FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

親の顔より見たサポートマーリン!!我が元に!

DKLsvw8UQAEPb4V.jpg DKLsy8hV4AATA82.jpg DKLsxXSVoAAwyz5.jpg
10連石分で1回できた!!(人 類 悪 顕 現)

こんばん令呪を使って自分を幸せにする。
どうも顕現そとの道(マスター名)です。

ラーマ

└( 'ω')┘らーーーーーーーまああああああ!

YJIWkkf3.jpg SwXOgakY.jpg Qtmvmx7C.jpg
ウチのカルデアに★4ラーマ君を招待しました!
CZBTqkeF.jpg LZO5aNpi.jpg 8EFEmezS_201709241919350b6.jpg
CV沢城みゆきの少年の姿でインドの『ラーマーヤナ』の主人公の王様。既婚者。
ヒロインの『シータ』とほぼ雌雄同体のような呪いで聖杯戦争中同時召還できないとか。
アメリカステージではまじ悲しい主人公的活躍で好きになったぜ。
だがどうしてそんなベビードールみたいな衣装なんだ!でもちゅき。いっぱいちゅき。
クリティカルでエグいダメージを出す赤魔王!これからもヨロシクな!

そんな素敵な彼だが。
mfwFHYsN.jpg SnapCrab_NoName_2017-9-22_22-30-41_No-00.png

ここがダメ! 

スキル強化に凶骨60本×3(頼光に44本×3と小太郎30本×3でもやべぇのに)

これのどこが何がやばいのか?と思われるでしょうFGO初心者のかた。
この骨、雑魚敵スケルトンというまぁ序盤の敵ですが
大体1回に1本は落ちるとおおもいでしょう。
最下級進化素材ですがこれ低確率のため、落ちない時はほんと落ちない
落ちても1本そこら。大概必要数は2~3桁。
なぜか通常素材なのに救済が2年も無くエンドコンテンツレベルになっている。

やばい。はげる。育成地獄。

DKLgU-PUEAAY7nU.jpg
これよね。初心者も容赦なく地獄へようこそ(その先は地獄だぞ)

強化素材だけでなく進化にも必要なのに。
てか対人戦もないし数値自慢にしてもあってないようなもんなのに超絞る素材代表。
素材ランクは最低のはずなのに。(フォウ君★4の絞り方も運営として頭おかしいレベルなんだけどさ)
(いやあのもっさり感のプログラムの組み方おかしいと思わないのって言い出すとキリが無いんだけどね)

もうちょい何とかなんねぇのかなと思いながらストーリー見るためと
キャライラストレーター声優とかFateだから続けてるけど
ソシャゲ運営のなかで一番色々考えてるみたいなアレみてホント……ナーってなる。
まぁいいや。色々あるんでしょ。
smile_20170924205725a42.jpg
マーリンでアホみたいな儲け方したんだから運営のUTSUWA見せてもらおうよ!

激しい気質なそとのくん。これでも丸くなったほうですが。
もう少し大人になろう。そうしよう。

さぁてイラスト行って見るざます!


モーロック
我は涙の国の君主にして 母親の涙と子供達の血に塗れた魔王モレク 今は悪魔王なるぞ

その名はモーロック

モレク(Molech)は古代の中東で崇拝された神の名。男性神。
元来はモロク(Moloch)という。ヘブライ語では מלך (mlk)。元来は「王」の意。
また、「涙の国の君主」、「母親の涙と子供達の血に塗れた魔王」とも呼ばれており、
人身供犠が行われたことで知られる。

古代のヨルダン東部に住んでいたアモン人達からは、豊作や利益を守る神として崇拝されており、
彼らはブロンズで「玉座に座ったモレクの像」を造り出し、それを生贄の祭壇として使っており、
像の内部には7つの生贄を入れる為の棚も設けられていた。
そしてその棚には、供物として捧げられる小麦粉、雉鳩、牝羊、牝山羊、子牛、牡牛、
そして人間の新生児が入れられ、生きたままの状態で焼き殺しており、
新生児はいずれも、王権を継ぐ者の第一子であったとされる。
また、生贄の儀式には、シンバルやトランペット、太鼓による凄まじい音が鳴り響き、
これは子供の泣き声をかき消す為のものとされている。

中世以降、注釈者たちは、モレクをフェニキアの主神であるバアル・ハモンと同一視するようになった。
これには古典古代の作家たちが伝えるバアル・ハモンの崇拝が人身供犠を特徴としていたことが大きい。
プルタルコスらは、カルタゴではバアル・ハモンのために、
人が焼きつくす捧げ物として犠牲にされたことを伝え、
この神をクロノスあるいはサートゥルヌスと同一視した。

■同一視としての魔神モラクス
モラクス(Morax)は、悪魔学における悪魔の一人。
マラクス(Marax)あるいはフォライー(Foraii)、フォルファクス(Forfax)とも呼ばれる。

『ゴエティア』では72人の悪魔の21番目として記述されている。
大いなる伯爵にして総裁であり、36の軍団を率いている。
『大奥義書』によれば、サルガタナスの支配下にあるという。

召喚した者の前に男の顔を持つ大きな雄牛のような姿で現れるという。
また、天文学やその他の教養学に精通させ、使い魔を与え、
薬草や宝石が持つ力についての知識を与える能力がある。

フレッド・ゲティングズは著書『悪魔の事典』のモレクの項目において、
モレクは牛頭を持つ人型の像の中に現れる神であるとし、モラクスと関連付けている。



イラストの解説は追記へ(創作物語を多く長く含みます)

創作物語4部
ブラックシルバージレンマ
【過去:各話セレクト】
▼第0夜『黒銀色ジレンマ(ブラックシルバージレンマ)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-883.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-884.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-885.html
▼第1夜『月下のサーカス』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-886.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-887.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-889.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-890.html
▼第2夜『ファントムワークス(亡霊製作所)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-898.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-905.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-907.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-909.html
▼第3夜『顔のない月夜』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-914.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-919.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-922.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-924.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-926.html
▼第4夜『死神が嗤う刻』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-927.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-929.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-930.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-931.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-934.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-935.html
▼第5夜『魂の鼓動、仮面に秘めて』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-941.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-942.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-943.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-944.html
▼第6夜『自分の役を始めよう』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-947.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-949.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-950.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-952.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-956.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-959.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-961.html
▼第7夜『愛が死を分かつまで』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-965.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-968.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-971.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-974.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-976.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-977.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-980.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-983.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-986.html
▼第8夜『えんりえど・ごんぐじょーど』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-990.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-991.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-994.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-996.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-997.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-998.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1002.html
ーーー

第9夜『エレフセリア・イ・サナトス(自由か、さもなければ死を)』の前回更新の続きから
http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1002.html
ーーー
【異界化デパート:メーノーグ369階】

 狂ったように暴れる天使とそれを見守る堕天使

ザラキエル フォルネウス
ザラキエル
「あががg……我が神、我が神、どうして私をお見捨てになったの……が……」

フォルネウス
「むぅ。思った以上に耐久値が低かったか。まぁよい。
我ら悪魔が作り出したこの異界。ごゆるりと朽ち果ててもらおぅ。
囚われたあの黒い天使のようにな。まだ歓迎の茶すら出していないのだからな。」

4部荒忌 4部 黒金銀次郎 4部すめらぎちゅうた ジェナ 
一同
「くっ……。」

フォルネウス
「ここは理想世界メーノーグ。
その天使を倒したところで変わりのデストルドーをこねて貴方達を永久にもてなしますょ。
私はこの世界を泳ぐだけ。私は貴方たちを滅する攻撃の効能はないですからね。
愛は世界をすくう。貴方たちは愛に満ち溢れているだけで良いのです。
さぁつぎの悪魔おい出ませ!!」

黒金
「こんなことしてる場合じゃないのに!」

荒忌
「次の奴が空から降ってくるぞ!」

ジェナ
「戦闘体勢!みんなかまえて!」


「くぅううう!キリが無いっすよ!」

???
「―-この戦い。調停とする。」

フォルネウス
「さぁああ!次はどう愛してくれ ま すk…… あ が ぐぅえ?」

 落ちてきた蛇の悪魔の剣がフォルネウスを両断していた

ボティス
ボティス
「私は調停者。ボティス。ソロモン王に封じられし魔神。大総裁にして醜伯爵。
しかし悪魔なれど悪ならず、
フォルネウスような性根まで腐った悪魔の行いは魔界の腐敗である。」

ジェナ
「あれ?もしかして良い悪魔だった?
助かったって事で良いんだよね?」


「『悪』魔なのに『良い』ってどういうことっすかね~」

ボティス
「――どうした。キサマラにはやる事があるのだろう?。
この建物は魔神の集合がかけられている。
ただその思惑に私は乗らない。それだけだ。中立の制裁をするものだ。」

黒金
「悪魔たちにも派閥が。あのアリス世界の奴と善性のセーレがいた様にか。」

ボティス
「セーレはルシファー様とその忠実な悪魔の配下。あやつに会ったか。
私はアガリアレプト様の配下である。同じくルシファー様の意志を尊重するもの。
先ほどのフォルネウスは他の派閥として暗躍していた。反逆の徒。」

荒忌
「それで叩き斬ったってわけか。同じ悪魔なのにな。
そのルシファーってのが裏でここを仕組んでいるって寸法かよ。」

ボティス
「何を勘違いしている。『ルシファー』様は今回一切関与して居ない。
なぜならお前たち人間と戦い賭けに勝ち、深い眠りに落ちたのだ。
その騒動を沈めるためアガリアレプト様が身代わりとなった。契約なのだ。
これは総てルシファー様の意志でありそれを尊重し準じた。
その隙を突いた第二の悪魔王候補が騒動を起こしている。それを調停するためここにきたのだ。」


「ルシファーと言えば天界を追放され堕天使になったダイマオーっていうやつっすよね。
人間を唆し世界に混乱を与えたり、天界に帰るため人を悪魔に変えたりして軍団を集めてる的な!
3年前だか海上楽園都市の事件で現れたとか!会って見たかったっす!」

ジェナ
「ずいぶん嬉しそうに語るわね。あんな事件もうこりごりよ。」


「世界を巻き込んだ事件を少年が解決とか!ニュース大盛り上がりだったすよ!」

黒金
「……。(人を唆す悪魔王。そう言えば俺に可能性のなんたらって変な男が語りかけていたが。関係ないのか?)」

ボティス
「さぁ。お前たちはこの先をゆけ。
来たエレベーターはフォルネウスの呪いを受けて閉鎖空間に誘導させられてたはずだ。
もう一度起動させ上に回へゆけ。正しくは69階だ。
そこにアマイモン様がいるはずだ。
階段で70階に上がればこのビルの最上階になるだろう。
私はそいつに解いた出せねばならない。『アメズヤラク』であるのかどうかをな。」

荒忌
「あめずやらく?そいつが黒幕なのか?このデパートの上。
つまり『箱舟旧約』がいるってことだよな。ぶちのめしてやる。」

黒金
「ああ。そこに不由美もいるだろう。助けないとな……。」


「……。そうっすね。」

ジェナ
「……。」

ボティス
「青年よ。お前にこれを渡しておく。いつか使うときがくるだろう。
もしその時を逃した時は、信頼する者にあずけよ。必ずや役立つ」

黒金
「これは……。よくわからないがもらっておく。」

拾壹の月夜のリビドー(なんだか絶望の詰ったオルゴンボックス。)
をてにいれた。

ーーー
【異界化デパート:メーノーグ69階】

 エレベーターの扉は正しい階で開き静まり返ったいつものデパートの上層部だった

4部荒忌
荒忌
「火事どころか燃えた形跡すらねーな。ちょっと不気味過ぎだぜ。」

4部 黒金銀次郎  
黒金
「警戒しろよ入り口で見た悪魔はまだ2体残ってるはずだ。」

 物影から顔を出す青年 手招きしながら小声で話しかけてくる

4部さかわ
古刀
「……おーいお前等。そこで突っ立ってんな!てか今まで何処をホッツキあるいてた!
んなことはどうでもいい。急にこのデパートのアジトおかしくなってデストルドーの巣だぞ!
とりあえずゆっくり社長室にこい。」

ーーー
【デパート:メイザース社長室】

 社長室の明かりを付けると武器や食品防災グッズなどが集まっていた
 今まで会ったことや連絡がつかなかったこと仲間のことを逆輪にはなした

4部さかわ
古刀
「ったく。連絡付かないからみんなくたばっちまったと思って、
デパートの備品やらなんやらもてるだけ持って篭城決め込むため食料とか集めたのに
お前等無事じゃねーか!」

4部すめらぎちゅうた

「おっ!ワインなんかもあるっすね!ほっと一息つけれそうっすね!
貰ってもいいっすか!」

ジェナ
ジェナ
「そうね。炎も起きてないしお友達も無事だったみたいね。
ちょっと一休み出来そう。疲れたから私お水私貰うね!」

古刀
「勝手に各自漁るなって!」

荒忌
「まて。魔王は何処行った。お前とコンビだったはずなのにこの部屋気配すらない。
それに……この部屋結界張ってるな。
腐っても『忌家』の呪術のエキスパート。俺の眼を甘くみるな。
フリークスキラーの『スクリュー』のアイツは術を作れない。『術破壊』がアイツの能力だ。
……お前誰だよ。そっくりさんにしちゃぁよくできてんな。」

ジェナ
「あれ……くらくらする。」

 水を含んでしまっていたジェナが倒れる
 荒忌たちもつられて逆輪古刀(?)からつい視線をそらしてしまう
 よけきれなかった敵の攻撃を 無数の小さな小さなロバの群れを

サミジーナ
古刀(サミジーナ)
「ふふふ。油断しましたね。
このビルに悪魔はいくついると思う?外にも悪魔はお前たちをまっていた。
多いなる神のヨリシロにするニエのお前たちを。
あの時セーレの邪魔が無ければ即時勝利であったというのに。」

荒忌
「はなせ!なんだこの気持ち悪い馬は!ことうは何処行った!」

 床に置かれた食料品などが沈み中から悪魔が覗きこむ

アビゴール
アビゴール
「ええ。『古刀』なる人物はこのビルを占拠する前段階から。
邪魔だったので始末しました。他愛なく。
能力無効など特異体質な人間同士でしかない。特効効果。意味などナイに等しい。
ただ殺すだけではこの世界では無意味。魂を扱う『サミジーナ』に相応しい戦略でした。
彼のイマージュを似せて、ここの支配など抵抗していた旧勢力の魔王様を捕らえる事など
赤子をねじ切るほどに簡単な戦略いらずでした。はい。」

荒忌
「てめぇ!!!さらっと言いやがったな!!」

黒金
「炎もフェイク。人質もフェイク。デストルドーには真似できないよな。
これが悪魔。目的はなんだ!」

サミジーナ
「目的は……自ずとわかります。
この罠部屋の隣の部屋で『フラロース』様がお待ちです。魔王『アマイモン』も。
君たち抵抗した人間共もともにくべましょう。」

アビゴール
「外からの干渉も防ぎきり、魂を捧げ我らの大勝利。
『アメズヤラク』様の再臨のとき。我らの汚名を拭い神を殺し
真の千年帝国を知らしめるのです。人間の時代の終焉を祝うのです。」

ーーー
【異界化デパート:メーノーグ魂の祭壇】

 隣の個室は異空間となっており黒い石造りの祭壇で
 床には魔法陣が床に描かれていて中央には悪魔が両の手を掲げ
 炎がメラメラと燃える台には鎖で縛られボロボロの魔王がいた

アマイモン
アマイモン
「来ちゃダメって……ずっと伝えていたのに……届いていなかったのね。
しくったわ。ごめんねみんな。」

フラロース
フラロース
「まさか、ここまでうまくいくとは。
所詮何も考えていない人間と堕落しきって堕天使の生活を甘んじた旧悪魔の没落貴族となったもの。
敵として焦るほどではなかったのだ。」

黒金
「虎男またあったな。姑息な罠に掛かっちまったわけだ。
手遅れだったわけだな。くそ野郎」

フラロース
「何とでもおっしゃいなさい。それに虎ではアリません。豹です。
ケダモノと一緒にしないでください。
君たちは世界の終わりに立ち会えるゲストそのためのショーです。
まさか最上階でなくこんなところが重要とは思っても見なかったでしょう。
抵抗勢力である君たちは熟した木の実!
外から来た女の魂はアカシャリード能力。呪われた血筋の少年の魂は破壊と空間の支配。
君は悪魔を使役する能力。そこの……青年はまぁよくわかりません。いいでしょう。」


「俺とくになしっ!?ひでぇす!確かに変身ベルトに頼りっきりだけど!!」

フラロース
「手始めに今からこの女の血・肉・魂を使い、アカシックレコードを読む能力を私が得る!
次にこの世界を擬似アカシャに変換し、擬似全知全能の神機能を生み出し
我ら悪魔それぞれが万能の唯一の神に匹敵する能力を得るのです。
そう父なる神のコピーを無数に。
ありとあらゆる神を凌駕するこの計画で法と秩序の神々を制圧します。最高の計画でしょう?」

黒金
「まったくわからねぇ。いままで利用して来た人間は、
そのアカシなんとかの材料って訳か。」

フラロース
「ここは人の夢の奥に存在する普遍的無意識。
人の思想や知恵や見てきた過去のデータや未来を覗いたオカルティスト総ての情報量を集約する世界。
ここに介入できる人間はそうそういない。
だけど悪魔の力で無理矢理人間の魂レベルで情報をすべてここに搾り出させた。
そう昏睡事件は人を眠りの奥底に落としいれ美味しい人間の知識ジュースをつくった。
ここは空想空間に無理矢理作った受け皿。でもそれは大きく変わる。もっと効率の良い魂の炉心。
今からこの世界を寄り良い情報収集機関に生まれ変わるのです。
魔王アマイモンを媒体にして!!!このムーの姫の神の領域を読む能力と混在して!!
我が魔法陣よ!更なる強力な死の力を増幅させる姿に!!」

 フラロースの足元の魔法陣が輝きだす
 皆が諦めかけた瞬間 風を裂く一撃がサミジーナを討つ

サミジーナ
「がぐぁああ」

ヴィルデフラウ
ヴィルデフラウ
「そんなことさせるもんですか!子供が泣くでしょう!」

4部ロビン 
ロビン
「悪魔や死神やとか神やとか好き勝手して何様やねんきみら。
次期妖精王『ロビン・グッドフェロー』忘れてるとは片原痛いわ!
くろき兄さんも水臭いやないか!立ち寄ってくれればええのに!ほら荒忌いったれー!!」

荒忌
「ああ。空間を悪魔ごとぶった切る!!」

 一閃

アビゴール・サミジーナ
「ぐぎゃああああああああああああ!」

フラロース
「不味い!拙い!まずい!マズイぃい!!冥府の悪魔の魂よ!我の灼熱に燈りたまえ!!」

 倒された悪魔の魂を吸いフラロースが赤く光る
 背後からアマイモンがガッチリとしがみついて拘束する

フラロース アマイモン
アマイモン
「あら強化魔法陣で乗り切ろうなんて鎖を解かれ自由となったあたいの最期の魔力で
貴方の願いかなえてあげるわ!あくまで悪魔の熱望の能力でね!歪んだ熱望だけどね!!
素敵な殿方にしてあげるわ猫男ちゅあん!」

フラロース
「やめろ!!はなせ!貴様が悪魔の素材になるべきだったのだ!
俺が!おれがアメズヤラク様の側近として永久の補佐官に!!」

アマイモン
「ごめんね。みんな。逆輪ちゃんをあたい守れなかったどころか、罠の餌にされちゃっていたんて。
魔王失格よ。この物語の最期をみれなかったのは悲しいけれど。
コイツを無理矢理変質させて無敵の悪魔から弱点を作り出して倒しやすく……するから。
残りの魔力……たりれれば……いいんだけどね。ごめんね。」

 衝撃波が熱風にのって当たりを駆け巡る
 フラロースだったものは苦しみもだえ別の悪魔に変異した

モーロック
モーロック
「ぎざまあああああなぜだぁあああああああああああずううううっどおおおおおん!」

黒金
「荒忌!!!コイツをぶったおす!!!いくぞ!!」

VSモーロック つづく


長かった物語パートはここまで。
ここからはイラスト解説のターン
ソロモン72柱の魔王

①もーろっく
モーロック
中東のイケニエの元神様。
豊作のために生きた生贄をぶち込んで焼く子供キルマッスィーン。

ファラリス
発想的には拷問器具「ファラリスの雄牛」ッぽいですね。これはギリシャだけど。
中にいれた人間の悲鳴をトランペット楽器でごまかすと言う点とかも含めると
なんかの普遍的無意識で牛+火+生きたまま焼くというのが捧げモノと言う認識なのか
元々の残酷な生贄文化の伝承が各地に広まったのかもですね。
多分モロク王の豊穣の象徴が雄牛で人身供犠儀式をなぞらえたのがファラリスと言うべきか
そんな感じなのでしょう。

ちなみにこのモレク(モロク)は中世ではフェニキアの神のバアル・ハモンと同一視され
カルタゴの守護神である女神
タニト
死と再生を司る母神タニトと夫婦だったとか。
トフェ(タニト神の聖域)には赤子の炭の骨が見つかると言うね。
ローマ的にカルタゴは敵。
ハンニバル・バルカ(ドリフ的でいえば木苺お爺ちゃん)がローマの最大の敵でしたね。

生贄風習を伝えたのはローマで、あいつらやべぇ奴だから人間じゃない!だから悪!みたいな
信長は魔王みたいな悪を倒す正当性に使われたのでしょうね。
まぁどこまで本当かはわからないけど、
ローマ侵略で古代ガリアの「ウィッカーマン」も終焉を迎えたところをみると
ローマの敵にはそう言う事をする蛮族異教徒って感じだったのか
本当に神聖な行為だったかは歴史の本当の時代を見て見ないとそとのにはわかりませぬ。
まぁ宗教感の違いでしょうね。そんな事する神はウチにはいないよ!
それ悪魔だよ!邪神だよ!みたいな。

1329953606.jpg
モレク(王)ともされるこの神はそのイケニエの様からキリスト教では悪魔化した。

g3076463.jpg
デビサマではケモシの姿の魔王モロクで出て来ているけど
同一視って言われるけどあのデザインで「ケモシ」ってあんまり関係ない気がする。
ケモシとはモアブ人の神で、モレクと同一されるらしいがケモシって太陽神シャマシュじゃないかな
姉妹のイシュタルは悪魔化してアスタロトになっているので、
キリスト教の崇拝の邪魔になる王族まとめて悪魔化されて魔王ケモシになったというか
t02200165_0640048012692908678.jpg
だからストレンジジャーニーでは『魔王モロク』になってるよね。

そんなこんなで零落した神は悪魔に。
21marax.jpg 
ソロモン王に出会って21番目のお話の悪魔。
序列って強さじゃなく封印した順番だったから第○話って感じよね。

    第21話 
   モーロック 
マカイで一番ヤバイ奴!?

みたいな。(なにそのデビチル風)
FW-017.jpg
ええ。白の書の魔王モーロックずっと出したかったので、その名を踏襲してで出しました!
daca018e.jpg
当時初めてこの名前知ったのMOZ(ミラクルオブザゾーン)でモーロックに出会ったけど
「悪魔」としての総称みたいな扱いの闇モンスターでしたな。

ソロモン悪魔としてならマラクスあるいはフォライー、フォルファクス。
ストレンジジャーニー的で言えば
devil32-2.jpg
魔王モラクスですよね。
賢そうなアメリカンバッファローの。(金子悪魔新規はまだかいのう。)

g3076685.jpg
今回の悪魔のデザインは「サートゥルヌス」伝承もあるように金子版邪神サトゥルヌスオマージュ。
心臓部が炎と言うよりは原子炉のようなコアになっているところを見せつける赤い巨人。
眼は炎を噴き、頭は牛の死骸の頭蓋骨をかぶっている悪魔らしさ
犠牲者をフックに刺して沈めアイルビーバック!させるのでしょうかね。

ーーー
LV80 魔王モーロック【DARK-CHAOS】
火炎反射 氷結弱点 電撃耐性 呪殺無効

・メギドラオン(敵全体に防御を無視した超ダメージ万能魔法)
・地獄の業火(敵全体に超ダメージ火炎魔法)
・戦慄の赤(敵全体に火炎の耐性を弱点に塗り変える魔法)
・異教の祭壇(物理攻撃を受けた時、ランダムな状態異常にさせる反撃するスキル)
【サポートスキル】・降魔焼却(相手の召喚している悪魔を高確率で1体火炎属性で一撃で葬る)

アイテムドロップ
王のメロス(召喚している悪魔の力守運速のパラメーターを一時的に上昇させる)
魔王のイマージュ(モーロックの核となるイメージ。オルゴン召還解禁になる。)

◆物理攻撃をすると状態異常付与されてしまうので魔法で弱点を突こう


今週の更新はここまで!

気がつけばもう9月が終わろうとしている。
はやい。もうやだ。

それではお休みなさいませ。


今週は何処にも行かなかった(´・ω・`)天気中途半端に悪い
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

来訪者数
333333番で神殺しか御粥
ツイッターにも来てみてね
プロフィール

そとの道

Author:そとの道
ブログの誕生日08/03/14
そとの誕生日10/19

詳細DATA
.
悪魔や神話関連が大好きで青春時代
に無駄に熱意をつぎ込んでしまった
悲しい男の日記ブログ!

Infinite factorというバンドを
応援しています!(解散無念!)

絵の練習&悪魔とか描きたい!
描いて捨てるのもモッタイナイ
知識を放出したい!
そんな理由でブログ始めました。
最近は腹立たしいのでニュース記事ばかり

真女神転生シリーズの異端のデビルチルドレンから入り、悪魔や神話にドップリ浸かり、創作神話やら民話も知識として吸収中

イラストは毎週更新するつもり。


副タグリストから『悪魔辞典』で過去描いた悪魔イラスト一覧にいけます。めんどいけど名前をコピペしてブログ内検索で見てね。

ちなみに画像は
本体:ステワ・ルトゥ
(吸血内臓スライム)
パンダは飾り。
齢20代、心は40後半
鬱攻撃に弱い、精神攻撃に弱い
眼鏡っ子
素人絵だけど、ここのイラスト無断拝借使用とか少し変えて転用とか恥ずべき行為はやめてねん。
お声あれば発想力はお貸しします。

リクエストは聞くけど私はうちの子描くマン

ツイッターはじめました

画像

バナー
バナー作ってもらいました!
pixivはじめました
最新の登録30件が表示されます
ブログ内検索
文字や解説が多いので便利かも?
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
カテゴリー
副タグリスト
オカルトで分類分けしてしました
バンド応援しています!
Infinite factor        (インフィニット ファクター)
無限の要素へようこそ
画像クリックでサイトに飛びます。リンク先には礼節を
ランキング
気に入ったらポチッと押してください

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

カレンダー
更新は気の向くままです
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ミニ天気予報
意外と最近便利と感じなくも無い

-天気予報コム- -FC2-
リンク
基本的はリンクは自由です!お友達が増えるとイイナ♪
このブログをリンクに追加する
メールフォーム
なんか言いたい事があれば適当にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

マイナーからメジャーの神話などの質問や要望大歓迎
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブックマーク