FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

低気圧爆弾による負傷!衛生兵!衛生兵!ロキソニンをもってこい!

本当に春なんですかね
あまりにも寒いのと気圧が低すぎて休日ダウン。
偏頭痛持ちは生死にかかわるようなレベルの気落ちしますわ。

お出かけする気力も死んでいくんですよね。
そとのステワルトゥ
どうもそとの道です。

今回はどこにもお出かけしていないので
さっさと本編イラスト回&創作物語すすめていきましょうかね。
それではいってみよう!


ヘルトゥム
ワタシハ誰 ワタシハ女神 ワタシハ誰 

その名はヘルトゥム

ネルトゥス(Nerthus)とは、
ゲルマン人がキリスト教化以前に信仰していた多神宗教における豊穣を司る女神である。
ネルトゥスは、紀元1世紀ローマの歴史家タキトゥスにより、
彼の民族誌的な著書『ゲルマニア』の中でその存在が裏付けられている。

『ゲルマニア』において、
タキトゥスは執筆時点で遠方にいるスエビ諸族に属する複数の支族が
この女神への共通の崇拝によって団結し、ある大洋中の島で鎮守の森を保守しており、
神官のゴジだけが触れることを許されている布で覆われた聖なる荷車(holy cart)がそこに安置されている、
と記述している。
神官達はこの荷車により彼女の存在を感じ、
そして未経産の雌牛に引かれる彼女の荷車(での巡幸)に深い敬意をもって参列する。
この女神が来駕される全ての場所で彼女は祝賀と歓待を受け、そして平和が訪れる。
鉄製の物体は全て封印されて出すこともできず、戦争に出かける者も誰一人いなくなる。
この女神が満ち足りた時、神官らによって彼女は自分の神殿へと戻っていく。
その際にこの女神と荷車と布が人里離れた湖で奴隷によって洗われる、
とタキトゥスは追記している。この奴隷はその後に溺死させられる。

「ネルトゥス(Nerthus)」という名前は、一般的にゲルマン祖語の*Nerþuz
(北欧神話の神格名「ニョルズ」の直接的な祖語)をラテン語化した形とされている。
学者達は二柱の説明文に多くの類似点があることを指摘したが、
ニョルズは男性の神として確定されている。
ゲルマン民族におけるこの女神および後年の彼女の潜在的痕跡に関しては様々な学説が存在しており、
その人物は北欧神話の資料2点で述べられているニョルズが妻にした無名の姉妹と同一かもしれない、といった説もある。

歴史言語学の発展が最終的に「ニョルズ」と「ネルトゥス」の識別を可能にさせたが、
この識別が受け入れられる前は他のさまざまな名前の読み方がまかり通っていて、
その最も一般的な形式は「ヘルタ(Hertha)」だった。
この形は北欧神話の女神の名前ヨルズ( Jörð、大地)を反映する試みとして提案された。
1912年にこの話題について書いているレイモンド・ウィルソン・チェンバーズは、
「近代におけるこの女神「ネルトゥス」の歴史は奇妙である。
16世紀の学者達は「母なる大地」の名前を「ヘルトゥム(Herthum)」に訂正したい誘惑に
抗しきれなかったことが分かっており、
19世紀の学者達がそれをさらに「ヘルタム(Hertham)」、「エルタム(Ertham)」へと改変したのだ。
何年もの間、この偽りの女神がいて『ゲルマニア』第40章から正しい神格は出てこれずにいた」と述べている。

スカアルナユタ
鳴り響く太鼓の音は大いなる神の子守歌である

その名はスカアル・ナユタ

鼓手スカアル
マアナ=ユウド=スウシャイが神々とスカアルを創り出したのち、
スカアル(Skarl)は太鼓を作って打ち鳴らすと、マアナ=ユウド=スウシャイは眠りに落ちた。
スカアルは永久に太鼓を打ち鳴らす。
なぜなら「もしかれが手を休めれば、そのとたんマアナ=ユウド=スウシャイがカッと眼をひらき、
大地と神がみはあとかたも残らずに消えてしまう」からである。



イラストの解説は追記へ(創作物語を多く含みます)

創作物語4部
ブラックシルバージレンマ
【過去:各話セレクト】
▼第0夜『黒銀色ジレンマ(ブラックシルバージレンマ)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-883.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-884.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-885.html
▼第1夜『月下のサーカス』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-886.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-887.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-889.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-890.html
▼第2夜『ファントムワークス(亡霊製作所)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-898.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-905.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-907.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-909.html
▼第3夜『顔のない月夜』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-914.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-919.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-922.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-924.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-926.html
▼第4夜『死神が嗤う刻』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-927.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-929.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-930.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-931.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-934.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-935.html
▼第5夜『魂の鼓動、仮面に秘めて』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-941.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-942.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-943.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-944.html
▼第6夜『自分の役を始めよう』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-947.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-949.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-950.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-952.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-956.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-959.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-961.html
▼第7夜『愛が死を分かつまで』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-965.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-968.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-971.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-974.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-976.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-977.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-980.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-983.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-986.html
▼第8夜『えんりえど・ごんぐじょーど』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-990.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-991.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-994.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-996.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-997.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-998.html
▼第9夜『エレフセリア・イ・サナトス(自由か、さもなければ死を)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1002.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1005.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1008.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1013.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1019.html
▼第10夜『心はどこにあるのか』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1024.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1029.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1031.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1035.html
▼第11夜『夜明け前の一番暗い朝』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1040.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1041.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1044.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1048.html
▼第12夜『ココロノカタチ タマシイノイロ』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1052.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1055.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1062.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1063.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1064.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1067.html
▼最終夜『黒銀色ジレンマ(ブラックシルバージレンマ)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1069.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1072.html
ーーー
ジレンマ最終扉絵
最終夜『黒銀色ジレンマ(ブラックシルバージレンマ)』

前回の続きから
ーーー
【破綻の世界:ガナーグ・メーノーグ】
 異界化したデパート:メイザースは黒と虹色の眼に覆われ箱のようなものなっていた
 そこには倒したはずのマイノグーラの面影の凝る影女とともに
 本名那由他が不敵に笑い
アンラカシックレコード シャドウプール2 4部ほんななゆた
 
 あたりに不可視を解除した巨大な異形
 ティンダロスの大君主ミゼーアが行く手を阻んでいた
 絶望的な状況に光が差す
ミゼーア

 空に光は巨大なエルダーサイン
 旧神の契約をして旧支配者を使い魔を討つものが降り立つ
 その姿は銀色の髪をたなびかせ黒い服をまとう者
4部少年ハレット
ハレット
「さぁ終わらせようこんな劇をっ!」

 少年が飛び降りながら一撃をミゼーアに食らわせ 
 退けさせた

マイノグーラ
「姿は違えどまた私の邪魔をするか!
ハレット・ザイン・ウォーカーァ!!!」

ハレット
「ずいぶんお怒りのようだな、悪人に嫌われてるけどまぁ邪神ハンターだしな
アンタはニャルラトホテプじゃなくその従妹なんだっけか?
俺のセンサーにかからなかったから手間取っちまったよ。
念押しで邪神にも確認してきたが、こういうことだったか。」

ー 回想 ー
【邪教の協会】
ナイ神父
ナイ神父
「おやおや、こぉれはまた血相を変えてどうしましたかぁ?邪神ハンター君」

ハレット君
ハレット
「まさかしれっと復活してるとは……また次の邪神の計画とかしてるのか!ここで斬り……」

ナイ神父
「まぁっったく君は見境がない発情した尻の赤いサルですかねぇ。
北欧の蛮神ベルセルクとやらでも平常時は会話できるものですよ。
ここは君たちにとっては邪教ですが銃や剣をぶっ放す場所ではないですよ。
これだから旧神の犬っころは、まだ何も起きてないじゃないか。」

ハレット
「……だが!またお前がこの地に現れた理由があるだろう!
俺は……!この身を犠牲にしても皆を!」

ナイ神父
「はぁ。やめなさぁいみっともなぁい。正義の味方が聞いて呆れる。
我々ニャルラトホテプは人間が破滅することをしがない楽しみと考えてはいる……が。
すべての事象に我々の仕業だ!と安直にウザがらみされては心外なのですよ。
今回は『我々』は君の周りにも世界の終わりにも関与はしていない。嘘じゃない。いいね?」

ハレット
「そんな言葉信じられるか!」

ナイ神父
「まぁ聞きなさい。世界が昏睡に見舞われ、
世界の終わりに瀕している異常事態を君は正義面で止めたいと思っている。
そんな中、その事件に巻き込まれハレット君が不慮の事故や異世界に飛ばされ我々の妨害をしなくなれば
ゆったりと色んなことがスムーズに行ってほしいと思っているが、
いざ我々が直々に動くとなると今のように君が狂犬のようにすぐ噛みついてくる。邪神センサーとやらで?
そんな脊髄反射のめんどくさいやつを先に始末しないで煽ることなんかメリットがない。

つまり、今回は『我々は一切関与していない』ということだ。
正直君は何度も計画を滅茶苦茶にする害悪として信頼しているからこそだ。
こんな平和な何も企画していない協会で邪神と談笑している暇が君にあるのかね?」

ハレット
「ニャルラトホテプ!お前が今回の黒幕じゃないんだな!?」

ナイ神父
「だぁかぁらぁそぉう言ってるでしょうにぃ。
銀色のワンちゃんは行儀よくお帰りくださいませ。ほぉれハウス。」

ハレット
「うっせーな!俺を馬鹿な犬みたいな扱いすんな。警戒やめねーからな」

 勢いよく協会の扉を閉めて走っていった

ナイ神父
「『我々は一切関与していない』だが彼女がどこまでやらかすか楽しみであるからして
今回は見守るとしよう。まぁ期待はしてないがね。」

ー 回想 ー

4部頚城青年ハレット君デジタル
頚城
「!!?ハレットさん!?なんか縮んでません!?」

ハレット
「もともと大柄じゃないけど小さく可愛くなってみた!」
クトゥグア
「わたしもいるぞ。省エネで猫モードだ。」

 ハレットの手のひらから魔術印が現れ女性の声が聞こえてくる

ロゼ
ロゼッタ
「あーあーきこえてるー?ロゼッタおねぇさんだぞー!くびっきーきこえる?
今そっちにハレットさんの魔術回路を利用してゾンビパウダーを使用せずそっちに介入しようとして
言語学を応用してチャネリングで無理やり深層意識にハックしてみたんだけど」

頚城
「急に色々起こりすぎててなにがなにやら……」

ロゼッタ
「はいOK。ハレットさんがまた自己犠牲的マンになろうとしてたから止めてたんだけど
いい方法があるって浮かんだのが薬でトランス状態になるのと同じく
私の言語マスター能力をつかってシャーマニズムの交信チャンネルパスの言語を合わせてつないで、
夢の国(ドリームランド)とかいう場所の王様の力をハレットさんが一部持っているから送ってみたの!」

ハレット
「ここに来る際、俺の精神年齢がベースになったから子供になったってわけだ!
「炎の神殿」と「深き眠りの門」を越え、「夢見る人」だけが到達できる一種の別次元を通ってくるのもありだが
無理やり超えてこないと遠回りになっちまうからな。
あと遠回りしても一応邪神の類でもあるクトゥグアが普遍的無意識世界で悪影響出るかもとおもって
魔力を変異させてきたってわけだ!」

タナトス4部
イヲラ
「なんだかわかんねぇけどとにかく良しってかんじだな!?」

4部神祭時荒忌
荒忌
「つまり呪術師のトランス状態ならいいのか。
無理やり昏睡にならなくてもこの世界に介入できるってことは
うまくすりゃ皆を現実世界に帰せるってことだよな。」

シャドウプール
マイノグーラ
「ほぅ?ずいぶん勝った気でいるようじゃないか人間ども。」

4部エントマンダラ
エント・マンダラ
「みんな!あのビルだったものの眼のいっぱいの箱の様子がおかしい!!離れて!」

マイノグーラ
「そうこれこそ『真の神』を創り出す神の卵。
疑似宇宙を内在した死と破壊の果てにアカシックレコードで包み込んだ究極多重構造。
まさにあらゆる物語の始まり、光と闇が創造神を創り出す!
この世界は人の普遍的無意識にあらず!今からここをコスモとする!産まれいでよ!大神!」

なゆた
「ああ。これが私の。私たちの救世の神!!」

 パンドラの箱が開け放たれ光と闇が噴出する
 産声か開閉音かわからぬ異音をかき鳴らし
 異形の存在が顔をみせた 
 否 顔そのものが中空に存在していた

マアナユウドスウシャイ
マアナ
「…………………………。」

スキルニル 
スキールニル
「おいおいおい。ありゃなんだ……ふざけてるのかあれは……。
神……なのか。神々しいけどあれはまるで」

ハレット
「架空の神格……いやあれは俺たちも知らない神。
だが神格のクラスが創造神レベル……。」

クトゥグア
「いやあれは真の神なんかじゃない。
影女はあの箱の中を『疑似宇宙』といっていたな。なら説明がつく。
あの箱の中で宇宙の始まりを創り出し、そこで地球を再現したのだろう。
我々の時の流れをウン万倍以上の加速化させたのだろう
意図的に人の歴史や技術や魔術体系の中で拡大解釈改良され続けて
信仰の力を究極に得た模造の神。
我らのいる次元の宇宙とは別軸に進行した人の歴史を意図的に悪意に極振りした神。
『マアナユウドスウシャイ』に似て非なる神。というべきか。」

頚城
「そんな無茶苦茶なことがあるか!」

ジェナ 
ジェナ
「いいえ……可能よ。ムー大陸の技術は人間の技術と外宇宙の知恵を結晶であるように
長い歴史を重ね加速度的に極められた科学や技術は魔術に匹敵する。
模造でも別次元の人の創り出したものであってもあれは神。すべてをひっくり返す舞台装置。
まさにデウスエクスマキーナってわけね。」

デウスエクスマキナ
頚城
「前にも人々の悪魔かで生み出された『あのあれ』も……前回と似た手法。」

ジェナ
「あの影女マイノグーラは前回の当てつけに再現か、失敗した計画の一端だったか。
完全に意図的に私たちのこと根に持ってるようね。」

 巨大な顔の神マアナの目の前に人影が浮かび上がる
 歪んだ狼のようなものを周りに侍らせながらその存在が姿を現す
 太鼓の音が黒澄洲に響く

スカアルナユタ
ナユタ(那由他/影女)
「ああああ!これ満たされる心地よい安定感。嗚呼長かった。
うつろう体は常に不安でしかなかっただが、すべてが計画通りになったことですっきりした。
マアナ神と一体化した『マイノグーラ』は真に大神の従者として生まれ変わった!
我こそは『スカアル』いやこの娘も加えた三身一体『スカアル・ナユタ』と呼ぼうか。」

4部アメズヤラク
アメズヤラク
「くっ……何で俺まで助けたんだお前ら……この期に及んで何ができる。
まったく無茶苦茶だ……なんで俺の計画を全部横取りしてあんなことになってるんだ。
何様のつもりだあのアマ……。」

4部 黒金銀次郎 
黒金
「……みんなに助けてもらったのにボロボロで悪態しかつけないとは
元天使様は育ちが悪いね……。女の子をアマとかいうな……。」

荒忌
「銀!無事か!!立てるか?」

黒金
「ああ。だがこの状況非常にまずい。人数差なんて意味をなさないほどに……。」


【破綻の世界:ガナーグ・メーノーグ】

■敵陣営
マアナユウドスウシャイ
スカアルナユタ ミゼーア

マアナ=ユウド=スウシャイ
スカアルナユタ(影女/那由他)
ミゼーア

■味方陣営
4部頚城青年 ジェナ ロゼ

4部少年ハレット 4部神祭時荒忌 タナトス4部

4部エントマンダラ スキルニル 4部 黒金銀次郎

4部アメズヤラク

頚城遼太郎
ジェナ・ストライザンド
ロゼッタ・ストーンズ(ナビ)
ハレット・ザイン・ウォーカー(猫クトゥグア)
神祭時荒忌
タナトス(イヲラ/ウォーロック)
エント・マンダラ
スキールニル
黒金銀次郎
アメズヤラク(人間形態)


スカアルナユタ
ナユタ
「人数で勝てると思ってる?そんなのはこの世界では意味をなさないけど
さらに絶望を与えましょうか。あのアカシックレコードはマアナ様の為だけじゃない
人の影つまり心のシャドゥも詰まっているの。こんな芸当もできるわ」
エグリゴリ ベビーシェマ ポレスコロ
ナユタ
「このようにこの世界は死の存在しない地に帰った残骸ども(デストルドー)再度作り直し
無限のリソースとしてサイクルしさらにこいつらを食わせ合うことで」

ヘルトゥム アラクシュミー ロッソリコ
ナユタ
「新たに造神を産み出し、別の神を産み出し、倒された魔の復元も可能なのさ!
このクロスミスは神の素材を有した無限の世界。究極の世界やり直しゲーム!!
これは破滅の思想の支配者の願い。ついに実現したのさ!」

ロッソリコ
「そうこれは、はなっから勝ち目のない闇陣営の一方的な接待ゲームなのさ。
そうアンリマンユ様がアフラマズダ―の世界を滅ぼし世界を作りたいという。
ただ一つの願いにしてこの世界の主導者の野望。誰しも子供の頃に考えたであろう。
『世界征服』。そう現実的じゃない人間世界を奪って何をすると
シミュレーションゲームにしても苦労を背負うだけと。それは人間の思考の範疇の限界。
すべてお好きにしたいという彼の純粋な願いが今かなうのだ!」

4部エントマンダラ
エント・マンダラ
「いいえ叶わない。」

ナユタ
「は?この状況で強がりでは変わらないわよ?
ここから始まるのは蹂躙と虐殺。救済の存在しない一方的な地獄。
死のない世界に引きずり込まれた愚か者たちの懺悔と後悔の音色とともに
現実世界にマアナ様は降臨し目を覚ますの。それで終わり。
人間世界は夢の彼方に塵に帰すの。それを貴方達は眺めながら虚無に囚われていくの。」

エント・マンダラ
「あくまでこれが『ゲーム』という拘りでなければ、私たちに勝ち目はなかった。
途中から参加したゲームマスターさんにはこのゲームの趣旨なんて把握はしきれていなかったってことよ。
私の心の中の『ユング・マンダラ』ことユングさん……いやタイザンオーが知っている。
だからみんな!ここが最後の勝負よ!」

続く


創作物語パートはここまで!
ここからは解説パート。
著書『ゲルマニア』の女神1体とぺガーナの神々から1体紹介

①へるとぅむ
ヘルトゥム
北欧神話にも民話にも存在しないローマの歴史家タキトゥスの著書『ゲルマニア』にのみ伝わる
豊穣の女神ネルトゥスは、ヴァン神族の男神ニョルズ(ニヨルド)と関係があるとされる。

しかしこの女神の情報はタキトゥスが現地に赴いて調べた神ではなく
自宅に居ながら執筆した『ゲルマニア』は人から又聞きで書き記した為、
間違った名称の可能性や神でないものの名称かもしれないという。
彼は政治家で仲間内から賞賛されている人物だったが、
改めて『ゲルマニア』を学者が調べると神話と一致無い事が多く
彼本人は北方蛮族ゲルマン人の地に足を踏み入れたことはなかったという。

つまりソースは2ちゃんみたいなもので神話解説本を出したおじさんって感じですかね

……( ・´ヮ・`)耳が痛い話だ。
わしも海外に行ったことないマンなので意外とタキトゥスを悪く言えないね。
ヨイブヨウ
しかも拡大解釈して妖怪を怪人化させているのだからw(画像はシンケンジャーのオリジナルアヤカシ)

でもこの女神ネルトゥスが呼び方以外に色々名前がまかり通っていたため
正式な神がどんな名前かわからず、ヘルタと呼ばれていたり
母なる大地をヘルトゥムと呼びたくて仕方ない学者や
その先の時代でもヘルタム、エルタムと名前を変えていったが
語源になるものを比較して否定していった結果
女神ネルトゥスはニョルズのラテン読みで女神で妻ないしは姉妹の可能性があるというところに落ち着いたとか。

でも……その時代に完璧な神話文献があればこの女神は消えてなくなるかもね。
完全創作でなくあくまで未開の地の伝聞の女神信仰を記したものとされる。
あくまで文献として残したから存在するのでそんな奴はいないと否定できない
具乱怒物乃怪(ぐらんどもののけ)に近いものを感じますねw

今回はその名称の中で否定された母なる大地の女神ヘルトゥムを持ってきました。
つまり偽りの存在で学者が改名訂正させたかった女神の名前ということで
架空を強調したようなデザインにしてみました。

まるで死を連想させるかのような黒と白と赤で構成され
恨み妬む赤い目と開け放たれた口とわれた頭から血のよう赤い手
首や頭をつかむ白い手の跡
ネガティブで構成されたようなデザインに
女性的な造形だが手足など先端がなく背中に同じくチューブ状の支えの腕があり
現代芸術のようになっています。

古来の女神のはずなのに常に歪められてきたデザインにしています。
創作物語の黒幕によって吐き出されたヒロインの憎悪が死の世界の豊穣を与えていた
ような邪悪感で描いた。
元々このデザインでぺガーナの死の神にしようと思っていたが偽女神でこれにしました。

ーーー
LV84 地母神ヘルトゥム【LIGHT-CHAOS】
物理反射 破魔・呪殺無効

・欲情の火炎(敵単体に大ダメージを与え、大確率で状態異常:魅了にさせる火炎魔法)
・冷静の氷結(敵単体に大ダメージを与え、大確率で状態異常:沈黙にさせる氷結魔法)
・昇天の電撃(敵単体に大ダメージ、大確率で状態異常:麻痺にさせる電撃魔法)
・混迷の衝撃(敵単体に大ダメージ、大確率で状態異常:混乱にさせる衝撃魔法)
・マハオギャバブオン(敵全体に状態異常:幼児退行にさせる。)
【サポートスキル】・大地の渇望(敵全体に割合ダメージを与える万能魔法)

アイテムドロップ
大地のイマージュ(ヘルトゥムの核となるイメージ。オルゴン召還解禁になる。)

◆長期戦になると厄介な割合ダメージと状態異常つき魔法注意
ーーー
②すかある・なゆた
スカアルナユタ
ぺガーナの創造神マアナ=ユウド=スウシャイが眠るとき
太鼓のリズムで眠りにいざなう神。
ダンセイニのぺガーナの神々がクトゥルフ神話に影響を与えたとしてラヴクラフトは
アザトースの意思を叶える代行者のニャルラトホテプの構図を世界観に組み込んだ。

つまり今作のラスボス戦はヒロインの乗っ取られ暴走体として
4部アカモートななしデミウルゴス ムレクヘシュカ
名無不由美(偽名)こと本名那由他は1週目から乗っ取られ続けていて
アカモート→デミウルゴス→ムレクヘシュカとして支配されていて
神を降ろす巫女のように媒体とされていて最後は黒幕に心と体を奪われた。
彼女は常に誰かの救済を待っていたがそこに付け込まれ、
冥界の指導権を握ろうとする者たちの憑代として再度主人公たちの前に立ちはだかる。

「1度助けたのにまたかよ!」って思わせるのはわざとで
一時的な救済を求めているのでなく彼女の心は壊されているからで
彼女は心の底から人間世界を憎み破滅を願う人としてこの世界の創造者の一人として
敵として現れる。
だがそれが彼女の本心でない、ある事件から彼女の憎悪が始まっているが
彼女は一度現実世界で主人公である黒金銀次郎に救済されたことがあるが
黒幕である影女マイノグーラと破滅の思想アンリマンユの妨害により
救済された記憶を奪われているのである。

救われない少女の心を延々と憎悪を産み出す引き金にして
仮想無意識世界『黒澄洲(クロスミス)』を作り上げている。
人間が人間に憎悪することで現実世界との因果を強めているため
夢の奥底無意識世界を現実世界とつなぎ留めているともいえる。

もちろん彼女を殺すだけで世界は救われるであろうが
被害者である彼女を人類悪として切り倒すことができるのか
超法規的殺人鬼『忌家』の荒忌は何をもってして善か悪かを判断せざるを得ない状況にさせられ
那由他を救ったはずの黒金銀次郎はどうすれば彼女を救えるのか
だがスカアルという神の太鼓が止めば大神は目覚めすべてなかったことにするという
自身も犠牲にしなくてはいけないのかと絶望的な状況に追い込まれてしまう。
人間の情の前に倒された影女の復讐は人間の手で終えさせるという
非常に悪辣な計画に少女を使うというものだった。

デザインは無数の邪神の眼にまとわれ胸に太鼓のばちが埋め込まれて
疑似スカアル神に仕立て上げられたようにしています。
スカアル神の逆立つ髪の毛のシルエットを目の飾りを背中から生やしています。
誰も見ていてくれない、見ているだけで救ってくれない、
むしろ自分を汚いものとして見られているそんな気持ちや
咎人に憑く妖怪ドドメキを彷彿する眼の造形をまとわせてみました。
ロッソリコ
邪神にとらわれ悪のプレイヤーになった魔王ロッソリコと似たように
害虫のような造形なのもアンリマンユの創作物ゆえに毒虫のデザインを盛り込んでいるというイメージ。

元々ラスボスをヒロインというか悪堕ちにしたかったのは
暗殺教室のヒロイン枠であった「茅野カエデ」の衝撃的なここからが暗殺教室ですという
あの回に衝撃を受けて緑髪の地味なヒロインを敵にしたかった。
まぁラスボスは暗殺教室でも別なんですが敵にすることで真の救済の目的にしたかったって感じです。

死とか負の感情の神話や悪魔が創作4部多かったが
1週目ラスボスの偽神デミウルゴスなど大いなる神系は変わらずですが
2週目はアンリマユが悪意を現すターンでラスボスはまた大いなる系になる予定ですが
根源は1週目同様ヒロインである那由他の真の救済。

今までヒロインがずっと地味で味方野郎ばかりなのも
あえてすっぽかすためであり彼女を救う価値があるの?
世界のピンチと天秤にかけても助ける意味あんの?
って思わせるのも邪神の思惑の一つにするためちゃんとしたヒロイン枠を4部で作りませんでした。
3部の主人公たちが来たのもそっち組のヒロインが巻き込まれたからであり
いうなれば赤の他人。救わなくてもいい存在でもある。
だからこそ、メインの主人公である黒木銀こと黒金銀次郎が自身をかけて
最終決戦に挑む意味があるということで2週目に突入させました。

創作4部はヤルダバオート:デミウルゴスを撃破して
ヒロインが病院の目覚め、主人公は冥界に取り残されるという結末で終わるだけだったが
もうすこしあがいてもらうのがいいなと思って延長戦した!
書き手が一番の黒幕だ!

さぁさぁ物語も大詰めだ!
頑張って描くぞうw
ーーー
LV90 疑似鼓手スカアル・ナユタ【LIGHT-LAW】
物理弱点 魔法反射 状態異常反射

・狂神の極彩輝(敵全体に属性ランダムで3回大ダメージを与える攻撃魔法)
・過重トラウマー(相手全体に全属性のいずれか1つ弱点にステータスに付加する)
・邪神睨み(呪殺『耐性』以上のステータスを持っていない相手を一撃で即死させる)
・悪神礼賛(敵全体に中ダメージを与え、大確率で状態異常:混乱にさせ弱点を即死にする)
【サポートスキル】・微睡む大神の鼓手(自身のパラメーターを毎ターンダウンさせつづけダウン効果をうけない)

アイテムドロップ
鼓手のイマージュ(スカアル・ナユタの核となるイメージ。オルゴン召還解禁になる。)

◆弱点と即死化と複数属性魔法とえげつないコンボなので魔法を通さないようにしよう



今週の更新はここまで!
次回の更新をお待ちください!

色々つかれちゃうことばっかでなかなか更新とまってすまんな_(:3 」∠ )_


三寒四温というか三寒四寒で音の響きがわるいぜシオン!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

来訪者数
333333番で神殺しか御粥
ツイッターにも来てみてね
プロフィール

そとの道

Author:そとの道
ブログの誕生日08/03/14
そとの誕生日10/19

詳細DATA
.
悪魔や神話関連が大好きで青春時代
に無駄に熱意をつぎ込んでしまった
悲しい男の日記ブログ!

Infinite factorというバンドを
応援しています!(解散無念!)

絵の練習&悪魔とか描きたい!
描いて捨てるのもモッタイナイ
知識を放出したい!
そんな理由でブログ始めました。
最近は腹立たしいのでニュース記事ばかり

真女神転生シリーズの異端のデビルチルドレンから入り、悪魔や神話にドップリ浸かり、創作神話やら民話も知識として吸収中

イラストは毎週更新するつもり。


副タグリストから『悪魔辞典』で過去描いた悪魔イラスト一覧にいけます。めんどいけど名前をコピペしてブログ内検索で見てね。

ちなみに画像は
本体:ステワ・ルトゥ
(吸血内臓スライム)
パンダは飾り。
齢20代、心は40後半
鬱攻撃に弱い、精神攻撃に弱い
眼鏡っ子
素人絵だけど、ここのイラスト無断拝借使用とか少し変えて転用とか恥ずべき行為はやめてねん。
お声あれば発想力はお貸しします。

リクエストは聞くけど私はうちの子描くマン

ツイッターはじめました

画像

バナー
バナー作ってもらいました!
pixivはじめました
最新の登録30件が表示されます
ブログ内検索
文字や解説が多いので便利かも?
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
カテゴリー
副タグリスト
オカルトで分類分けしてしました
バンド応援しています!
Infinite factor        (インフィニット ファクター)
無限の要素へようこそ
画像クリックでサイトに飛びます。リンク先には礼節を
ランキング
気に入ったらポチッと押してください

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

カレンダー
更新は気の向くままです
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ミニ天気予報
意外と最近便利と感じなくも無い

-天気予報コム- -FC2-
リンク
基本的はリンクは自由です!お友達が増えるとイイナ♪
このブログをリンクに追加する
メールフォーム
なんか言いたい事があれば適当にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

マイナーからメジャーの神話などの質問や要望大歓迎
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブックマーク