FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

大いなる令和の災いを乗り越え ようこそ新世界へ ( ˘ω˘)ただし税率10%だ

おはようございます
恐ろしい夜が明けました。みなさんおはようございます。(人狼村風)

ええ、台風だったり体調悪かったりで相変わらず不定期更新です!

そういえば載せていなかったのびーる粘土画像をハリハリ
うちの子『チコ君』
uNt6IFV-.jpg fiDNlYQ0.jpg tkRWV5nC.jpg
意外と髪の毛が難しいかと思ったけどいがいといける!
それと素材のの混ぜた粘土でその造形はうんぴーみたいでよろしくないねw
5Gi_s166.jpg BFZy3pHZ.jpg csCr3My9.jpg
今までより大きめのサイズなので自重で垂れてきちゃうので
すわいポーズバッカになりがち問題!しかたないね!
でもこれのおかげでうちの子グッズがはかどりやす!!

結構前に触れたいネタもあったんだけどね
EGWTNNEU0AIwrlR.jpg EGWTMsLUUAEV8AL.jpg EGXDd_9U4AUw_yn.jpg
マザえもんさん&さしすせそんちょさんとか
サザザさんの坂本頼光さんの声真似トークショー見に行ったとか!

大山のぶよボイスの声真似マザえもんさん&スネ夫の声真似さしすせそんちょさんに
今月お誕生日ということで祝ってもらいました!
https://twitter.com/gedoupanda00/status/1181512343676579840

すんごい楽しかった思い出も更新しようと思った矢先の台風連発
実家の屋根が吹き飛んでしまったので明日支援に帰るつもりですが

EGl0O3kUwAAx7dO.jpg
昨日の台風対策に窓に段ボール貼ってSIRENの屍人の巣みたいになってました。
停電断水浸水の恐怖におびえながらイラスト描いたので
ぜーんぶぶっぱしてくぞ!

今週のイラスト回はそとのブログ『ステワ・ルトゥは夜に啼く』史上初めての
4枚更新&創作物語更新です!それではいってみよう!


アレイマニオス
世界は悪に満ち満ちております 天から救いの糸を求めてあがくのです

その名はアレイマニオス

アングラ・マインユ、アンラ・マイニュなどと表記されるが、
最も原音に近いとされているのは「アンラ・マンユ」。

◆「プルタルコスの『モラリア』におけるアンラ・マンユ 」
ゾロアスター教と似て非なるズルワーン教では、アフレマンはオフルマズドとともに、
ズルワーン・アカラナ(無限の時間)の双子の兄弟であり、対等な立場にいるとされる。

言語学者のエミール・バンヴェニストは、
プルタルコスの『モラリア』にある「エジプト神イシスとオシリスの伝説について」で
紹介されているアレイマニオスの神話を、ズルワーン教の神話が伝わったものであるとした。

プルタルコスによれば、マゴス僧のゾロアストレスは互いに腕を競い合う
善悪2柱の神がいるとしている。
そして、よいほうの神はテオス(神性)、
わるいほうの神をダイモン(ギリシア語で神的なものを意味する広義の言葉)とも呼ぶ。

そして、その名前はホロマゼスとアレイマニオスとする。
これは中世ペルシア語のオフルマズドとアフレマン(アフリマン)に対応するものである。
ホロマゼスは光であり、アレイマニオスは闇で無知である。
そして、両者の中間に「仲介者」ミトラがいる。アレイマニオスはまた、
飢餓と疫病をもたらすものだともされている。

ゾロアストレスはホロマゼスのみならずアレイマニオスにも
「お祓いの供物」と「悲しみの供物」を供えよ、
と教えている(悪神にも祭儀を行うという点はザラスシュトラの教えや
マズダー教に著しく反するものであり、
そのほかの様々な点からバンヴェニストはプルタルコスの解説する宗教を、
西方に伝わったズルワーン教だとしている)。

「悲しみの供物」とは、オモミという草をすり鉢でつぶして、
死者の国の神ハデスを闇と呼び、殺した狼の血に混ぜて、
日の当たらないところにたらす、というものである。

プルタルコスは創世神話から終末論までも概略を伝えている。
それによれば、ホロマゼスは光から生まれ、アレイマニオスは暗闇から生まれた。
ホロマゼスは6人の神を作った。
それに対抗してアレイマニオスは同じく6人の神を作った。
ホロマゼスは身体を三倍大きくして、星を空にちりばめ、シリウスを番人とした。
そして24の神を作り、卵の中に収めた。

アレイマニオスも同数の神々を作り、ホロマゼスの神々の卵に穴をあけ、
(一部欠落。ホロマゼスの神々をアレイマニオスの神々が引きずり出したとか、
卵の中にアレイマニオスの神々が侵入したとか考えられている)
善いものと悪いものが混じってしまった。

しかしそんな悪神アレイマニオスも、
いつかは自ら作り出したものが跳ね返ってきて完全に滅ぼされてしまう運命にある。
そのとき大地は平らになり、人々の生き方も国も、そして言語まで一つとなり、
幸福な暮らしを送るようになる。

テオポントスがマゴス僧から聞いた話としてプルタルコスが引用する歴史観によれば、
時間は3000年ずつ4つに区分され、最初の3000+3000年は両者が交互に支配し、
次の3000年は戦争を起こして片方の成果を無茶苦茶に壊してしまう。
しかし、最後の3000年は「ハデス」が滅んで人々は幸福に生きるであろう、とされている。

ドゥズダーマン
人間世界は悪であることを表したる光の神の模倣した悪の巨人 まさに救済者といえよう!

その名はドゥズダーマン

アンラマンユの別名。
「悪思者」の意。

他にもたくさんの名前を持っており一例に
マルヤ(悪漢)
アチシュタ・マナフ(最悪思)
ガナーグ・メーノーグ(破壊霊)
ドゥシュクワルナフ(悪光輪者)
ドゥズダエーナ(悪我者)
ドゥズダー(悪考者)
ドゥズワルシュターワルズ(悪行者)
ポル・マハルカ(多殺者)
ウィースポー・マハルカ(全殺者)
などがある。

アーダル
夢幻に続く光の国へ!

その名はアーダル

アータル (Atar) は、ゾロアスター教に登場する火の神。
アフラ・マズダーが生み出したヤザタの一柱で、アフラ・マズダーの息子とされる。
パフラヴィー語ではアードゥル (Adur)、アーダル (Adar) と呼ばれる。

人間に知恵と安寧をもたらし、
世界を邪悪から守護する「勇敢で善き戦士」として崇拝されたという。
また、稲妻となり、雨を遅らせようとした悪魔を退治する神話もある。

讃歌『ザムヤード・ヤシュト(英語版)』においては、
光輪(クワルナフ(英語版))を奪い合い、邪竜アジ・ダハーカと戦った。
ある時は、アジ・ダハーカは光輪を奪い取るべく罵詈雑言を吐きながらアータルに迫った。
アータルは、自分がアジ・ダハーカの体の中に入って口の中で燃え上がり、
アジ・ダハーカが地上に来られないように、決して世界を破壊できないようにする、と言った。
アジ・ダハーカはアータルのこの言葉に萎縮して退いたという。
アータルはミスラとしばしば行動を共にしており、二人でアジ・ダハーカと戦うこともあった。

アズダハーグ
すべての害悪を詰め込んでみました シェフの気まぐれ風カオスです。お召し上がりおば

その名はアズダハーグ

アジ・ダハーカ (Aži Dahāka) はゾロアスター教に登場する怪物である。
アヴェスター語ではアジ・ダハー (Aži Dahā) と呼ばれ、中世ペルシア語形ではアジ・ダハーグ、
現代ペルシア語形ではアズダハー。

名前について、アジは「蛇」という意味だが、ダハーカの意味はよくわかっていない。
インド神話の敵対的種族ダーサと同語源であるという説、
「人」という意味で「人-蛇」を意味するという説などがある。

文献的には『アヴェスター』(紀元前12世紀 - 紀元前6世紀ごろ?)が最古のものだが、
図像表現に限るならば紀元前2100年 - 紀元前1800年のバクトリアにさかのぼる。

比較神話学的には、アジ・ダハーカはインドの蛇の怪物ヴリトラに対応すると考えられている。
ヴリトラの別名であるサンスクリット語のアヒ (ahi) も、
アヴェスター語のアジ (aži) と同じく蛇を意味して言語学的に対応する。

現代では、「アジ・ダハーカ」はペルシア語で「ドラゴン」の意味で使われている。
アジ・ダハーカは、ゾロアスター教以前の古代ペルシア神話からすでに登場している。
『アヴェスター』は3頭3口6目の容姿だと描写しているが、
頭はそれぞれが苦痛、苦悩、死を表しているとも言われている。
その翼は広げると天を隠すほどに巨大である。
蛇とドラゴンの両方のイメージを備えた「有翼の龍蛇」だとみなされていた。

悪神アンラ・マンユに創造され、その配下であり、
あらゆる悪の根源を成すものとして恐れられた。
神話においては、千の魔法などを駆使して敵対する勢力を苦しめ、
アフラ・マズダー配下の火の神アータルなどとも激しく戦った。

讃歌『ザムヤード・ヤシュト』においては、
アジ・ダハーカはアータルと光輪(クワルナフ)を奪い合った。
アジ・ダハーカは光輪を奪い取るべく罵詈雑言を吐きながらアータルに迫ったが、
アータルから「自分がアジ・ダハーカの体の中に入って口の中で燃え上がり、
アジ・ダハーカが地上に来られないように、
決して世界を破壊できないようにする」と言われると、萎縮して退いたという。

その後、アジ・ダハーカは英雄スラエータオナによって討伐された。
戦いにおいては、アジ・ダハーカの体に剣を刺してもそこから爬虫類などの邪悪な生き物が這い出すため、
スラエータオナはアジ・ダハーカを殺すことができなかった。
そのため最終手段としてダマーヴァンド山の地下深くに幽閉したといわれている。

そして、終末の時に解き放たれて人や動物の3分の1を貪ることも、
最終的には神話的英雄であるクルサースパに殺されることも、すでに決まっているとされている。

時代が下ると、アジ・ダハーカの姿は竜から人間に変わっていく。
そして、イスラム教化後のイランでは、フェルドウスィーの『シャー・ナーメ』に、
両肩から蛇を生やした悪王ザッハークという名前で登場し、
フェリドゥーン(ゾロアスター教におけるスラエータオナのこと)に退治される。



イラストの解説は追記へ(創作物語を多く含みます。)

創作物語4部
ブラックシルバージレンマ
【過去:各話セレクト】
▼第0夜『黒銀色ジレンマ(ブラックシルバージレンマ)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-883.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-884.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-885.html
▼第1夜『月下のサーカス』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-886.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-887.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-889.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-890.html
▼第2夜『ファントムワークス(亡霊製作所)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-898.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-905.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-907.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-909.html
▼第3夜『顔のない月夜』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-914.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-919.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-922.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-924.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-926.html
▼第4夜『死神が嗤う刻』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-927.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-929.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-930.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-931.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-934.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-935.html
▼第5夜『魂の鼓動、仮面に秘めて』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-941.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-942.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-943.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-944.html
▼第6夜『自分の役を始めよう』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-947.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-949.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-950.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-952.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-956.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-959.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-961.html
▼第7夜『愛が死を分かつまで』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-965.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-968.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-971.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-974.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-976.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-977.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-980.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-983.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-986.html
▼第8夜『えんりえど・ごんぐじょーど』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-990.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-991.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-994.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-996.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-997.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-998.html
▼第9夜『エレフセリア・イ・サナトス(自由か、さもなければ死を)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1002.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1005.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1008.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1013.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1019.html
▼第10夜『心はどこにあるのか』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1024.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1029.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1031.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1035.html
▼第11夜『夜明け前の一番暗い朝』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1040.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1041.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1044.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1048.html
▼第12夜『ココロノカタチ タマシイノイロ』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1052.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1055.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1062.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1063.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1064.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1067.html
▼最終夜『黒銀色ジレンマ(ブラックシルバージレンマ)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1069.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1072.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1078.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1082.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1085.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1086.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-1087.html
ーーー
ジレンマ最終扉絵
最終夜『黒銀色ジレンマ(ブラックシルバージレンマ)』

前回の続きから
ーーー
【極楽の世界:スカーヴァティー・メーノーグ】
 極楽浄土の蓮花池の中央に大きな蓮の花が咲いていた
 花弁が開花するようにひろがった花は手のようでもあり
 花を支えていた茎も手のように動いていた
 蓮華座の部分には無数の天をつかもうとする血の色めいた腕がうごめき
 なかには人のようなものがこちらを見ている
 そして中心にぎょろりとした目玉がぐるぐると回っていた
ラスボスアンリマユアンラマンユ
アンリマユ
「我は原初より世界を見続け、
善と悪の永久の戦いの中で人々に悪を説く者。
すべてを破壊し、否定し、蹂躙せし者。
弱者を殺害し、殺戮し、全殺する者。
人間の善悪の彼岸が決する終末の日まで、我は世界を問い続ける神。
我は悪神『アンリマユ』。ようこそ人間。そしてさらばだ人間。死ぬがよい。」

 カッと見開いた眼から放たれるいびつな光線を光る五朴星が受け止める

4部エントマンダラ
エント・マンダラ
「くっ!!みんな無事か!!
……あの光はこの仮想世界そのものを作り変えてしまうほどの力だ!」

アンリマユ
「その寄せ集めの魂の器でいつまでもたせるというのだ?」

キングオブワンズ
黒金
「いいや、一人の力じゃない。一つに束ねた力だ!」

4部イヲラアライミ 
荒忌
「今俺にはイヲラと共にいるしな!負ける気がしないね!」

4部アメズヤラク
アメズヤラク
「人間の心の力ってのはかなり強いらしいぜ魔王さんよ」

4部頚城 ジェナ
頚城
「持ちこたえることができれば……ハレットさんが!」

ジェナ
「私たちだって今まで戦ってこれた!皆でとを合わせれば!」

4部ほんななゆた
なゆた
「…………ダメ!……戦っては……!こいつは!」

アンリマユ
「愚かなり光の神の創造物たる人間よ。
この世界が何のために存在し、何故この世界に招かれたか……。」

 光線が消えた瞬間、周囲の空間がゆがみ無数の目が現れる
 それはデストルドーと呼んでいた死の欲動であった
 周囲に現れたデストルドーがエネルギー奪い始める

エント・マンダラ
「ぐぁあああああ!!空間そのものに介入だと!!」

アンリマユ
「この世界は現実の目に見える物質世界(ゲーティーグ)の影写し。
ここは霊的世界(メーノーグ)であり、この世界基盤を作ったのは光の神ではない。
この世界の支配者はこの我よ。死の欲動は我が思考に同じ。
ユングと名乗る者よ。あさはかなり。天使も同様に。哀れなり。
『空に浮かぶ月』は、お前たちが求める王権光輪(クワルナフ)だ。
あれに介入することでこの世界、黒澄洲(クロスミス)と名付けた架空の街すべてにアクセスできる。
そう。ヤルダバオート神の箱庭の仕組みを真似て、創造神の真似事ができる。
そしてこの世界で生み出した概念や物質や神性を現実世界に送り出すことができる。
なんとも素晴らしい仕組みだ。」

黒金
「くっ……つまりその仕組みをもともと用意したのも……アンタだっていうのか。
つまり予定調和の茶番だってことか!」

アンリマユ
「その通り。すべてに意味などない。
この世界から出るために殺し合いをすることも。
アーキタイプを得て完璧な心の形になることも。
自由に出入りできる悪人もすべて我の匙加減よ。
なぜならば『悪王権光輪(ドゥシュ・クワルナフ)』は我が所有物であるが故に。
貴様のハッキング能力は『かの神の息子』というべきか。
取るに足らないと見逃していたが……。
お前たちもこの世界の構成物と同じなのだ。ゆえに思い通り。
我が一部となり果てるがよい!」

エント・マンダラ
「このままでは力を吸い尽くされてしまう!!
仕方ない宴人……。このカラダ……僕に預けてくれ。」

 あたりのデストルドーの目を祓う様に強い光があたりを照らす。

アーダル
アーダル(エント・マンダラ)
「お前の思い通りにはさせないぞ破壊霊アンリマユ!
ヤズドの名をもって悪を誅するもの。
人間に知恵と安寧をもたらし、世界を邪悪から守護する「勇敢で善き戦士」
火の神『アーダル』ここに再臨!」

頚城
「姿が変わった!!……いやあれがユングさんの本当の姿!?」

アーダル
「今まで……黙っていたが、これが僕の元の姿だ。人の姿を借りて今まで傷をいやしていた。
隠していたのはすまなかった。
だがこの世界に暗躍するものを引きずり出すために共に戦ってくれる仲間に……
『自分が原初の光の神の子』だ……なんて余計に混乱させるだろう。
……まぁもっと後に取っておきたかったんだけどね。」

なゆた
「そうだよね……誰を信じていいのかわからない状態だもの。」

ジェナ
「でも今なら!大丈夫!」

アンリマユ
「フッ。中級ヤザタ神族ごときが最高神率いるアムシャ・スプンタでもない、
人間の信仰の力がないとろくに活動もできない神が一人増えたところで……」

アーダル
「どうかな?アンリマユ。
アンタでもこの世界の基盤に乗っ取って動かねばエネルギーを蓄えることができない仕組みにしたんだ
同じく人間の負の信仰をこの仮想空間に集約し悪の信仰を得て
この世界で自身の体を得て完全体となって地上に降臨するつもりだったのだろう。
僕は『王権光輪(クワルナフ)』を浄化し扱える力がある。
アンタの好き勝手に作り変え行動を阻止するのも容易い。
この霊的世界(メーノーグ)では対等だ。お前の攻撃を受けきれるし。
お前にとどめを刺すことができる。破壊霊に霊体で攻撃できるのだから。」

アンリマユ
「浅はかだといっただろう。この世界は確かに霊的世界(メーノーグ)だ。
霊と霊で殴りあうことができるだろう。
だが、お前たちに脅威を与えた物質世界のものを持ち込むこと。
それができたことを忘れているだろう。霊体では完全に壊せないもの。」

アメズヤラク
「俺のエンゲージドライバー!現実世界から持ってこれたのもあいつの」

アンリマユ
「そして我が『悪王権光輪(ドゥシュ・クワルナフ)』の権利で、
現実世界の『物質』の質量をここに持ち込んでみよう。
持ち込むのは……通称:昏睡薬ゾンビパウダー。
それは我が体の一部『悪霊摩爾御子(アレイマニオス)』。
そう人間を悪性にする我がアンリマユ因子。それをこちらにすべて呼び込む。」

荒忌
「意味が分かんねぇ。そんなものをこっちに持ってきてなにになるんだ。」

黒金
「自分の……分身をもう一つ。物質世界のアンリマンユをもってくるということか!」

アンリマユ
「その通り。この世界はあくまで因子を増産するためのシステム。
その因子を育てはぐくむのは人間たち自身だ。世界は悪でできている。
今や現実世界では体内に摂取したものは魂をこの仮想世界に堕とされ、
いまや昏睡事件は世界中で起きている。
がら明きになった人間の体を悪魔の器にしていたがその必要もない。
悪魔だけじゃない、もとより無数にいた悪性人間によって
昏睡した人間ばかりの貧弱な世界の国々は悪性に乗っ取られ世界情勢は崩壊寸前だ。
世界に満ち満ちている。光の神が作り出した完成された国とはなんだったのか。
なぁ、アーダル。お前の父の生み出した世界が本当に光だったのか?
今からこちらに持ってくるアレイマニオスはどれだけの悪性なのだろうか。」

 黒澄洲の空に浮かぶ月の輪がいびつに広がり
 けたたましい金切り声とともに無数の黒い塵が下りてくる
 そしてその塵が一つに固まりアンリマユを包み込む

アンリマンユ
「さぁ、我が物質世界の体を受けとるがいい。」

 アンリマユの頭部に絡まる人型が吸い込まれていく

アレイマニオス
アレイマニオス
「あぎゃあああああぎゃぎゃgyがyがっや!」

アーダル
「なんだこれは……物質世界と霊的世界の両方の特性を……!
させるか!!!」

 アーダルの炎がアレイマニオスを焼くはずだった。

アンリマユ
「これは儀式に過ぎない。アレイマニオスはあくまで真の神になろうとしている前段階だ。
その邪魔をしないでもらおうか。
あれは君たちの世界が望んだ『死の救済』の体現だ。
そう何を隠そうこの世界の彼女の理想を体現しようとしたまでだったんだよ。
なぁ、わかるだろう『本名那由他』」

なゆた
「……わたしの……りそう?」

アンリマユ
「自身の身に起きた暴力。救いのない悪意。逃れたい痛み。声の届かない町
そんなものをすべてなくした。静かな街。みんなが助け合う楽しい家族。
あくまで、明けない夜はヤミーの希望であったり、家族ごっこの家族の代用が荒忌であったりと
総合したものだが……居心地が良かったろう?」

なゆた
「わたしは……わた……しは……しにた……かっ」

黒金
「聞くな!!なゆた!!あいつは精神世界の悪の魔王だ!
そんな世界に変えたきっかけも原因もすべてあいつのマッチポンプだ!!」

アーダル
「そのとおりだ。あいつは光の神アフラマズダーの作った人間の世界を穢すことで
自身の正当性を主張しているだけだ!那由他は被害者だ。何も悪くない。」

アンリマユ
「ならば、本人が否定すればいいことだ。
この世界で暗躍していたジャヒーに色々な思惑に体を委ねた結果、我は力を取り戻し
この悪考者(ドゥズダー)を生み出すに至った。」

 アレイマニオスを包む黒い霧が晴れて一体の巨人を生み出した

ドゥズダーマン
ドゥズダーマン
「我の名前は悪考者『ドゥズダーマン』。我が証明しよう。
人類史は悪に満ちた退廃で冒涜的な滅ぶべき光の零落の象徴だと。」

 火の神アーダルはこの二つの悪神が揃いすべてを取り込んだ先に待つ
 神話時代の最悪な怪物の姿の復活を

アズダハーグ
???
「アーダルめぇえええええええきさまだけは……」

アーダル
「このままでは……このままでは……!!」

つづく


創作物語はここまでここからは解説パートです。
ゾロアスター教のアンラマンユのシリーズから2体

①あれいまにおす
アレイマニオス
プルタルコスの『モラリア』の悪神アンリマンユに対応するダイモーンで
光の神オフルマズド(〈英智(マズダー)の主(アフラ)〉の意)に対応する
光神ホロマゼスと対する悪神。
神々の卵に自身の悪の神の配下を潜り込ませて善の神を追い出したとする。

アンラマンユ ラスボスアンリマユアンラマンユ アンリ・マンユ 
アンリマンユ アンラマンユアフリマン
いままで描いた悪神アンラマンユシリーズの別の神話での同一視を持ってきました。

創作4部今回のラスボスデザインの「アンリマユ」は誰かを搭乗者にして
世界創造をさせる機械として暗躍していました。

そのキャラクターを救出したので搭乗者はNPC君になったので、
仕方なく地上でばらまいた自身の粒子をかき集めて、NPC君を取り込んだ姿が
この悪神アレイマニオスという存在にしてみました。

『世界を汚染するもの』としてのエピソードを利用し、
仮想空間である『黒澄洲(クロスミス)』を神の卵にして中で悪神を育てるようにして
グノーシス神話のヤルダバオートの自身が創造神だと思い込んで、その世界で神を創る話に寄せていたりします。
モチロンその神は同様に悪神で無知であるというのは、アンリマンユの影響だと思うので
すべてはアンリマンユに帰すということでこの別名もデザイン化しました。

モチーフは今回のラスボスが惡の華であるアンリマユなので
天界の華に嫉妬した自身が蓮華の華のようにして、下部を地獄のようにし
天国と地獄で悪神と善神の関係を表して、芥川龍之介「蜘蛛の糸」をモチーフにしています。
なので釈迦が垂らす蜘蛛の糸に亡者とともにしがみつくカンダタのようにしています。
蜘蛛はアンリマンユ様の創造した毒虫の一つ。ちょうどよいですね。
蜘蛛の背にあたる苦悶の顔には目の中にまた人の顔になるような3点のシュミュラクラ現象になる部分の
腕の穴が「9」になってるのも世の中の「苦」にまみれている
誰もが救済を求めている表現になっています。

NPC君も悪意に食われ自我が芽生えスプリットタンや舌ピアスで
自己虐待な快楽追及表現でより凶暴性を増しているデザインになっています。
もともと喪に伏したようなおとなしい囚人だったのが悪の道により開花したような感じになりました。

そしてこれが進化して次に続きます。

ーーー
LV100 悪意志合体アレイマニオス【Ex.DARK-CHAOS】
物理・魔法・状態異常耐性 

・暗黒に染まる空(味方全員のHP・OPを全回復させ敵全体に状態異常付加率UPさせる)
・マジカルアブソーバ(味方全体に魔法を吸収する障壁をつくる魔法 重ねがけ不可)
・デッドエンドデスキル(敵全体にあらゆる障壁魔法をすべて破壊する魔法)
・マハグラダイン(敵全体にHPを8分の1にする割合ダメージの重力万能魔法)
・悪神変異(HPが半分以下になったときドゥズダーマンになる)

アイテムドロップ
悪霊摩爾御子のイマージュ(アレイマニオスの核となるイメージ。オルゴン召還解禁になる。)

◆支援型のボスのサポート悪魔なので早めにHPを削ってしまおう

ーーー
②どぅずだーまん
ドゥズダーマン
ドゥズダー(悪考者)という称されるアンリマユの別名の一つ。

前に書いた
アコーマンヒューマン
アカマナフの別名アコーマンは悪のヒューマンとパフラヴィー語形ではアコーマン (Akōman) にかけたものでしたが
それと同様「ウォフ・マナフ(善い意思)」や「アチシュタ・マナフ(最悪思)」というのがあるので
「マナフ」は「意思」の意味で現代的な言い方だと「マン」になるようで

人の進化体ともいえる光の巨人でウルトラマンとかの〇〇マンを合わせた
悪の人の進化体で悪の巨人で偽ウルトラマンや悪トラマンな意味合いで
「ドゥズダーマン」をデザイン化してみました。
これ以外のタイミングで出しそびれそうなのでね。
ほら今ウルトラマンタロウの息子なのにタロウ怪獣でないタイガやってる間じゃないとね
やっぱ過去作にも愛があるゼロやオーブのような怪獣愛がほしいよね。トレギア仕事しろ。

話は戻して、
ドゥシュクワルナフ(悪光輪者)というのも別名にあるのですが、
クワルナフ(光輪)というゾロアスターによく出てくる丸型蛍光灯みたいなオーブリングみたいな
あれを持つと地上を統べることができる王の権力の象徴なので
ウルトラマンの胸のカラータイマーのように光輪をはめ込んでいます。

デザインはアレイマニオスの進化体なので引き続き「蜘蛛の糸」のカンダタモチーフ。
釈迦の蜘蛛の糸に救ってやろうとしたカンダタのあとに亡者が続き
これでは糸が切れてしまうと自分だけが助かろうとした姿を見て釈迦が糸を切ってしまい
亡者とともに地獄に落ちていくイメージなので天をつかむポーズと
腰のマントのように赤い亡者の腕を下に伸ばしています。
体のウルトラマンの体の模様のようなところも蜘蛛の糸ようにもしていたりする。
スパイダーマンとウルトラマンのあいの子ですかね?ツクテーン

……てか釈迦さん?もともとカンダタだけを気まぐれで救おうとしたのに
自分だけ助かろうとしているから地獄に落とすとか天界のLAWはまじでなんだよってなりますわなw

悪のウルトラマンシリーズがモチーフなのですが
それだけがやりたかったわけでなく、アンリマンユに魅入られた魔王『ザハーク王』を
ザハーク王
今作用に書き下ろしたく裏モチーフで描いたのですが蜘蛛と蛇がごちゃごちゃになりそうだったので
顔のデザインだけウルトラホーンなザハークさんを採用。
ざはーく
古今幻想事典wikiアンラ・マンユ
このサイトではアンラマンユとしていますが、
画像検索で海外のサイトを見るとザハークとかかれてました。

ーーー
LV110 悪考怪神ドゥズダーマン【Ex.DARK-CHAOS】
物理・魔法・状態異常無効 万能弱点 

・斬々舞(敵全体に大ダメージを与え味方全員にすべてのパラメータのいずれかを上昇させる斬撃)
・ドゥズダー光線(敵単体に超ダメージを与え、バフや壁など永続以外の付与効果を打ち消す万能魔法)
・ドゥズダーダイナマイト(敵全体に超ダメージ火炎物理)
・八つ裂き闇輪(敵単体に超ダメージ+耐性がない相手を即死させる呪殺物理)
【サポートスキル】・世界は闇ありき(ダメージを受けない限り耐性の無効を打ち消せないスキル)

アイテムドロップ
悪考者のイマージュ(ドゥズダーマンの核となるイメージ。オルゴン召還解禁になる。)

◆ラスボスのサブユニット的な扱いなので早めにコスモスで倒そう
ーーー
③あーだる
アーダル
ゾロアスター教の中級霊ヤザタに属する炎の神。
光の総大将であるアフラマズダーの息子。
インド神話の炎の神アグニと同一視される神。

一般的には『アータル』と呼ばれる
光の輪『クワルナフ』をめぐって
アジダハーカ
邪竜アジ・ダハーカを撃退した光の戦士!

モチーフは『ウルトラマンメビウス』
39c7d74048.jpg
宇宙のに生まれた原初の光のアフラマズダーと闇アンリマンユの戦いなので
宇宙人という宇宙の神としてその息子のウルトラマンシリーズにしようとして
ゼロやタイガを考えたけど、アータルは古い神なので中堅だけど若手っぽいポジションの
メビウスにしてみました。
童顔ウルトラマンでいつまでも弟分のようでもありながら兄貴ポジのようでもあり
暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人を倒した功労者なのでアータルにぴったりかなと。

稲妻で敵を倒す伝承がメビウスのブレイブフォームやブレードが丁度よいなと

完全にメビウスのデザインに寄せているが髪と耳飾りの目の模様が「火」の形だったり
胸のカラータイマーが光輪クワルナフでドゥズダーマンと対比になっている。
インド神話のアグニ要素として花の柄のようにカラータイマーの胸の周りにつけています。

ゾロアスター教ではインドの神(デーヴァ)は悪魔(ダーエワ)になるように
やっぱウルトラマンとの親和性は高いねゾロアスター教。

ーーー
LV120 光輪炎神アーダル【LIGHT-LAW】
魔法無効 物理・呪殺弱点 破魔吸収

・ウルトラチャージ(次のターン物理・魔法攻撃の威力が3倍になる)
・アータル光線(敵単体にランダムで2~8回ダメージを与える破魔技)
・八つ裂き光輪(敵単体に超ダメージを与え、一時的に破魔弱点に上書きする破魔技)
・不滅の太陽(敵全体に火炎属性耐性を貫通に上書きし大ダメージを与える火炎魔法)
【サポートスキル】・スーパープルーム(敵全体に大ダメージ、状態異常:魔力破壊にさせる火炎魔法)

アイテムドロップ
光輪炎神のイマージュ(アーダルの核となるイメージ。オルゴン召還解禁になる。)

◆最終戦で仲魔にできる破魔と火炎の特化
ーーー
④あずだはーぐ
アズダハーグ
原初の悪の神が作り出した最高傑作とされる三頭三口六目の有翼蛇竜。
1000の魔法をあやつり炎の神アータルと戦い、光の王権の輪クワルナフを奪い合った。
傷口からは毒虫や毒の爬虫類が生み出され人間や獣を食い尽くすというとされ
世界の終末に幽閉からときはなたれるという。ダハーカ蛇。
のちの伝承ではアンリマユにかどわかされたザッハークという人食い王の姿で現れる。

0924_1_photo.jpg ラギュ・オ・ラギュラ
やりたかったのはウルトラマンモチーフのキャラに対する『ゼットン』と
ワイルドアームズの隠しボス『ラギュ・オ・ラギュラ』的なゼットンオマージュ怪獣
当初は宇宙恐竜ということで黒いパーツだけのゼットンオマージュにしようかと思ったのですが
ゼットンはカミキリムシモチーフ怪獣なので、
アジダハーカの伝承の毒虫を生み出すところから本体以外は虫にしようと思い
お蚕様 蚕子 okaiko.png
『SIREN:New Translation』のラスボス『蚕子』様影響もあって
虫の一部をはやしてみました。
腕は幻のムカデヤンバルオオムカデ
スズメバチの羽、サソリの尾に肩の飾りはロイコクロリディウム
ちなみにロイコクロリディウムのあの模様は虫本体の色ではなく、
寄生虫の袋で中に白い米粒の幼虫たちがロイコクロリディウムなんだそうな。
食べてと幼虫が動いてるのではなく袋が動いているだけで、
中の幼虫自体は動いていないゆりかご形式なのかもね。

人の心に住み着く悪意なので寄生虫なところで『真・女神転生if...』のパラサイトのように
髑髏顔、腕4本(頭3つのうち2本は肩)尾っぽなどオマージュでいれてみました。
イフはアンリマンユ様もいるからちょうどいいね。

1000の魔法やいろんな虫のキメラ的なところから色んなゲームのラスボス要素を盛り込んでみた
ある種出したかった異形アンリマンユの一つということで急遽書いてみたが、
ゼルヴァナアカラナ
やっぱこっちのほうがまとまってるのでこのアズダハーグはバッドエンドに召喚されて
地球が終わる的なイベントスチル用とするのがいいのかもね!

なのでステータスはなしで!



いやぁ長い!
今週の更新はいったんここまで!

てか更新が滞っていたとはいえ4体はやりすぎ!
創作物語も最終回までは長すぎたので分割ですよ!!
でも描いてる本人が楽しければこれは正義です!

アンラマンユシリーズを描きたいのとウルトラマンネタを描きたいという思いを
消化してからじゃないと本に出せないなとおもったりなので
気長に待っておくれやす!!

さぁ……心の疲れもあるし明日は千葉の復興にいかねばならんのでおやすみなさい!


10月はね……悪いことばかりじゃないんだよ!がんばるだよ!そとの!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

来訪者数
333333番で神殺しか御粥
ツイッターにも来てみてね
プロフィール

そとの道

Author:そとの道
ブログの誕生日08/03/14
そとの誕生日10/19

詳細DATA
.
悪魔や神話関連が大好きで青春時代
に無駄に熱意をつぎ込んでしまった
悲しい男の日記ブログ!

Infinite factorというバンドを
応援しています!(解散無念!)

絵の練習&悪魔とか描きたい!
描いて捨てるのもモッタイナイ
知識を放出したい!
そんな理由でブログ始めました。
最近は腹立たしいのでニュース記事ばかり

真女神転生シリーズの異端のデビルチルドレンから入り、悪魔や神話にドップリ浸かり、創作神話やら民話も知識として吸収中

イラストは毎週更新するつもり。


副タグリストから『悪魔辞典』で過去描いた悪魔イラスト一覧にいけます。めんどいけど名前をコピペしてブログ内検索で見てね。

ちなみに画像は
本体:ステワ・ルトゥ
(吸血内臓スライム)
パンダは飾り。
齢20代、心は40後半
鬱攻撃に弱い、精神攻撃に弱い
眼鏡っ子
素人絵だけど、ここのイラスト無断拝借使用とか少し変えて転用とか恥ずべき行為はやめてねん。
お声あれば発想力はお貸しします。

リクエストは聞くけど私はうちの子描くマン

ツイッターはじめました

画像

バナー
バナー作ってもらいました!
pixivはじめました
最新の登録30件が表示されます
ブログ内検索
文字や解説が多いので便利かも?
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
カテゴリー
副タグリスト
オカルトで分類分けしてしました
バンド応援しています!
Infinite factor        (インフィニット ファクター)
無限の要素へようこそ
画像クリックでサイトに飛びます。リンク先には礼節を
ランキング
気に入ったらポチッと押してください

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

カレンダー
更新は気の向くままです
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ミニ天気予報
意外と最近便利と感じなくも無い

-天気予報コム- -FC2-
リンク
基本的はリンクは自由です!お友達が増えるとイイナ♪
このブログをリンクに追加する
メールフォーム
なんか言いたい事があれば適当にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

マイナーからメジャーの神話などの質問や要望大歓迎
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブックマーク