FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

EAT, KILL ALL!(生きろぉ!)VSリリカルマジカルキルゼムオール <ファイ!>

Ddo8I4-U0AAfCfY.jpg Ddo8JqgUwAASLQx.jpg Ddo8KU_VQAAEb4Y.jpg
こんにちがおー!!(どうしたん急に)
どうもそとの道です。

急に自分の深爪マドハンドなんてだして。
いやなんかね昔は嫌いだった自分の小さい手でしたが……最近良いなって。
カワユサっていいますかこの短い手でイラストを描いてるとおもうとええなって。

いやね。そう言うんじゃなくてデスネ。
アマゾンズシーズン2をDVD貸し出しで一挙にみてですね
なんとなくバイオレントパニッシュな気分になって指に力入れてるわけですけど
全然強そうにみえなえってね。撮って見は見たもののあんましでしたがっくし。

てなわけで(手なわけで?)
仮面ライダーアマゾンズシーズン2見終わったので晴れて

Ddncv9SU8AAbRfZ.jpg Ddncuo5V0AAcPHz.jpg DdnctbnUwAAFp1U.jpg
渋谷で
『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』みてきたわけですよ。(初夏快晴!)

いやぁ大満足!EAT, KILL ALL!(生きろぉ!)ですよ。
さっそくアマゾンズロスのアマロスがはじまってますよ。
作品の始まりあれば終わりがある。さびしいね。
そう我らは作品を見始めたら見て終える役目を背負って作品を追うのです。
ああなんと素敵な事か!!

デジモンTryのことは……忘れなさい

Ddnc1mZU0AE9aiF.jpg
どうでもいいけどこの街の魔改造は終わらない。
すごくいいよね。

Dc-spiTVQAAC5Jh_20180521024852794.jpg Dc-soKRVAAAs8TM_20180521024851af8.jpg Dc-srI7VwAEx26i_20180521024849daf.jpg
話は別だけど池袋の西武鉄道池袋ビルもカッコ良いよね。
男の子心くすぐるよね。

なんかすげー今回素材集みたいな画像ばっかだw
まぁいいや。創作意欲あがったでしょう?みなさまも
なのでそのままイラスト更新いってみよう!
創作物語ばんじゃい!


アメズヤラク2
世界のルールは逆転する 逆さ吊りの男のように

その名はアメズヤラク

旧約聖書外典「第1エノク書(エチオピア語写本)」において、
人間の娘と結婚し神に反逆した天使の軍団「グリゴリ」においてアザゼルと共に統率者と目される天使。
「セムヤザ(Semyaza, Semjaza)」、「セミアザ(Semiaza)」、「シェムハザイ(Shemhazai)」、
「シャマズヤ(Shamazya)」、「シェムヤザ(Shemyaza)」、
「アメズヤラク(Amezyarak)」、「アマザレク(Amazarec)」などの名でも呼ばれる。

神に逆らった罪により七層の天界の牢獄として利用されている「第五天」に
他のグリゴリと共に幽閉されている(天と地の間にぶら下げられオリオン座の星になったともされる)。
元々シェミハザはこの反逆の計画に反対していたが、
結局多数意見に押されて首謀者の一人となってしまったとされている。
全ての悪意ある魔法使いの生みの親とされる。




イラストの解説は追記へ(創作物語を多く含みます。)


創作物語4部
ブラックシルバージレンマ
【過去:各話セレクト】
▼第0夜『黒銀色ジレンマ(ブラックシルバージレンマ)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-883.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-884.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-885.html
▼第1夜『月下のサーカス』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-886.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-887.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-889.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-890.html
▼第2夜『ファントムワークス(亡霊製作所)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-898.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-905.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-907.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-909.html
▼第3夜『顔のない月夜』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-914.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-919.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-922.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-924.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-926.html
▼第4夜『死神が嗤う刻』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-927.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-929.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-930.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-931.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-934.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-935.html
▼第5夜『魂の鼓動、仮面に秘めて』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-941.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-942.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-943.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-944.html
▼第6夜『自分の役を始めよう』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-947.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-949.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-950.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-952.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-956.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-959.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-961.html
▼第7夜『愛が死を分かつまで』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-965.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-968.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-971.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-974.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-976.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-977.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-980.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-983.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-986.html
▼第8夜『えんりえど・ごんぐじょーど』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-990.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-991.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-994.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-996.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-997.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-998.html
▼第9夜『エレフセリア・イ・サナトス(自由か、さもなければ死を)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1002.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1005.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1008.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1013.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1019.html
▼第10夜『心はどこにあるのか』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1024.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1029.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1031.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1035.html
ーーー

背景終盤
第11夜『夜明け前の一番暗い朝』

前回(10夜)のラストの続き
http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1035.html
ーーー
【旧アジトビル:倉庫前】

 闇夜の中にさらに光を飲み込むかのような漆黒
 漆黒よりも暗い黒い人型の異形がいた
 虹色の無数の眼がギョロりとこちらを睨んだ

アンラマンユアフリマン
箱舟?
「もう茶番はいいだろう。時は十分に稼いだ。」

スキールニル
スキールニル
「なっ……なんだあいつ!!さっきまでのベルトから出てた煙が……」

タナトス4部
イヲラ
「皆!!あの黒いのに触れんな!!絶対に!!
あいつは!あの声のアイツは箱舟じゃない……この世界そのモノを包む死の存在だ。」

4部頚城青年
頚城
「あれは『デストルドー』なのか……?荒忌」

4部荒忌青年
荒忌
「そう称して来た物質……いや生命体か……その意思をもった上級種『死神』
奴らは真の死の神『偽神(デミウルゴス)』になろうとしていた。
この世界の月からやってきた神や下層にいたダークアリスのような。」

 その影の中からベルトをこちらに投げ捨ててぬるりと顔出す男

アメズヤラク2
アメズヤラク
「それは違う……っすよっと。
『死の欲動(デストルドー)』、『死神(デス)』、『偽神(デミウルゴス)』
これらはいずれも同一の存在。
この世界、『黒澄州(クロスミス)』の一部であり、
一人の存在の一部から生み出された闇の創造物。

彼は匠(ブラックスミス)である。この世界の創造主である。
真なる世界の名は【破綻の世界:ガナーグ・メーノーグ】」

アフレマン
「そしてその名前は我が名でもある。我こそは『アフレマン』。
深淵の時より蹴破り産まれ祝福された破壊霊『アンラ・マンユ』とは我の事である。」

スキールニル
「!!!!!!!!!」

頚城
「おれ……前にコイツを『アカシックレコード』で見たことあるぞ……。
本物の……悪神。原初の神の一人。」

イヲラ
「ああ。桁違いにヤベーヤツだぞ。俺様もこの姿になってこの世界のコトワリがわかる……
絶対悪の支配者(アーリマン)。コイツが俺らの世界をずっと滅茶苦茶にしてきた……元凶。」

荒忌
「……おいおい犯罪者の組織化させていた『箱舟旧約(はこぶね くやく)』は
いつからコイツだったんだ……」

アメズヤラク
「ふぅ……さっきまでの威勢はどうしんたんすかねぇ~っと。もうこの口癖はいいっすか?
いやコレも余興って事で。まあいいか続けるっす。
偽る必要なんてなかったがいつまでも解決に辿りつかないが力を持つお前たちに
すっきりと黒幕とともに登場ですよっと。 

どうっすか俺は人間じゃなかったなんてのはわかっていたっすよね?
俺は『皇地唄』の魂(イマージュ)を模した完成度は人では無しえないペテン術。
俺は刑死天『アメズヤラク』。元天使をやっていた本物の天使っすよ。
まぁ救いの天使とは違うッすがね。人間に恋して堕天したんすよ。」

スキールニル
「どこの神話勢か知らないが……邪悪な根性なのはわかった。
こっちの北欧神話勢にもいるわ。似たのがな。」

荒忌
「つまりは皇あんたをブッ倒せばいいんだよな。
あんたらがこの世界で生きた人たちを囲んでいたのを解き放つ、
現実世界から人間の魂引きずり込んでるのを止める、
お前等の計画を全部ぶっ潰すそれだけだろう?天使だが悪神だかしらねぇけどよ。」

アフリマン
「嗚呼。その通りだ。」

荒忌
「……はぁ?」

アフリマン
「その通り。君たちは我らを打ち破りこの世界から出ていくだけで良い。
それでハッピーエンドだ。なんなら私またはアメズヤラクのどちらかを倒して、
この世界に来た君たちの仲間も救い出してそれでおわり。御仕舞い。」

イヲラ
「……お前破壊霊とか悪神とかいったな。
馬鹿の俺でもわかるぞ。つまりはお前達のハッピーエンドだろ?
御仕舞いってそりゃ人間の御仕舞いって事だろ?
俺は裏世界で生きるために……色々な眼をみてきた……。
お前の眼がそういってるんだよ。もう手遅れで勝利を核心しているとなぁ。」

アンリマユ
アフリマン
「ああ。そうだとも。スプンタ・マンユ(善なる聖霊)の創り子よ。
いや悪魔(ダーエワ)に魅入られしの子よ。
ここで産み育てられた悪しき我が肉をもって魂ごと『現実物質世界(ゲーティーグ)』にゆけば
世界は再度『罪業・無知・暴力・死』に犯されこの世界の鏡写し通りとなろう。
そのルールを変えられる力のあった……ユングは砕け散った。
ただ一度、計画を遅らせるためだけの力を使い……しんだ。
虚霊世界の空間を一時的に歪めただけに過ぎないというのに。」

アメズヤラク
「そう。ユング・マンダラことタイザンオーは居なくなり、
事態を収束する縛り首の台がなくなった世界の小さな不可侵村で
GM(ゲームマスター)と狼が手を組んでロールプレイを延々と続けるっすよ。
ルールは破綻した。別のゲームが始まったっすよ。」

荒忌
「ははは……。たおしてもいみがない……?」

アメズヤラク
「そう。村人でありながらすべて狼と狂人と死人の村であるため
はなっから勝利はない。ルールなんて正直どうでも良かったっすよ。
キミら大人の都合の人殺しの道具でしかない子供たちが最後まで道具として生かされる。
システムでしかない。悪人を殺して平和にしていたつもりがより強い悪人の魂を育て
人の欲動が蓄積した呪術でまた悪人を殺す。永久に濃縮し続ける蠱毒。
全殺者(アンラマイニュ)とは素晴らしいじゃないっすか!」

イヲラ
「人間に恋して堕天したのに……人間を殺してこの冥界に魂を送り込んで
悪の意思を現実世界に持ちこんで悪人作って殺すサイクルのどこに……
どこに人間に恋してるって言うんだ!」

アメズヤラク
「はぁ、無垢な人間はそれは素晴らしいものだったさ。
無垢なる天使が求めたいと思うほどに。だが知恵を得た人間たちの何処に魅力があるとおもう。
あの輝きは失われた。だからもういらなくなったってことっすよ。
我々エグリゴリの一団と知恵の人間を殲滅させようとした過去の唯一の神の考えと同じにね。
身勝手?それをいうなら全ての存在を生み出した全知全能の善神にでも問えばいいっすよ。
エリ・エリ・レマ・サバクタニ(わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか)とね。延々とね。」

荒忌
「じゃあ……ここから……でないほうが……いい……のか?
生きる人間たちを救うために……。俺たちは……。」

イヲラ
「荒忌!しっかりしろ!」

アメズヤラク
「ああ。君は現実世界で悪人を裁くと銘を打って殺人を楽しんでいたんじゃないんすか?
忌家の命令で要人暗殺と言う穢れ仕事の意味を受け入れられず……国家の裏家業犬としての惨めな自分から
逃れ逃れ正義というなの力を示すだけの……」

頚城
「いや。ここから出る意味がある。俺にはそれが出来る。」

荒忌
「りょうたろう……?」

スキールニル
「その手に持ったベルト……。」

アメズヤラク
「……。俺の使わなくなったエンゲージドライバーを見ながら何を……?」

4部アカモートななし 4部ほんななゆた 4部神化黒鬼銀
頚城
「名無不由美……いや『本名那由他』
黒木銀……『黒金銀次郎』
彼らを助けよう。荒忌。イヲラ。」

荒忌
「……。できるのか……この状況を。」

イヲラ
「眼を見れば……わかる。荒忌。」

ジェナ
頚城
「俺にはジェナを救わなきゃいけない。俺の大切なやつだ。
このまま残るなんて事考えていない。荒忌……お前も連れて帰るって約束したんだ。
だから俺はここに来た。」

スキールニル
「俺も何かの縁だ……。神話世界と繋いだ意味が何かあるはずだ。
そういうことか?」

アメズヤラク
「おまえら……希望を取り戻して……随分強気っすねぇ……。
ここでや……」

アフリマン
「面黒い展開だな。興醒めする。まぁいいだろう好きにするが良い。
アメズヤラク。お前は元に戻って出口のデパート上に戻っていなさい。」

アメズヤラク
「しかし!……。わかりましたっす。そのベルトで何が救える。
子供の玩具で何が出来る。」

 邪悪な天使とペンタブラックの闇が闇夜に溶け込み消える

頚城
「ここからが俺らの踏ん張りどころだ。
探そうあの子を。」

―――高まる心臓の鼓動。
来る事はずのない朝の前の宵闇。時が動き始める。

続く


創作物語パートはここまで!
ここからはイラスト解説パート!
悪魔学から1体。

①あめずやらく
アメズヤラク2
エグリゴリの堕天使一団のリーダー。別名シェムハザ。

アルマロス バラクエル エグリゴリ
アルマロス、バラクエルなどリーダー格の中でもアメズヤラクはサブリーダーとして
人間の女性の素晴らしさを語り天使たちを婚約に誘った誘惑の天使。

言葉巧みに堕天誘導したが自身もまきこまれた風に多数決意見に参加しているが
自分が一番人間の女性に興味があった所謂主犯格である。
つまり精神的な恋人としてでなく、肉体的な意味で人間の娘と結婚をしようとを言い出した張本人。
しかもこの計画に賛同しないで自分だけ大罪人になってしまうのではないかと弱気のフリをして
他の天使たちがフォローに入り結束を固めるため心変わりをしない
契約を結ばせていた計画的犯行エピソードがあるという。

根っからの女好きの詐欺師である。
そのためかタロットカードの刑死者(ハングドマン)の起源とされる。

4部アメズヤラク 4部すめらぎちゅうた
今作の黒幕は途中参加キャラの青年『皇地唄(すめらぎ ちうた)』君は仮の姿。
本物は多分現実世界に生きていて、その姿だけ模倣して演じていた。
仮面ライダーに変身できるベルトも技術流用して偽造したもの。

当初は別の顔の姿にするつもりもだった(マッツ・ミケルセン顔のw)
だけどせっかく良い顔(白髪の前作のキャラスターシステム)なのでそのままで。

体の模様色は皇の時の髪色のような2色と
片方が反転眼にしてるように天使と悪魔のような2面性にして
天使ではない感じをだしています。

模様に付いては
金と黒茶色の流動体のようなボディスーツも穢れを表していたり
腰マント?のうら側は電子のようなマークのようなものは星座の点と線で繋ぐ意味合いだったりします。
または虫食いのように進んだあとのようにも。
オリオン座の星になった幽閉と暗躍。一筋では行かない存在にしています。

まだ人の形を保っている。これから真の姿になる予定。

ーーー
LV?? 刑死天アメズヤラク【NEUTRAL-CHAOS】
????

・???
・???
・???
・???
【サポートスキル】
???
アイテムドロップ
???

◆今回のラスボスの人型態登場。




今週の更新はここまで!
創作物語も終盤戦。時計の時刻のように12の時刻の夜を越えて
朝を目指すイメージで今まで長く書いてきたけどあと少し!
早く先を書いて終わらせたい!けどまだもう少し続く!座してまてい!

それではお休みなさい!!



死んでる様に生きたくない!(アマゾンズ)はほんと深いぜ!!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

来訪者数
333333番で神殺しか御粥
ツイッターにも来てみてね
プロフィール

そとの道

Author:そとの道
ブログの誕生日08/03/14
そとの誕生日10/19

詳細DATA
.
悪魔や神話関連が大好きで青春時代
に無駄に熱意をつぎ込んでしまった
悲しい男の日記ブログ!

Infinite factorというバンドを
応援しています!(解散無念!)

絵の練習&悪魔とか描きたい!
描いて捨てるのもモッタイナイ
知識を放出したい!
そんな理由でブログ始めました。
最近は腹立たしいのでニュース記事ばかり

真女神転生シリーズの異端のデビルチルドレンから入り、悪魔や神話にドップリ浸かり、創作神話やら民話も知識として吸収中

イラストは毎週更新するつもり。


副タグリストから『悪魔辞典』で過去描いた悪魔イラスト一覧にいけます。めんどいけど名前をコピペしてブログ内検索で見てね。

ちなみに画像は
本体:ステワ・ルトゥ
(吸血内臓スライム)
パンダは飾り。
齢20代、心は40後半
鬱攻撃に弱い、精神攻撃に弱い
眼鏡っ子
素人絵だけど、ここのイラスト無断拝借使用とか少し変えて転用とか恥ずべき行為はやめてねん。
お声あれば発想力はお貸しします。

リクエストは聞くけど私はうちの子描くマン

ツイッターはじめました

画像

バナー
バナー作ってもらいました!
pixivはじめました
最新の登録30件が表示されます
ブログ内検索
文字や解説が多いので便利かも?
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
カテゴリー
副タグリスト
オカルトで分類分けしてしました
バンド応援しています!
Infinite factor        (インフィニット ファクター)
無限の要素へようこそ
画像クリックでサイトに飛びます。リンク先には礼節を
ランキング
気に入ったらポチッと押してください

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

カレンダー
更新は気の向くままです
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ミニ天気予報
意外と最近便利と感じなくも無い

-天気予報コム- -FC2-
リンク
基本的はリンクは自由です!お友達が増えるとイイナ♪
このブログをリンクに追加する
メールフォーム
なんか言いたい事があれば適当にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

マイナーからメジャーの神話などの質問や要望大歓迎
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブックマーク