絵の練習&悪魔とか描きたい!
描いて捨てるのもモッタイナイ
知識を放出したい!
そんな理由でブログ始めました。
最近は腹立たしいのでニュース記事ばかり

真女神転生シリーズの異端のデビルチルドレンから入り、悪魔や神話にドップリ浸かり、創作神話やら民話も知識として吸収中

イラストは毎週更新するつもり。


副タグリストから『悪魔辞典』で過去描いた悪魔イラスト一覧にいけます。めんどいけど名前をコピペしてブログ内検索で見てね。

ちなみに画像は
本体:ステワ・ルトゥ
(吸血内臓スライム)
パンダは飾り。
齢20代、心は40後半
鬱攻撃に弱い、精神攻撃に弱い
眼鏡っ子
素人絵だけど、ここのイラスト無断拝借使用とか少し変えて転用とか恥ずべき行為はやめてねん。
お声あれば発想力はお貸しします。

リクエストは聞くけど私はうちの子描くマン

ツイッターはじめました

画像

バナー
バナー作ってもらいました!
pixivはじめました
最新の登録30件が表示されます
ブログ内検索
文字や解説が多いので便利かも?
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
カテゴリー
副タグリスト
オカルトで分類分けしてしました
バンド応援しています!
Infinite factor        (インフィニット ファクター)
無限の要素へようこそ
画像クリックでサイトに飛びます。リンク先には礼節を
ランキング
気に入ったらポチッと押してください

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

カレンダー
更新は気の向くままです
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ミニ天気予報
意外と最近便利と感じなくも無い

-天気予報コム- -FC2-
リンク
基本的はリンクは自由です!お友達が増えるとイイナ♪
このブログをリンクに追加する
メールフォーム
なんか言いたい事があれば適当にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

マイナーからメジャーの神話などの質問や要望大歓迎
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブックマーク