FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

愛がほしい? i(虚数)が欲しい?

ジレンマ最終扉絵ロゴなし
ようやっと本作の最終扉絵描けました。

どうもそとの道です。
お久しぶりというか……すみません中々更新不定期すぎて!

まぁねうえの創作物語の扉絵のように
これ描いてるとその週のイラストすべて使い、
更新用の神話モチーフとか描けなくなり、
創作物語自体の長い駄文も後ろ倒しになってしまってね。

まぁ体調や1月は休日お出かけとかもあったり
ゲームとか映画ラッシュとかもやってると中々滞りますわな。
あと創作本もね。頑張ります……ガムバリマス。

REL1PIb3.jpg Bqp8ZjL5.jpg
とまぁこういうふうに作業工程画像もはってみたり
絶対デジタルのほうが楽だよ!って思われますが。
絵を描くのは楽に早くなるために描いてるのではなく
インクのにおいや色をとか重ね塗り面白いとかそういうのの趣味の延長でございます。

tR1CeLfi.jpg do47puvk.jpg
こうやって後ろ映りににへらにへらするのが一番のぜいたくでござんす。

ジレンマ最終扉絵 ジレンマ
んでアナログをデジタル補正して重ねてたりしてるんですわ。
時間かかるよね。レイヤーじゃないもんアナログは!

コンパチモンスタ スクショ
他にも鮫肌 包次郎くん(@kaizindaisuki
‏の企画のコンパチモンのイラストに羨ましくなり

ケーキサンプルフル ケーキサンプルフルABCD ケーキサンプルフルE
長年温めていたケーキを模した怪物ケーキミミックを描いていたり

メガムルロア ムルロア顔 ムルロアボディ
ウルトラマンタロウの大怪獣ムルロアの平成版の強化体の妄想していたりするんですわ。

創作物語だけでなくアレも描きたいこれも描きたいというので
中々進まなかったので、もし気になったらそとののTwitterをみてね!
ここはあくまでお庭の盆栽でしかないのだ!

でも手入れはします( ˘ω˘)更新なかったら応援でパワー頂戴ね。

さて今週の更新です!
イラスト回&創作物語最終章はじまりますよ!いってみいよう!



トバルカイントリウィアヘカテー
魔の十字路で人と人とが交わり 罪と罪が交差し 罰となり償いにいたる

その名はトバルカイン

トバルカイン(Tubal-cain)は、『旧約聖書』「創世記」に登場する人物で、
初めて鉄や銅の刃物を鍛えた鍛冶の始祖とされる。
アダムより数えて7代目の子孫で、カインの子孫レメクとチラの子。

亦チラ、トバルカインを生り 彼は銅と鐡の諸の刃物を鍛ふ者なり トバルカインの妹をナアマといふ
— 「創世記」4章22節、日本聖書教会の『舊新約聖書』より



文中ではただ鉄や銅のすべての刃物を鍛える者とされているが、
「創世記」の中で最初に鍛冶を行ったため「鍛冶の祖」とされる。

トバルカインの家系
アダムとイヴの子カインが嫉妬から弟アベルを殺して追放された後、
エデンの東方にあるノドの地に住み、妻を娶って子エノクをもうけた。
カインは邑を建て、子供の名を取って「エノク」と名付けた。
ここにカインの子孫が栄え、六代を経てトバルカインはレメクと彼の二人目の妻チラの間に生れた。

トバルカインの父レメクは二人の妻を娶り、
一人目のアダとの間には二人の子、兄ヤバルと弟ユバルを生んでいる。
そして二人目のチラとの間にも、二人の子、兄トバルカインと妹ナアマが生れ、
腹違いの四人の子供がいることになる。
この四人の子供のうち、三人は人間の技芸の祖となった。
すなわち、ヤバルは初めて天幕に住み家畜を飼う者(牧畜)の祖先となり、
ユバルは琴と笛をとる音楽家、芸人の祖先となった。
そしてトバルカインは刃物を鍛える鍛冶の祖先となったのである。



イラストの解説は追記へ(創作物語を多く含みます。)

創作物語4部
ブラックシルバージレンマ
【過去:各話セレクト】
▼第0夜『黒銀色ジレンマ(ブラックシルバージレンマ)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-883.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-884.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-885.html
▼第1夜『月下のサーカス』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-886.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-887.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-889.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-890.html
▼第2夜『ファントムワークス(亡霊製作所)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-898.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-905.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-907.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-909.html
▼第3夜『顔のない月夜』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-914.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-919.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-922.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-924.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-926.html
▼第4夜『死神が嗤う刻』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-927.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-929.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-930.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-931.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-934.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-935.html
▼第5夜『魂の鼓動、仮面に秘めて』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-941.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-942.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-943.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-944.html
▼第6夜『自分の役を始めよう』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-947.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-949.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-950.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-952.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-956.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-959.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-961.html
▼第7夜『愛が死を分かつまで』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-965.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-968.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-971.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-974.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-976.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-977.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-980.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-983.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-986.html
▼第8夜『えんりえど・ごんぐじょーど』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-990.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-991.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-994.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-996.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-997.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-998.html
▼第9夜『エレフセリア・イ・サナトス(自由か、さもなければ死を)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1002.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1005.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1008.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1013.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1019.html
▼第10夜『心はどこにあるのか』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1024.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1029.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1031.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1035.html
▼第11夜『夜明け前の一番暗い朝』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1040.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1041.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1044.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1048.html
▼第12夜『ココロノカタチ タマシイノイロ』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1052.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1055.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1062.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1063.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1064.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1067.html
ーーー
ジレンマ最終扉絵
最終夜『黒銀色ジレンマ(ブラックシルバージレンマ)』

前回の続きから

ーーー
【深層黒澄州:深淵】

 ここは深い深い深層意識の最深部
 ここで黒澄洲は仮設されていった世界の裏側で虚無との狭間
 少年が不思議の国として訪れた真の姿は街の瓦礫の残骸と闇

4部神祭時荒忌
荒忌
「…………。俺はたしか那由他に刺され意識を失った。
本当に死んじまったのかもな。ということはここが地獄か。
ははっ。俺らしい最期かもな。」

 何も響いてこない暗がり 
 瓦礫の上で自身の嘲笑だけが鳴る

荒忌
「……何も見えないんだな。朽ちた木のと埃の臭い。
地獄ってもっとこう針の山とか血の池とか火とかぱっーっとある騒がしいものだと思ったけど
まるで牢獄。誰も居ないんだな。結局俺は独り。誰からも必要とされない。
そんな罰か。家族ごっこ……していればよかったのかな。
最初にそれ言ったの誰だったか……。ああ『アイツ』か……。
逢いてぇな、……いおら……。」

???「おめぇよぉ何度言ったら『イ(ヲ)ラ』って発音しねぇんだ!」

 瓦礫の上から蹴り落された荒忌が頭から地面に落ちる
 その声の主のほうを驚きながら見上げる

イヲラ
イヲラ
「なぁにショボクサレやがってるんだっての。」

荒忌
「おまっ……いってなぁ蹴ることないだろぉ!
ってウォーロックがまたイオラの……」

 ぷんぷんと腕を組みながら瓦礫から降りてくる少年
 荒忌の耳をつまんで立ち上がらせる

イヲラ
「イヲラだって言ってんだろワザとか!!」

荒忌
「いだだっうっせぇーよ!お前の声でっけぇんだよ!って……あれ?」

 気軽に手持ちのナイフで刺してみる

イヲラ
「あだっ!!俺様は蒸かし芋かなにかじゃねぇんだぞ!
お前アホか!ナイフは切るものであって刺すものじゃねぇ!
あった頃みたいに気軽に指すな!治ってないのかそれも!」

荒忌
「ちがう……刺し具合が新鮮」

端鷺イヲラ
イヲラ
「物騒な刺身か何かか!ばーか!俺様は正真正銘本物の『端鷺イヲラ』だ!
暗殺稼業のランカーのドベの端鷺家でトップランカーのお前を暗殺しようとして
なぜか……そうなぜか家族ごっこし始めたイヲラ様さ。
お前の心の半分として顕現できた……って感じだな。
ずっと俺はお前といたんだがな。」

 那由他に刺されたあの時
 呪術を込めたナイフで刺さ割れた心の隙間を埋めていた
 イヲラの心の半分が行き場を失い深層で形をもって現れていた

荒忌
「今まで……俺といただって……?
半分はウォーロックが回収したものだったが
もう半分は俺の中にイヲラがあった?」

イヲラ
「そう。俺があの時、現実世界で殺されたとき、
心魂はバラバラになって完全に死んで冥界のこっちの世界に来るはずだった。
でもお前も同じように心魂もひび割れ落ちていくのをつかみ取って
半分だけになったお前の心隙間を埋めることで
荒忌の心は補われ助かった……俺様はそれだけで大満足だった。

でももう半分の荒忌の過去の心は深層意識に堕ち
お前は知り合いの死のショックか自身の心が半分ないせいか
虚空を見つめるものとなっていた。

この仮想世界に堕ち、割れた心の『過去の荒忌の心』をつなぎとめる為、
わざわざ俺なんかを模してまでそんな荒忌を支えてくれる人が居たのに
ワザワザ俺様の名前を呼んで泣いてくれるなんて健気だし好きすぎでしょ…。
普通エントちゃんとかふゆみちゃんとかヒロインの名前呼ぶでしょ」

 くしゃくしゃの泣き顔を隠しながらナイフを振り回す

イヲラ
「あぶねぇからそれしまえ!通り名の『ボディマーカー』の原因はオタクのせいだからね!
ぜんぜん萌えキャラでもないからねそれ!」

ーーー

イヲラ
「そろそろ涙は枯れましたかね。アライミ君よ。
言っておくけどお前と一緒に居たといっても守護霊とかお化けみたいなのと違って
おなじものを見て聞いていたとかそういうのじゃなく、あくまで心のヒビのセメントてきなもんで
死んだ後の虚ろな3年の事とか詳しく知っているわけじゃないからな。

今こうやって別個体として姿を得て、死神の力?デストルドー?そういうもので
お前の体験したこととか色々見ることが出来ているだけで
3年前までのイヲラ……なのかどうかもわからないからな。
自称は本物。その証拠は俺様は料理は超できる。
あの俺とお前は暇すぎて料理バトルをした。
作った料理は『舌平目のオレンジソース添え』。
さぁ荒忌。当の本人は何を作った?」

荒忌
「『ティッシュの天ぷら』と『輪ゴムの醤油和え』。」

イヲラ
「正解。お前は料理のセンスが天災なのか図画工作レベルなのか。
貧乏アパートの借りぐらしで『黒木銀』はあのせいで1回病院送りだ。
銀の元の人
その黒木はお前の殺すための敵でもあった。忌家を崩壊させる敵でな。
主人公だと思ってたやつが話の途中で敵で死ぬというメタなことを言えば
視聴者層のファンからの苦情がすごそうな展開だったな。」

荒忌
「家族ごっこはイヲラが最初言い出したんだよな。」

イヲラ
「そうだっけか。そうか毒殺しようと料理を振舞いだしたら……そのなんでか
ボロアパートで川の字に野郎三人がゴロゴロとな。
人並みの家族をしたくてな。後期は野郎三人だけじゃなかったよな。

4部キジンノミヤエント 4部ななし 
荒忌
「首絞めストーカーの『奇人宮宴人』とコトバの魔女『名無不由美』」

イヲラ
「荒忌モテモテだったねぇ」

荒忌
「嫌だよ!首絞める表情が好きって変な服の奴を女の子として認めたくないし
後者はラスボス格の敵で変な子だったろ!」

イヲラ
「ハイハイ。そういうのも嫌いじゃなかったんでしょう。
過去は素敵なもんだな。なぁ荒忌。いいのか。
俺と話してるのもいいけどさ。ここでしょげてる場合か?
それもいいんだぜ。俺は久しぶりにお前とこうやって話せて、
旧来の友達のようにだべってさ。楽しいけどよ。

正すべきお前の本当の姿、偽りに歪められた少年ナイフはただの通り魔で
人々を脅かす死の存在だったのか?弱きものから暴力を裁く超法規暴力だったんじゃないか?
なぁ荒忌。いつまでも過去を悔いても変わんねぇんだぜ。
過去は変わらないからこそ、取り返しがつかないからこそ前を歩めるんじゃないか?
止まって書き換えようなんてしたら今を生きる人はどうするんだ?

悪意で捻じ曲げようとするものに煽られて
悪に染める前に止めてあげられるんじゃないか?アイツをさ。
お前がまだ現実で出会えなかった子が今助けを求めてるだろう。
女の子を助けてあげるもんだぜヒーローってもんはさ!」

荒忌
「イヲラは……いいのか。それで。」

イヲラ
「俺は……俺はいいんだ。これからもずっとお前の中で生きていく。
それだけでいいさ!それとも何か俺様はヒロインってことでOK?
こまっちゃうなぁ~それほど俺様を愛てくれてるって照れちゃうぜ!
……てことはまぁこうやって話してるのは
お前自身の心の底で思ってることを俺の姿で言わせてるだけかもしれないぜ?
ほぉら不安になった。わっかりやすいなお前は!おっ?ナイフ振るか?」

荒忌
「いや。イヲラはイヲラだな。本物だ。むかつくわ。
俺が思ってる以上に煽りながらにへにへと笑ってる。
見たことないけど知ってるお前そのものだ。」

イヲラ
「背はちぃと伸びて寛容の心も多少伸びたかねぇこのおチビさんは
俺が見ないうちに大人になりやがってさ。俺をおいてさ。」

カインジレンマ

 荒忌の心の形が輝き始める

トバルカイントリウィアヘカテー

イヲラ
「俺のもう半分の心のほうが導いてるようだぜ。傷もふさがった頃だろう。
空に向かって手を伸ばすんだ。ここは意識の世界だ。
さぁ行こうか相棒。」

荒忌
「ああ。」

イヲラ
「本当はこうして好きな奴とどうでもいい昔話したかったんだろうな
もう一つの俺の心はさ。」

荒忌
「?」

イヲラ
「なぁんでもねぇよ。ほら上向けうえぇ。
ここから戻ったらお前の心の繋ぎに戻るからよ。
お前は二つの割れた心を取り戻しているんだからよ!
もう過去に戻んなよ。」

荒忌
「ありがとな。相棒。」

イヲラ
「おう。」

 つづく


創作物語はここまで。
ここからは解説パートになります。

聖書の登場人物から1体紹介。

①とばるかいん
トバルカイントリウィアヘカテー
聖書の兄弟カインとアベルの人類最初の殺人者カインの子孫。
追放された神の系譜は人の繁栄となって7世代先の人物で
初めて刃物を鍛える鍛冶の祖となった人物。

カインジレンマ
神に愛され嫉妬の果てに弟アベルを殺害した衝動殺人であったカインだが
神は見向きもしなかった彼を罰する名目で追放としたが……
カインを復讐するものには7倍の罰を受けるというある種、愛のある計画的追放をうけた。

これってやっぱり人類を罪を背負わせつつ神から切り離し、
人の繁栄を狙った4文字様の計画だとしたら本当に業が深いですよね。
アベルは計画的に殺させるための生贄の羊にさせられたし、
殺人という罪を背負わせ償い続けるため生かされたカインの血を引くトバルカインも
溜まったもんじゃねーよね。
でもそのおかげで人は自分の意志で罪を抗う方法を模索し、
製鉄の祖に至らせたのも人の繁栄という狙いどおりなのかも

だからこそ、
アメズヤラク2 アメズヤラク真の姿
知恵を持つ天使が勝手に人間に教えてしまうことを悪としたのかもしれない。
本来ならドロ人形である『人間自身』が考え生み出していくことを神は望んだのかも。

最終的に神の領域まで思考し神を増やす計画だったが
むだに人間に知恵を与えただけの猿を増やされた結果、
浅知恵だけで深く考えることを放棄した質の劣化の人間が溢れかえってしまった。
だから神は見放した!……みたいなちょっと面白い考えもできますわぁな。
シムシティのプレイヤー気分といいますか。
そら破壊もしてみようとか終末なハルマゲドンや天災コマンドも使ってみたりもしますわな。

本当に神がいるとしたら!という妄想で神が一番人間的で
『地球』という題材のゲームをしてるとしてると思うと楽しいよね。
今はアマゾンとか未開の地で変わった生物のデザインを細々とやっているのかもしれませんね。

んで、
カインジレンマ トバルカイントリウィアヘカテー
今回のデザインは『カイン・ジレンマ』の最終進化で
聖書の人類初の殺人者からそのカインの孫の鍛冶の祖『トバルカイン』という
ペルソナ的な覚醒で後期ペルソナを意識したつながりを入れてみました。
タナトス4部 ジャムシード
白黒色のジレンマ体は悩みを抱えた死の関連から、
進化して何かに目覚めて生きていく心の在り方を金色に表現しています。
子供の姿から背伸びし首まで伸びたかのような長身で、
鍛冶屋と賢者のような大人の姿になっています。
武器を振るうだけの子供ではなくなったって感じですね。

ウルトラマンの胸のカラータイマーやうでの光輪や
ウルトラセブンのようなアイスラッガーも救世主的で
武器の使い方も真に悪を倒すためにだけという意味合いにもしています。

体と首にある十字は十字架の意味合いと
荒忌の能力の十字路結界を体現しています。
この十字路に相手を閉じ込める『魔の十字路』は、もともと死の世界の能力
その持ち主はヘカテー
「死の女神」、「女魔術師の保護者」、「霊の先導者」、
「ラミアーの母」、「死者達の王女」、「無敵の女王」と別名を持ち
「ソーテイラー(救世主)」の称号を持ち
古代ローマにおいてはトリウィア(Trivia、「十字路の」の意)という形容語を付けて呼ばれた冥界の女神。

トリカブトや犬、狼、牝馬、蛇(不死の象徴)、松明(月光の象徴)、
ナイフ(助産術の象徴)、窪みのある自然石等がヘカテーの象徴とされる。

そのため主人公の一人、荒忌のナイフ術と魔術の能力は
この冥界の女神ヘカテーの能力を得たという設定で、
ヘカテーのデザインはトバルカインに含めてしまっています。

毛切ナイフを持つ死神タナトスの『イヲラ』君も取り込んで腕が4本となり
完全体創作聖人&神として血脈の呪いを受けて混ざりあった
『トバルカイン:トリウィアヘカテー』として
三叉路十字路のナイフの死神であり、その刃を作り出した祖という
過去と未来のクロスした存在にしてみました。

ーーー
LV97 刑死者トバルカイン【NEUTRAL-NEUTRAL】
物理耐性 破魔・呪殺・即死吸収 状態異常無効 戦闘終了時HP全回復

・祖なる人(敵の全員の上昇パラメーター効果を半分無かったことにする 戦闘中1回のみ)
・羨望渾身撃(敵単体の物理無効・反射・吸収を無視して大ダメージ物理をあたえ一定ターン物理耐性に耐性を落とす)
・償いの贄(自身の現在のHPを半分にして味方全員にHP大回復させバットステータス解除 現在HPに依存)
・斬天舞(敵全体に大ダメージを与えパラメーターダウンさせ味方全員にランダムでパラメータのいずれかを上昇させる)
【サポートスキル】・カインの刻印(自身に一定ターンの間にHPを0にする攻撃をした時にカウンターで7倍のダメージを与える)

アイテムドロップ
なし

◆荒忌の最終召喚悪魔でカインの変異なのでスキル内容が変動する



今週の更新はここまで!

最近更新が遅れていてすみません!
まぁそのゲーム発売とかだけでなく
創作物語の終盤なので描くイラストとか物語が必然的に長くなるので
ごめんな!!!

さて今週の更新はここまで!
不定期更新のブログですがよろしくね!


宇多田ヒカルの「誓い」を無限ループして聞いて涙してる( ˘ω˘)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

来訪者数
333333番で神殺しか御粥
ツイッターにも来てみてね
プロフィール

そとの道

Author:そとの道
ブログの誕生日08/03/14
そとの誕生日10/19

詳細DATA
.
悪魔や神話関連が大好きで青春時代
に無駄に熱意をつぎ込んでしまった
悲しい男の日記ブログ!

Infinite factorというバンドを
応援しています!(解散無念!)

絵の練習&悪魔とか描きたい!
描いて捨てるのもモッタイナイ
知識を放出したい!
そんな理由でブログ始めました。
最近は腹立たしいのでニュース記事ばかり

真女神転生シリーズの異端のデビルチルドレンから入り、悪魔や神話にドップリ浸かり、創作神話やら民話も知識として吸収中

イラストは毎週更新するつもり。


副タグリストから『悪魔辞典』で過去描いた悪魔イラスト一覧にいけます。めんどいけど名前をコピペしてブログ内検索で見てね。

ちなみに画像は
本体:ステワ・ルトゥ
(吸血内臓スライム)
パンダは飾り。
齢20代、心は40後半
鬱攻撃に弱い、精神攻撃に弱い
眼鏡っ子
素人絵だけど、ここのイラスト無断拝借使用とか少し変えて転用とか恥ずべき行為はやめてねん。
お声あれば発想力はお貸しします。

リクエストは聞くけど私はうちの子描くマン

ツイッターはじめました

画像

バナー
バナー作ってもらいました!
pixivはじめました
最新の登録30件が表示されます
ブログ内検索
文字や解説が多いので便利かも?
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
カテゴリー
副タグリスト
オカルトで分類分けしてしました
バンド応援しています!
Infinite factor        (インフィニット ファクター)
無限の要素へようこそ
画像クリックでサイトに飛びます。リンク先には礼節を
ランキング
気に入ったらポチッと押してください

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

カレンダー
更新は気の向くままです
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ミニ天気予報
意外と最近便利と感じなくも無い

-天気予報コム- -FC2-
リンク
基本的はリンクは自由です!お友達が増えるとイイナ♪
このブログをリンクに追加する
メールフォーム
なんか言いたい事があれば適当にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

マイナーからメジャーの神話などの質問や要望大歓迎
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブックマーク