FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

地獄じゃ……奴は(同人界の)地獄を揺らしておる……!

DW2gJ7AUQAAUrl9.jpg
湾岸の逆ピラミッド にきたよ!

どうも、└( 'ω')┘そとの道です。

気軽にそとのんでも、そとさんでも、外道パンダでも御呼びください!(急な初心アピ)

トレンドにも上がっていた炎上東京ビッグサイト当日べつジャンルできてました。

DW4FiLbVQAA_gcP.jpg
アナザーコントロールことアナコンで戦利品!
メガテン同人イベントですだ( ˘ω˘)<英気を養うー。
書く本の感想は恥ずかしくてなかなか直接言わないのですが
欲しいから買った!いい物はいいと思ってまたキタのだ!それで十分ではないか?(???)

まぁそれとは別に炎上警察沙汰のばかばかしくも世の糞問題は
あまり深く騒がないのが得策ね。
精神的にもこっちも落ち込むからね。

そんなときは都会の喧騒からはなれて温泉に
DW2nDodU0AAWhp8.jpg
大江戸温泉の足湯に!!!

DW2uOz9VAAAeJ17.jpg DW2uLoCV4AAUauE.jpg
豚蒲焼重とふぐ刺し!!

DW203CCU0AAuHXT.jpg DW3VtsGVoAA7KYA.jpg
お祭り世界と大道芸人とアイス!

大江戸温泉物語についでによってきました。
精神の回復、体の癒しを求めたはずなんですが
お隣の国のバスツアーが来たのかマナーが壮絶にやばく
早めに帰ってきてイラストかいてました。

5月のコミティアにはぜひとも参加したいので。
なんとかして頑張ろう。
平日クッソ忙しいけどもなんとか時間作って休日フルに回復に使わないと精神病むみたいな
駄目なサイクルを打破したいね。

そんな鬱憤晴らしをするために今週のイラスト回は
創作物語を少し進めます!お楽しみにね!
それではいってみましょう!


ネフィリム
オギャバブゥウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!

その名はネフィリム

ネフィリム(Nephilim)は、
旧約聖書の『創世記』および『民数記』、旧約聖書外典(続編)の『ヨベル書』、
『エノク書』などにあらわれる種族の名で、一般的には「巨人」とされる。
名前の意味は「(天から)落ちてきた者達」であるという。「ネピリム」とも表記される。

『創世記』第6章1~4節によれば、地上に人が増え始め、娘たちが生まれると、
神の子らは人の娘たちが美しいのを見て、おのおの選んだ者を妻にした。
こうして神の子らと人間の娘たちの間に生まれたのがネフィリムであった。
彼らは大昔の名高い英雄たちであったという。

『民数記』第13章32~33節ではカナンを偵察したイスラエルの一隊が、
「そこにすむ民は巨人であり、ネフィリムである。
彼らアナク人はネフィリムの出だ」とモーセに語る場面がある。

『ヨベル書』7:21~23によれば、巨人たちが人の娘をめとり、
そこからネフィリムが生まれたとされる。
ネフィリムは「みな仲たがいをして共食いをし、お互いを殺しあった」という。
この箇所ではネフィリム以外にエルバハ、ネピル、エルヨという三種の名称があげられているが、
それらも巨人をあらわしていると考えられる。

『第一エノク書』7章では地上に降りて人間の娘と交わった天使たち(グリゴリ)によって、
巨人が生まれたという。
巨人の体長は3000キュビット(1350m、ギリシア語の『エノク書』では3000ペーキュス)もあり、
人間たちの食物を食べつくすと共食いを行ったという(7:5)。



イラストの解説は追記へ(創作物語を多く含みます)

創作物語4部
ブラックシルバージレンマ
【過去:各話セレクト】
▼第0夜『黒銀色ジレンマ(ブラックシルバージレンマ)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-883.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-884.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-885.html
▼第1夜『月下のサーカス』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-886.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-887.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-889.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-890.html
▼第2夜『ファントムワークス(亡霊製作所)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-898.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-905.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-907.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-909.html
▼第3夜『顔のない月夜』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-914.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-919.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-922.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-924.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-926.html
▼第4夜『死神が嗤う刻』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-927.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-929.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-930.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-931.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-934.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-935.html
▼第5夜『魂の鼓動、仮面に秘めて』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-941.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-942.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-943.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-944.html
▼第6夜『自分の役を始めよう』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-947.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-949.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-950.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-952.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-956.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-959.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-961.html
▼第7夜『愛が死を分かつまで』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-965.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-968.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-971.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-974.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-976.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-977.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-980.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-983.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-986.html
▼第8夜『えんりえど・ごんぐじょーど』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-990.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-991.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-994.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-996.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-997.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-998.html
▼第9夜『エレフセリア・イ・サナトス(自由か、さもなければ死を)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1002.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1005.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1008.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1013.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1019.html
▼第10夜『心はどこにあるのか』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1024.html
ーーー
第10夜『心はどこにあるのか』の前回続きから

ーーー
【破綻の世界ガナーグ・メーノーグ:旧アジト前】

 異形の天使と笑顔のフリークスの挟み撃ちを退ける荒忌たち
 この世界から敵は消えてゆく 笑顔の男が問いかける

4部えみさこみかじめ 
エミサコ
「また……チビスケに負けんのかよ……。やっぱつよいわwww草www
……そうやってまた『自称正義』で俺ら『人』を殺め業を背負うお前ってさ
何が楽しくて行きてんの……?俺ら犯罪者とどう違うわけ?答えてよ。
その自信なさげな目……あの頃は違ったぞへへへ」

4部荒忌青年 セーレ
荒忌
「……。」
セーレ
「……聞く耳もたないで行こう。」

エミサコ
「お前の事やたら好いてた念友ノッポのアイツのため?ウェヒヒ
それとも黒髪の殺人鬼に殺された妹の復讐?プヒュヒュ
お前の異形な結界能力の誇示?傲慢な人間社会の救済?お掃除?気分すっきり?満足?
お前のやってる犯罪者狩りのことってさ社会の資産を殺してるんだぜ?へへへ
『忌家』は国の犬として邪魔なものを葬る一番のエゴで邪悪って気がついて
野良の犯罪狩りとして俺ら影の世界の業者とゴミどもを気分晴らしで消してきたんだろ?

その結果どうだ、この冥界のような世界にたーんまりと人間の魂が送り込まれて
デストルドーどもがウジャウジャ!誰のせいなんだろうな。ヒャハハ
善良な人間を守ってきたどころか、コレからコイツラが解き放たれ大虐殺がはじめるんだぜ。
最高にハッピーエンドだろ!!!なぁ聞いてるかアライミクンよぉお!!」

荒忌
「だからこそ。俺がケジメ付けに来たんだろうが。失せろ」

 ナイフがエミサコに刺さり影のようになって四散した
ーーー
【旧アジトビル:屋上】
  
 歪んだ夜空を虚ろに見る荒忌 
 張り詰めた空気に耐えられなくなった善性の悪魔が話かける

セーレ
セーレ
「あの……さ。僕はねっからの悪魔だから君の居た世界とかよくわかんないし、
なんて言ったらいいかもだけど。人間社会ってそんなもんじゃない?
良かれと思った事がじつはーそんなにいいことじゃなくて!
正義の敵は悪じゃなくてー自分じゃない正義だったりでさ!
んー。元気出して☆」

4部荒忌青年
荒忌
「昔の俺だったら気にしてなかったかもな。色々裏目に出すぎてさ。
みんな失ってさ。俺の半分だった過去の俺がこの深層世界で『家族ごっこ』したがってた。
今俺の心の中で一つになって3年の間の出来事が急速に一つになって。
頭ン中ぐるぐるしちゃってさ。何したらいいのかわかんなくなっちまってさ。」

セーレ
「青春だね。重い詰めすぎだね!まーねーそんなときはシュシュッとね。
若いんだからヌいとけばいいんじゃない?悪魔的な回答。ちょっと下品?
いっつジョークだよ。こわいかおすんなよー。
そうだねぇ。困った時は自分一人では解決できないから僕はールシファーさまにきいちゃうぜ!
悪魔的だろう?恐れ多いけど僕ならできる!大君主だもの!」

荒忌
「他に相談できるのが頭のねじ抜けた半裸悪魔じゃなかったらいいんだけどな。
俺一人あの場から助かったんだろうから……頚城にも銀にも相談できない。」

セーレ
「ふーん。みんな生き残らなかった?君があのデパートの屋上でやったことは
この世界の一部の時間軸をハチャメチャにまき戻した偉業を達成した
その影響がソロソロわかってくるとおもうなー。」

荒忌
「なにかしってるふう……」

 荒忌が怪訝そうに振り向くとセーレの横に立つ少年がきょとんとしていた

4部いをら
イヲラ(?)
「あれ?……屋上に荒忌いんのかと思ってきたら……?
お前そんな服装だった?てかほんとに荒忌なのか?」

荒忌
「い……イヲラ!?おまえ……しん……。死んだよなあいつは。
いや今の俺にはデストルドーの進化体である通称:死神に近い性能を持ってるようだ
魂の中身が誰であるかわかるようだ。なぁ宴人(エント)」

4部いをら 4部キジンノミヤエント
イヲラ(エントの魂)
「はぁ?なんでわかんの?ユングさんの力でイヲラ君の姿を投影してもらって
荒忌を助けたいと思っていたのに!?てか君何者?荒忌の魂何だけどじゃないみたい!
もしかして敵なの?」

セーレ
「現場が混乱するので一旦二人には、3年後アライミクンの姿と奇人宮宴人ちゃんの姿で話をつなげようか!
シンキングタイムー!」

 数分後

4部キジンノミヤエント 4部あらいみ
エント
「つまりその、今さっき下の階にいた背の低い『荒忌』とは別の荒忌で、3年後の姿が君?
今この世界はバグってるってこと????
私をからかうセンスとかユーモアとかあったんだね。私相手に。
女性に興味がなくてイヲラくんの姿なら打ち溶けてくれるとおもってあの姿を打算的にしてたんだけど。」

荒忌
「……べっべつに女性が嫌いじゃなくてだな!うちの家系的に女性が強すぎて苦手だったんだよ!
てかエントおまえ女性らしさない上に人のことコードで首締めてくる敵にしか思ってなかったんだよ!」

セーレ
「夫婦漫才してるばあい?
そろそろ下の階にいる1週目荒忌君NPCがイヲラ君1週目を探しにこっち来てややこしいことになるよ?
べつにパラドクスとかおきないけど、敵は2週目にはいった君を血眼で捜して潰しにくるだろう。」

荒忌
「……とまぁお前と漫才してる時間はないんだ。できれば手助けしてほしいんだ。
俺もよくわかってないんだが、エントもこの世界でのちのち敵の計画で消されちまう。
いわゆる1週目のストーリーがお前の進行ルートでおれが2週目ルートになってる。
それで、お前も死ぬ前にありったけの武器とかアイテムを支援してくれ。
本来ならこの旧アジトを捨ててデパートにこのあと向かうはずなんだが
敵の本拠地になっちまってる。あのデパートすべてが時間軸戻ってたらと思うが
どうみてもそうじゃなさそうだ。一部だけ時を戻せたから世界がツギハギになってるんだ。」

エント
「まじでゲームのやりすぎと言いたいところだけど、
アンタの魂の形が半分じゃないってのも見えてるし
ユングさんの術を見破ったのも納得いくしで困るわ。好きだった男に頼られるのは悪くないし。
いいでしょう。老け荒忌の支援しましょう。」

荒忌
「いうほど老けてねぇよ。成長っていえ。
コレで少しは戦力が助かる。敵の勢力に少しでも武器はそろえたいからな。」

セーレ
「よしきた!最終ダンジョンへはこの世界をまたに駆ける美男子悪魔セーレ便がやくだつぜ!」

エント
「なんだかしらんがとにかくよし!現実世界でも自分が死ぬ瞬間を味わって
またこの世界で目覚めて、荒忌から自分の末路を知る。
うーん。これがフリークスの相応しい最後なのかもね。アタシらしいわ。

でも……アンタは生きなさいよ。何が何でも。これは縛るものの呪いなんだから。
アンタは悪で必要悪。正義なんかじゃないの。
居たら死をまき散らすけど居なかったら他の存在が無限に死をまき散らす。
ヤクザが全員居なくなるとお隣の無法者マフィアが支配しにくるように抑止の脅威
それがアンタなんだから。少年ナイフ。」

 笑顔でウィンクをして急いで姿を戻し
 下の階に下りて背の低い少年に跳びついていった

ーーー
【旧アジトビル:倉庫】

 集めた置いてくれた物資を回収する荒忌

4部荒忌青年 セーレ
セーレ
「ふふっ。どことなく。気持ち穏やかになった気がするぞ少年!悪魔も嬉しいぞ。」

荒忌
「ちゃんと向きあってなかったからな。一人では気がつかない事もあるな。」

セーレ
「そうだぞ!生きているってすばらしい!人間の可能性をルシファー様はずっと考えていた!
どこぞの性器が脳みたいなアホ堕天使とは違うな。あいつらは人を性的にしか見てないからな!
上に立つ資格がない!ルシファー様の変わりとなるものか!
人間の行く末を見たかった。」

 倉庫のシャッターから緑の月の光が逆光となり悪魔の表情が見えない

荒忌
「ここから、この世界から出れば見られるさ。善性の。」

セーレ
「アーキタイプを持った悪魔が人に憧れて人の姿を模して生きられるのはこの世界だけ
水槽からは金魚は出られないんだ。ってね。
もしこの外に出られたら……その時はよろしくね。にんげんくん。」

 シャッターをくぐる善性の悪魔の笑顔は美しかった
 
 次の瞬間奇声とともにシャッター前から悪魔の姿が消えた

ーーー
【旧アジトビル:倉庫前】

 急いで状況を整理するためにシャッターを出ると倉庫の上に
 巨大な悪魔がいつの間にか張り付いており笑っていた

ネフィリム
?????
「オギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!」

ムレクヘシュカ
ムレクヘシュカ(アカモート)
「てまどらせやがって……こんな所にいたのか。
ネフィリム。その悪魔は喰っていいぞ。アーキタイプ持ちだ。美味いぞ?」

荒忌
「おまえ!!名無不由美!いやその帽子の悪魔だったか。デストルドーの親玉だったか?
やめろ!その悪魔に手を出すな!目的は俺だろう!!」

ムレクヘシュカ
「そうだが?お前の能力の固有結界に魔を絶つ呪術。すべてこの世界の産物。
ゆえにこの世界を終わらせる脅威になるだろう。非常に厄介だ。
それとこの雑魚悪魔と何の関係があるのだ?ネフィリムはデミウルゴスの幼体。
まだまだ成長して貰う必要があるのだ。予備の『アリス』を潰されてしまったからな。
この世界の生まれた時から有用な魂だけを溜め込んだ英才教育の結晶。
粗雑な食事は用意できぬ。」

ネフィリム
「このつかまえたムシ たべたいぃやわらかそう。つぶしちゃいそう。おなかへったぁ」

セーレ
「大丈夫。冷静になって。荒忌。コイツラ自分たちの重要な話をぺらぺらとしゃべってる。
それに……このネフィリムとかいう怪物。この世界が生まれたときからいたんだとさ。
つまり……死んでしまったここにくる魂をストックしている。そういうことだ。」

ムレクヘシュカ
「なにをゴチャゴチャとめざわりな。」

セーレ
「僕の善性のいっぱいなアーキタイプ。『彼の魂』に届けてあげるよ。悪魔しか出来ない芸当さ!
あと、そこの悪趣味衣装なそいつ救ってあげて。君ならできるはず。
その刃ならリンゴの皮を剥く様に本質である『彼女の魂』を取り戻せるはずさ。
今の君ならできるはず。だからこそ。まずこの黒の怪物をやっつけるんだ。
僕に与えられた残り時間は有効に仕えたはずだ!」

ムレクヘシュカ
「黙らせろネフィリム」

荒忌
「やめろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」

 つかんでいた悪魔を大きく口をあけ放り込んだ
 嫌な音を立てて悪魔は捕食された

ネフィリム
「もぎゅりめぎゅり あまぁあああい もっどたべたぁああああああい」

ムレクヘシュカ
「ということだ。お前の魂も能力も我々に返してもらうぞ。」

荒忌
「わかったよ。あんた最後まで悪魔だったな。契約みたいなもん押し付けていきやがった。
なにが善性だ。いい迷惑だぜ。
だが見たかったんだろ人間の可能性をさ。

すくってやる。取り戻してやる。全部だ。返してもらうぞ死の欲動ども。」

VS BOSSネフィリム戦 続く 


創作物語パートはここまで!
ここからは解説パート。聖書の怪物から1体紹介。

①ねふぃりむ
ネフィリム
人間の女性に惚れて結婚したいと堕天してしまったエグリゴリと人間の女性の子
大きく育つ巨人で英雄にもなるともいう。
バベルの塔の建設者で、神々の起こす洪水は実はネフィリムを流すためだったとか。

エグリゴリ 4部アメズヤラク アルマロス
グリゴリの天使たちは人間大好きで生まれた子供は
神の血を色濃く受けたため巨人であったってのもなんだかすごいね。
つまり神の子なんだけど、人間の食べ物だけでは飽き足らずその食欲で共食いまでしちゃう
なんだかギリシャ神話みたいな粗暴さ。神の本質が見える気がします。
進撃の巨人の話もしかしてコレ絡んでたりするんですかね。

hqdefault_2018022523374379a.jpg
一般的?な題材でネフィリムだと『エルシャダイ』のボスで出てましたね。
あれもグリゴリの天使とメタトロン(小エノク:イーノック)との話ですしね。

うちの創作の4部の黒幕陣営は元天使のエグリゴリさんなので
ある種の兵器として登場です。
人間と悪魔の子でデビルチルドレン!というより
title.gif hqdefault_201802252344200a4.jpg
デザインはデビルマンですw(なぜだか鮫映画の人がよぎってしまうマーン)
まぁさらに言えばAMON デビルマン黙示録の韮沢さんデザインですね。
カラーリングは寄せてたりします。
いいよねAMON。ぐろいけど。

あとはペルソナ2罰のJOKERの変異体のような異形さやポップな模様を書いてたりします。
ネフィリム顔
パッと見気持ち悪いシルエットだけど
どこか憎めない可愛らしさで親に守ってもらうような感じもだしてます。
笑ってるような口角ですがえげつない口ががぱっと開いて共食いし始める。
そんな要素で書いてみた。

おなかの中に無数のエネルギーを溜め込むような
掃除機的な感じで創作世界で暴れ回ってもらうぜ!

ーーー
LV51 邪鬼ネフィリム【DARKL-LAW】
氷結・電撃・衝撃無効 火炎弱点  破魔・呪殺・状態異常耐性①
火炎・電撃・衝撃無効 氷結弱点  破魔・呪殺・状態異常耐性②
火炎・氷結・衝撃無効 電撃弱点  破魔・呪殺・状態異常耐性③
火炎・氷結・電撃無効 衝撃弱点  破魔・呪殺・状態異常耐性④
魔法・物理弱点 破魔・呪殺・状態異常耐性⑤

・ギガトンプレス(敵全体に大ダメージを与える打撃物理 クリティカルが発生しやすい)
・鬼一口(敵単体が状態異常の時に大ダメージ 悪魔の場合戦闘から除外)
・オギャバブオン(敵単体に状態異常:幼児退行にさせ魔法物理の威力を半減と時々行動不能にさせる)
・マハオギャバブオン(敵全体に状態異常:幼児退行にさせる。)
・大振動(敵味方全体ランダムに万能属性で中~特大のダメージを与える)
【サポートスキル】・ネフィリムビーム(敵全体に大ダメージを与える万能属性 使用後次のターン行動不能)

アイテムドロップ
赤子のイマージュ(ネフィリムの核となるイメージ。オルゴン召還解禁になる。)

◆HP半分を切るまで①~④の弱点を繰り返し捕食行動をするため一気に半分削ろう!




さて今週の更新はここまで!
時には焦らずでも焦って色々生きて行こう
そうすれば何か見つかる。
腐らず愚痴らず……いや愚痴だけは!愚痴だけは言わせてくれ!

世の中は多分敵の思い通りになってて
世の中モラルもマナーもルールもない世界の実現に9割成功しているとおもうんだ
正義の味方ははよ勝利確定BGMならして登場してくれないと
悪は華をもつことなく無駄に増えて良くだけだ!そんなのカッコよくないじゃんじゃ!

もっと平和で穏やかであってほしいね……
ないな。お休みなさい



英気を養う 大事。 それ一番言われてるから。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

来訪者数
333333番で神殺しか御粥
ツイッターにも来てみてね
プロフィール

そとの道

Author:そとの道
ブログの誕生日08/03/14
そとの誕生日10/19

詳細DATA
.
悪魔や神話関連が大好きで青春時代
に無駄に熱意をつぎ込んでしまった
悲しい男の日記ブログ!

Infinite factorというバンドを
応援しています!(解散無念!)

絵の練習&悪魔とか描きたい!
描いて捨てるのもモッタイナイ
知識を放出したい!
そんな理由でブログ始めました。
最近は腹立たしいのでニュース記事ばかり

真女神転生シリーズの異端のデビルチルドレンから入り、悪魔や神話にドップリ浸かり、創作神話やら民話も知識として吸収中

イラストは毎週更新するつもり。


副タグリストから『悪魔辞典』で過去描いた悪魔イラスト一覧にいけます。めんどいけど名前をコピペしてブログ内検索で見てね。

ちなみに画像は
本体:ステワ・ルトゥ
(吸血内臓スライム)
パンダは飾り。
齢20代、心は40後半
鬱攻撃に弱い、精神攻撃に弱い
眼鏡っ子
素人絵だけど、ここのイラスト無断拝借使用とか少し変えて転用とか恥ずべき行為はやめてねん。
お声あれば発想力はお貸しします。

リクエストは聞くけど私はうちの子描くマン

ツイッターはじめました

画像

バナー
バナー作ってもらいました!
pixivはじめました
最新の登録30件が表示されます
ブログ内検索
文字や解説が多いので便利かも?
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
カテゴリー
副タグリスト
オカルトで分類分けしてしました
バンド応援しています!
Infinite factor        (インフィニット ファクター)
無限の要素へようこそ
画像クリックでサイトに飛びます。リンク先には礼節を
ランキング
気に入ったらポチッと押してください

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

カレンダー
更新は気の向くままです
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ミニ天気予報
意外と最近便利と感じなくも無い

-天気予報コム- -FC2-
リンク
基本的はリンクは自由です!お友達が増えるとイイナ♪
このブログをリンクに追加する
メールフォーム
なんか言いたい事があれば適当にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

マイナーからメジャーの神話などの質問や要望大歓迎
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブックマーク