• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

ボノボる新世界にスピードワゴンが来い!

ノーボノボ ボノボハダメデス

どうもそとの道です。
急激に冬が来て風邪ひいてダウンしてました。
今日も普通に更新していくよー。

今期アニメはヨルムン2期、ジャイロゼッターにイクシオンサーガDTにジョジョの奇妙な冒険にとなりの怪物くん
あとは実況板ありきでモンスーノ(クッキー野朗のチェイスとベヨネッタBBAが嫌いじゃない)
他色々切っちゃってたんですが

すごいね『新世界より』の8話みたけどホント解説役のスピードワゴンさんがほしかったぜw
ボノボ 百合 やおい
同性カポー率。男キャラの濃厚なベロチューとか百合百合なキマシタワー展開とかな
作画の安定しなさで誰アンタになるけどやおいシーンだけなんで気合入ってるんでしょうかねぇ
ほんとに新世界やったわ…

ボノボるとは個体間の緊張やストレスが高まると、濃密な性的接触によってそれを解消する。要するにエロい事をして争いを回避するのである。それも性別に関係なく、オス同士、メス同士でもその行為は行われる。
ただし妊娠する可能性がある行為だけは特別な許可が必要という新世界。

そうだパンティーッ!!パンティあげちゃうッ!っつってホカホカしはじめちゃうんだろ。
なんつーアニメだ。(エルメェスの兄貴関係ないやろ!)
8話以降からがすごいらしいので見たいけど、原作無しじゃほぼ解説されないとわからないと言われてるのでなやみどころ。

まぁ楽しみにしておこう。

さて風邪でゴホゴホしてますが
通常更新していきます!
イラスト回行ってみよう!


ロイガース
にょにょにょ!人類のくせになまいきにょ!

その名はロイガース

ロイガー族(Lloigors)
クトゥルフ神話に登場する種族。
星間宇宙の風に乗りて歩むもの、星を踏み歩くもののロイガーとツァールとの関係は不明。

コリン・ウィルソンの『ロイガーの復活(The Return to the Lloigor)』に登場する種族。
同作品はウィルソンがクトゥルー神話を取り入れながら独自の世界を展開した作品であり、ロイガー族はこの作品における〈旧支配者〉的な存在である。

この種族も名こそ同じだが『星間宇宙の風に乗りて歩むもの』であるところのロイガーとはかなり趣を異にしている。

作中ではロイガー族は邪神ロイガーの、一族の首長的存在である『暗黒のもの』ガタノトーアは邪神ガタノトーアのルーツとしている。
ロイガー族は不可視、不定形の〈力の“渦”〉として存在する種族であり、人類のように個人単位で独立したり、意識、無意識、超意識が分離したりしていない統合体としての精神を持っている。

もっとも、彼らは可視の姿をとる事もでき、緑色で、蛇や悪魔を思わせる忌まわしい貌をした『海の怪物』ヤムビとしてムーのシンボルとされていた事もあった。

彼らは太古の昔、宇宙の彼方(一説によるとアンドロメダ星雲)から地球に飛来した。
無意識や超意識というものを持たず、宇宙の現状を余さず捉えて受け入れた彼らは、極めて悲観的な精神構造を持ち、それを生活の基本としていた。
しかし、そうした彼らの性質は、いまだ若く、発展の道を辿っている若い惑星地球からは反発と敵意を以って迎えられたので、ロイガー族は地球での生活するために楽観主義に立って自分達の手足として働く奴隷として人類を創り出したのである。
2万年前から2千年前にかけてムー大陸ではロイガー族が奴隷である人類を酷使して生活していた。
 
その後、ロイガー族は地球の環境の中で急速にその力を弱め、対照的に奴隷達は進化し、人類と呼ばれる存在となった。
やむを得ず、ロイガー族は自分達の力を高密度で石や岩に封じ込め、新陳代謝を低下させるために、地底や海底へと退いた。
また、レバノンのシドンやセイロンのアヌラーダプラでのように水の底に棲み潜む場合もあり、この場合には、その水に粘りつくような緑色や青味がかった灰色が現れる。
 
時折、彼らは故意に、或いは偶然に、拠り所である石や岩から噴出して大量のエネルギーを振りまく事があり、それによって消滅したムーやアトランティスを始め、世界各地にその痕跡が残っているという。

ぺリュトン
人間の影がうめぇんだよ 影がよぉお!

その名はぺリュトン

ペリュトン (Peryton) は、アトランティス大陸に棲んでいたとされる怪鳥の一種。
地中海でも目撃されたという。

鳥の胴体と翼、牡鹿の頭と脚を持った姿をしている。
自身の影を持っていないが、光を浴びると人間の形の影ができる。
故郷から離れた場所で息絶えた旅人の霊だとも言われる。

ペリュトンは、人間一人を殺すと、自身の本来の影を取り戻す事ができるために人間を狙っているという。
影を得れば、また影が無くなるまで人は襲わない。 群れで人間に襲い掛かるとされている。

プエラプエル
自分の影を背負うことをしない者

その名はプエル・エテルヌス プエラ・エテルナ

永遠の少年(プエル・エテルヌスpuer aeternus)
永遠の少女(プエラ・エテルナPuella aeterna)

カール・グスタフ・ユングが提唱した分析心理学(ユング心理学)における概念の元型(アーキタイプ)の一つ。

永遠の少年(プエル・エテルヌス)……『永遠の少年』は、大人へと成長することがなく、永遠に若々しく美しい身体と純粋無垢な精神を維持し続ける少年のイメージを有する元型である。

『永遠の少年』は、身体的にも精神的にも成熟し世俗化する事がなく、少年のままに生涯を終えて、グレートマザーへと還元されていく。そして、グレートマザーの母胎内から再び永遠の若さと純粋さを維持する少年として再生するのである。

プエル・エテルヌスは、大人の世界の策謀や欲望の波浪に呑み込まれることを嫌って、永遠に高潔で清純な自己の身体と精神を維持し続けようとするが、それは視点を転換すれば、厳しい大人の現実世界からの逃避であり防衛である。

その為に、『永遠の少年』は、グレートマザーの保護や愛情による支配から完全に脱却することが出来ず、永遠のマザーコンプレックスを背負い続けなければならない未熟で無力な存在の象徴でもある。

現代社会の若者の中にも、ひきこもりやNEETといった心理的社会的現象を通して、現実社会の厳しさや社会構成員としての責任の重さから逃避したいという『永遠の少年的願望』が垣間見えることがあるが、その場合には、往々として保護的で優しい母親(家族)が子どもを守っていることがある。

『永遠の少年』には、子どもならではの天真爛漫な自発性があり、純粋無垢な無邪気さやかわいらしさがある。
また、大人のように法規範や既成概念に束縛されないので、自由奔放な創造性や活動性といった優れた特徴を持っている。

しかし、『永遠の少年』は、社会に適応できない人格像でもあり、一つの事柄に集中して粘り強く取り組むことが出来ず、社会的に要請される義務や責任を果たす忍耐力や能力にも欠けているといった短所も併せ持っている。




イラストの解説は追記へ(今回も創作物語多めで)

幻の大陸産の魔物と創作神話からと心理学から2体紹介

チャプター7
チャプター7 未知なるムーを夢に求めて/夢幻理想郷

前回チャプター6のボス撃破後から

街の様子がおかしい…夜活発になる悪魔が昼間にも現れ人を襲っている。
殺された人がさらに悪魔化して人を襲っている。
誰もこの楽園からは出られない。脱出を試みるものは情報漏洩大罪者として処分されていく。
救いを求めて人は祈る。
神でも仏でも天使でも力を貸してくれるなら悪魔だって。
人をイケニエに捧げる宗教にだって助かる為に入信する。
楽園のセンターから支給される対悪魔装備は当てにならないが延命のために強化パッチを使う。
人々はおのれに正直生き始めた。

黄昏の戦争は始まっている。

主人公たちのいる所に敵の秘密魔術結社の大幹部『十傑集』の2人が現れた。
ガガ ジョージ
復讐の女神(フリアエ)のガガ・レイコと
偽神(プセウドテイ)のジョージ・ライヘンバッハの同時襲撃。

しかし頚城遼太郎とジェナ・ストライザンドは目覚めない。
まるで魂だけ抜かれたかのように。

ガガの攻撃の毛髪(フレキシブルヘアー)に仕込まれた睡眠液で眠りに落とされ
彼女の能力『トラベル』で精神だけどこかに飛ばされた。
くびき ジェナ ロゼッタ
頚城もジェナもピンチだがロゼッタ達だけで大幹部を食い止められるのか。

夢に落ちた二人の行方は…!

二人が目覚めたのは青空広がる場所だった。
少年は知らない場所だが少女は知っていた。
自分が生まれ育った幻の古代大陸の『ムー大陸』だった。

ーーー
ムー ムー ムー ※古代と科学のイメージです
ムー大陸は、かつて大西洋上に存在し、地震により津波に呑み込まれて、
一昼夜で消え失せたとされる幻の大陸で現在ムーの存在は否定。
地図で言うとこれくらいデカイ

古代の石造りなように見えて各所に機械が使われている超技術世界を思い浮かべてくださいね。
この創作物語でのムー大陸はそういうアトラクションみたいな世界感。
現代の何倍以上の科学力と技術力を持っている。

ええ。
急にメダロットのコーダインみたいな展開になります。
H・P・ラヴクラフトが作中に創造した「夢の国」(Dreamland)と呼ばれる幻想世界のような
夢の階段越えた先の幻夢境の世界をムー大陸にしちゃいました。
適当に決めたわけでなくジェナの過去話の確信に触れるため。
チャプター0話の真意を本人が見極めに行くという回。
過去にワープしたようなものだが夢の中に近くそこに住む人間には触れられない。
だが手触りは本物に似ている。ここで命を2人が落とせば永遠に夢の中。
敵の襲撃と夢の中からの襲撃というピンチを切り抜ける!

そして無意識の中にいる二人の両親が顔を出す。
ラムー モー
ムーの王ラ・ムゥと女王イマシュ・モー
頚城パパ くびきるい 
首相頚城連十朗と海洋考古学者の頚城るい

お互い似ている雰囲気を感じつつムーを探索する。

①ろいがーす
ロイガース
古代都市ムーで人類に角生やして奴隷にしてる宇宙触手さん
風と意識の渦巻きの姿とドラゴンのような蛇の姿を持つ

ロイガー族の指導者がガタノトーア(怪奇小説「永劫より」に登場する邪神ガタノトア)という話もある。
ガタノゾーア ガタノゾーア
ウルトラマンティガのラスボスで人気になったクトゥルフモンスターの邪神ガタノゾーアさん
バトルフィールドが古代都市ルルイエとかクトゥルーさん出す気だったんですかね小中千昭さんw
尖兵怪獣ゾイガーとかドラゴンの姿ででてきたりガタノゾーアさんの石化攻撃とかまんまだしな。
旧支配者クトゥルフの息子だから世界がやばい度合いが致命傷ですんだと!(え?

ゲームのウルトラマンFE3の暗黒の支配者はホントSランククッソ難しいんだよな(ノーマル状態で倒せばいいんだけどさぁ)
邪神に勝っちゃうのなんて神様化でもないとそうそうないんだけどさ日本特有なのかもね。
のちのガイアでボクラグやバイアクヘー(ビヤーキー)やネクサスではクティーラってのも出たね。
もっと遡るとガラモンのデザインはダンウィッチの怪の挿絵がモチーフだとか。

クトゥルフ原理主義な方からは邪神やその眷族を倒すなんてタイタス・クロウか大十字九朗な外道っていわれるかもだけど勝てない敵に立ち向かう姿とえげつない邪神の攻防に弱い。
ベタだけどほんと元気玉展開に泣いちゃう(ウルトラマンティガ 52
特撮暗黒期のウルトラマングレートも怪獣はクトゥルフモチーフだったりで特撮とクトゥルフものにはまりやすい世代だったんだなと再認識。

話は戻してロイガー族。
クトゥルフ語るくせに小説持ってないことが多いんですよ。
ラブクラ大全集あっても超レア化してるの多くて。ロイガーの復活もそうだけど。
妖神グルメぐらいは再販しないかしら。

んでわざわざロイガー族とその族長のガタノトアを出しているということは…
だ【この文章は検閲されています】

なんだよ!ほぼ答え言ってる様な者じゃん!
隠【 こ の 文 章 は 検 閲 さ れ て い ま す 】

くっそまた邪神様の邪魔がッ!

まぁいい。
創作物語では同じ夢の中に入ったはずの二人が、超古代ムー大陸で出口を探し中に人類を奴隷としていた敵と会う。

ゾイガーツァール
ジェナの腕の骨と一体化しているアームPCのような姿をしている。
この世界のロイガー族は人間に技術を与え利用しこき使っていた。
ムー大陸の技術発展は人間だけのものではない。邪神が1枚かんでいる。
幸いジェナの持つアームPCゾイガードライバーは何事もない。

デヴァステーターイミテーター
ツァールドライバーの模造品の悪魔デヴァステーターやイミテイターに似ているが自我は無い。

普通に敵として登場し、悪魔召喚プログラムを使いぺリュトンを召喚してくる。
ムーのみにしか出てこない敵。

LV43 旧支配眷属ロイガース【DARKL-LAW】
精神弱点/神経・物理耐性

・デビルサモン(味方の場にぺリュトンを召喚する)
・マカラカーン(単体に魔法を反射する障壁をつくる魔法 重ねがけ不可)
・テトラカーン(単体に物理を反射する障壁をつくる魔法 重ねがけ不可)
・ディアラマ(味方一人のHPを中回復させる)

アイテムドロップ
万能魔法の見切り(装備者の万能属性の魔法回避率を上げる)

補助を多用してくる厄介かつ意外と硬いので注意

②ぺりゅとん
ぺリュトン
ほら幻の大陸つながりで出したいじゃん御当地悪魔的な。
猛禽類と青毛の鹿のキメラでデザインとしても素敵なのでおすすめなぺリュトンさん。
ぺリュトン

人間を襲って影を奪う元人間のモンスターだとか。
ペリュトンが登場する唯一の文献はホルへ・ルイス・ボルヘスが著した「幻獣事典」である。(語呂がヘニファー・ホペスみたいですね)
ボルヘスの創作悪魔です。人間風刺を込めたモンスターなんだとか。
幻獣事典には古今東西120種の幻獣が書かれているそうな(イラストは少なめらしいけど)
気になりますよね。
ボルヘスの架空生物好き!名前がそれっぽいのも素敵。
のちにボスキャラとして出す奴もボルヘスの架空神。

イラストでは昔描いてた超獣戯画の百体からチョイス。
アナログに仕様と思ったけどこのままでも大して変わらないので。
人の影要素は飛んでるぺリュトンに出せないので体模様に組み込んじゃいました。

ローマを滅ぼす存在ともいわれるんだけど、意外と一般向きなのでメガテンに出られなさそう。

LV47 凶鳥ぺリュトン【DARKL-LAW】
呪殺無効/疾風・斬撃耐性/破魔・射撃・電撃弱点

・キラーウィンド(横一列に中ダメージを与える疾風攻撃)
・ネクロ・ドグマ(敵単体に中ダメージを与え両サイドのキャラにも小ダメージを与える呪殺魔法)
・エンドクロウ(鋭い爪で攻撃しあいて単体に割合大ダメージを与える突撃攻撃)
・悪食捕食(相手単体に攻撃をして小ダメージを与え、ダメージ分回復し相手のステータスを自分に反映する物理技)

アイテムドロップ
ぺリュトンの影(あらゆる攻撃での死亡判定を1回だけ無効にしHP1で耐える消費アイテム)

食いしばりの上位互換の効果のアイテムが手に入るので稼ぐのもあり。

③ぷえる・えてるぬす ぷえら・えてるな
プエラプエル
永遠の少年と永遠の乙女
ユングさんの心理学からまた出してみたけど解釈しきれてるか毎度悩みどころ。

永遠に大人にならない子供(ネガティブ)でありいつまでも子どものような心を失っていない大人(ポジティブ)でもある
簡単言うと『この世の現実から逃げている心理』

現実というのは汚いものだと、大人の世界はごまかしばかりなんだと言って、現実のなかで生きることを放棄している。そしていつでもこの世からおさらばしていいのだと、今の姿は仮の姿なのだからというようなことを言って、自分は非常に高等で清潔なすばらしい存在だというふうに見ている。けれども結局は何もできない。永遠に純粋で清らかな少年でいたいのだという心理を表わしています。そういう少年は結局英雄になることができない、つまり母なる無意識から自立した大人になることができないわけです。
『林道義『日本神話の女神たち』文春新書 H16.9/20(P167) 』より

ええ私にもよく出てきますこいつ。

ですがこれはバーナム効果がある気がします。
というか心理学の部類分けはだいたいこれの気がする。
血液型占いと同じで当たり障りの無い誰しもがもつ事例をいくつか挙げて何個か当たるとそれにはまってる気がしてくるアレ。

大人になれない子供の事例にマザコン型や同性愛型があるというのですが…なんか手広いっすねこのアーキタイプ。
これ考えたユングさんも始原児(ミラクルチャイルド)っていう神や英雄になっていく子供となぜかごっちゃに混同してたりする。

幼児元型で豊かな創造性や成長可能性と、未成熟な対決回避的傾向をあわせ持ち、社会生活への適応の困難性、横柄で誇大的な態度、共感性の乏しさっていう大人になれない大人。
最近増えているというニートとか。

自分はどこか特別な存在と思い、彼らはどんな職業に就いても、決して望みどおりの職業だとは思えないのである。彼らは、どんな職業も自分にはふさわしくないものだとして、未来のいつか自分に見合った本当のものがくるという空想を抱いているとか。

なんだか当てはまると耳が痛いですね。
時々なんでうぉれを認めてくれないんだぁあずっどおおおんっと出てきます。

ですが登山や飛行や遭難や事故に巻き込まれるような出来る限り高く登れるような危険なスポーツといった日常生活のからの現実逃避や母親に大変強く依存しているのがこの『永遠の少年』の特徴らしいので…完全ガッチしないそとの。

自分と向き合って自分の欠点部分の影(シャドウ)を認めないのが永遠の少年。
ペルソナ4のアレは大人になるための通過儀礼ですね。ボスを倒し向き合うことで大人になる。
心が弱っていいたり永遠少年であったりで誰かが助けてくれるのを待っているのでなく自分で変わろうと気が付けば強く成長していけるんですよね。
病気ではない精神的な何かなんでしょうねこれ。
意識しないと子供に戻ってしまうのですがね。

創作物語では夢の世界のムー大陸に現れる精神体。
姿かたちは同じだが、外の世界の苦しくて大変な世界からひきこもり傷つかない楽園に引き吊り込もうとしている。
自分の弱い心の投影。シャドウのようなもの。(本来自我に認識されないシャドウは黒色)
主人公の頚城の場合、なんで俺がボロボロになって悪と戦ってんだ別に他の人がいるだろヒーローがみたいな。
ヒロインのジェナの場合も自分の使命の揺らぎ。父親がこの事件の背後に関っているからどうにかしたいけど…

まぁ創作の主人公たちが自分が戦わなくても良いんじゃないかとか言い出したら話にならないわけで
だから僕がエヴァに乗るんだ!ってなってもらわんとね。

このプエル・エテルヌスとプエラ・エテルナは主人公たちに刷り込んでおいた敵の刺客
夢の中で害をなそうとしている惑わし。
本人たちが生み出したものではないが、心のどこかでそう思ってしまった節にふれより強く形になった。
なので完全に否定して俺らは!私たちは戻らねばならない!と未熟な心を飲み込んで突き進むと倒せる。

プエル・エテルヌスとプエラ・エテルナはボスにしようかと思ったけど
次のボスの方が重要なのでイベントのみの扱いで。

イラストでは主人公とヒロインの姿を模写した姿で、顔は目だけで生物として生きているわけではない。
模様とか装飾をそのまま体の模様と認識している。コピー人間のようなもの。
頚城プエルの胸に埋まっているのとジェナプエラのアームドライバーが本体。

だが体の再現もプエルとプエラのデータスキャンしたものなので精密さに欠ける。(サイズもカップも適当)
だが全裸である(未成年の年頃の子の前でやめたげてよぉ!)

神話的に言えばプエルはアポロンやイアッコス
プエラはアルテミスやペルセポネやアテナなどが現す童心性の表れだけど…
アポロンは男女どっちもやってるシスコンこじらせた新世界な変態ですよ?
その辺神話と違って明確じゃないのよね。

まぁこのプエル&プエラの自分の弱さを跳ね除けて
ムー大陸をジェナが断罪して沈めたかどうかを見出して真実にたどりつくことがゴールになる。

ムーで二人っきりだがジェナは罪の意識で押しつぶされそうになっていて、頚城はどう声かけたらいいのか迷っている。
こういうときにロゼッタがいれば気まずい雰囲気を明るくしてくれるが…。

ムー次回解決編


さて今日の更新はここまで
病み上がりですがいつも通りに更新してましたね。
そろそろ寝ます!それでは待て次回。



2013年からムー大陸の再浮上が始まります 日本は縄文ムー国家として復活する!2013年からムー大陸の再浮上が始まります 日本は縄文ムー国家として復活する!
(2012/05/22)
光明

商品詳細を見る




うわっつらのコピーなんかで真実へ突き進む人を止められるか!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

新世界はコミック版(講談社だったかな?)しか見ていないので、
いまのところ「アツー」とかエロいシーンは見ておりません。
ヴぇおがコケたのは痛かったな・・・
ACDC様こんばんわ!
>あー見ちゃってましたかー新世界より8話;
ええ新世界よりというより新世界からw
数年後になると聞いて視聴したら…あれ?こんな話だったの!?ってなったわw

>まだ〇夢本編の方がマシと思った(えっ何それは)
ACDCの兄貴はホ○(断定)
…ってのは冗談でリアルより二次元の公式キャラ同士が行為に及ぶなんてそういうアニメじゃないと
決して起こり得ないからよりアリエナイ空間感っていうかタブー感がでますよね。だから3次元より否定的になるのも納得できる。
急にキャラが惨く死ぬや行為に及ぶっていうのは話的に面白くなれば、そういうのをドンドン入れて緩急出してくれると面白いなァとは思う。そとのは雑食系男子

ただ物語上関係ない裏事情で改悪で設定変わるとか世界感に違和感残すとか起こる場合は申し訳ないがNG。

>同チャンネルの1つ前の星屑ウィッチめるるの方が楽しめました(関西人並みの感想)
なんか聞いたことあるけど見たこと無いなーでもどっかでって思ったら
MADの岸田メルのマジキチダブルソードの『マジ◯チうぃっちメルル』の元ネタだ!!w(どういうこじれた覚え方だよ!!)

>>プエル・エテルヌス プエラ・エテルナ
>デザインがエロい(直球)
隠せ!と怒られそうと思ってたw
狙い通りのデザインですのでありがとうございます!

>そして躊躇い無く思いをデザインに乗せてアクセル踏めるそとのさんマジ凄いw
そろそろブレーキも覚えないとと思いつつですが好き放題フルスロットルですねw
学生の頃イラストの先生にもっと面白く描けるとリミッター解除してから加速装置設置しましたね。
もしそのままだったらブログに人間型すらあげてないかも。
「ああ描いていいんだ…」っていう実感してからそれまでを取り戻すかのように絵かいてますモンね。

>一体おくれ(ド直球)w
ACDC様なら一体といわず好きにお持ち帰りして亜種にでも強化型にでも
帰化させて自分の物にするぐらいにお譲りしてもかまいませんよ!w
なんらな新しく描いてお譲りするのも可!
お世話になっている以上にこの道に誘導してくれた方先生みたいなものですものw

>どーせ前回の破みたくDVD B-rayじゃ1,15verとかでもっと詳しく見れるんだ(負け惜しみ)
そうですよねw
劇場放映終わったらあとは3.?のアップデートで大幅に機械のCGや敵の造詣パワーアップとかありますものねw
そとのさん こんにちはw

あー見ちゃってましたかー新世界より8話;
1~3までは意味不明でそこからだんだん面白くなってきたって矢先に数年後~ホモォ…だもん

正直深夜とはいえB地区→ベロチューとかアレはキツかった!まだ〇夢本編の方がマシと思った(えっ何それは)
そとのさんのボノボるの解説で理解しましたがいくらなんでも、前知識ナシでイキナリあれはアカンwww

同チャンネルの1つ前の星屑ウィッチめるるの方が楽しめました(関西人並みの感想)

>プエル・エテルヌス プエラ・エテルナ
デザインがエロい(直球)
全裸つか穢れないイメージで透明度スケスケなメッセージが読み取れますが
それも含めて無垢ってこーいう事さがビンビン伝わりますw

そして躊躇い無く思いをデザインに乗せてアクセル踏めるそとのさんマジ凄いw

一体おくれ(ド直球)w

>エヴァQ
もう映画館は諦めたwww
どーせ前回の破みたくDVD B-rayじゃ1,15verとかでもっと詳しく見れるんだ(負け惜しみ)
チックショー

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

来訪者数
333333番で神殺しか御粥
コメント残してもらえると友好度UP
プロフィール

そとの道

Author:そとの道
ブログの誕生日08/03/14
そとの誕生日10/19

詳細DATA
.
悪魔や神話関連が大好きで青春時代
に無駄に熱意をつぎ込んでしまった
悲しい男の日記ブログ!

Infinite factorというバンドを
応援しています!(解散無念!)

絵の練習&悪魔とか描きたい!
描いて捨てるのもモッタイナイ
知識を放出したい!
そんな理由でブログ始めました。
最近は腹立たしいのでニュース記事ばかり

真女神転生シリーズの異端のデビルチルドレンから入り、悪魔や神話にドップリ浸かり、創作神話やら民話も知識として吸収中

イラストは毎週更新するつもり。


副タグリストから『悪魔辞典』で過去描いた悪魔イラスト一覧にいけます。めんどいけど名前をコピペしてブログ内検索で見てね。

ちなみに画像は
本体:ステワ・ルトゥ
(吸血内臓スライム)
パンダは飾り。
齢20代、心は40後半
鬱攻撃に弱い、精神攻撃に弱い
眼鏡っ子
素人絵だけど、ここのイラスト無断拝借使用とか少し変えて転用とか恥ずべき行為はやめてねん。
お声あれば発想力はお貸しします。

リクエストは聞くけど私はうちの子描くマン

ツイッターはじめました

画像

バナー
バナー作ってもらいました!
pixivはじめました
最新の登録30件が表示されます
ブログ内検索
文字や解説が多いので便利かも?
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
カテゴリー
副タグリスト
オカルトで分類分けしてしました
バンド応援しています!
Infinite factor        (インフィニット ファクター)
無限の要素へようこそ
画像クリックでサイトに飛びます。リンク先には礼節を
ランキング
気に入ったらポチッと押してください

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

カレンダー
更新は気の向くままです
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ミニ天気予報
意外と最近便利と感じなくも無い

-天気予報コム- -FC2-
リンク
基本的はリンクは自由です!お友達が増えるとイイナ♪
このブログをリンクに追加する
メールフォーム
なんか言いたい事があれば適当にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

マイナーからメジャーの神話などの質問や要望大歓迎
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブックマーク