• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

善の連鎖は続くよ 何処までも 良いことを想うはポジティブの要

CXhLHr4g.jpg
サナダマルゥ!かいました( ˘ω˘)

うむ。更新がおそくなったそとの道だよ。


今回ね、会社の新年会(1月末)とか親友に久々にあって生存報告しあって
元気を回復した最近立て込んでいるそとのだよ。

でもゲームは買ったりして色々発想力を回復させているのだ。

小学校らいの20年の付き合いにもなる親友がいる。
上にも書いたその親友の性格や言葉名言などがほんと染み渡る。
創作キャラはほぼその多大な影響ををうけて産まれてるのだ。
ハレットくんやチコ、荒忌、銀すべて親友の影響なのだ!
恥ずかしげも無くいうけどね!( ˘ω˘)本人のあずかり知らぬところで親友自慢さ!

親友曰く、そとののネガティブは日々の負の拾い上げから来ている、
ならば良かったことを日々あげれば自然とポジティブになれるとのことだ。
やさしくなると公言した矢先すぐぷんすかぴんとなってしまう心幼いそとのに色々ズビバシャーンと刺さったのだ。
難しいことだけど積み重ねて行くことは……確かに大事だな。
これからも人を大事にしていこうと想ったそとのでした。(色々反省)

さて遅くなりましたがイラスト回いってみよう!
今週は創作物語進めるべ!


ハルファス
ホーホーホッホホーッ!敵の頭ががら空きですホォ~ッ!

その名はハルファス

ハルファス (Halphas) は、悪魔学における悪魔の一人。
ハルパス (Halpas)、マルサス (Malthus, Malthas, Malthous)とも呼ばれる。

『ゴエティア』では72人の魔神の一人で、序列38番の地獄の伯爵である。
『悪魔の偽王国』および『ゴエティア』によると26の軍団を率いるという。
召喚されると、ヒメモリバトまたはコウノトリの姿で現れ、しわがれた声で話すという。
塔、あるいは町を建設し、武器弾薬で満たす力を持つ。
また、軍勢を命じられた場所に送り込むこともできる。
共通する権能を持つことから、同じく『悪魔の偽王国』および
『ゴエティア』で列挙されるマルファスという名の悪魔と同一視されることがある。




イラストの解説は追記へ(創作物語を多く含みます)

創作物語4部
ブラックシルバージレンマ
【過去:各話セレクト】
▼第0夜『黒銀色ジレンマ(ブラックシルバージレンマ)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-883.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-884.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-885.html
▼第1夜『月下のサーカス』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-886.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-887.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-889.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-890.html
▼第2夜『ファントムワークス(亡霊製作所)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-898.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-905.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-907.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-909.html
▼第3夜『顔のない月夜』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-914.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-919.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-922.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-924.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-926.html
▼第4夜『死神が嗤う刻』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-927.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-929.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-930.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-931.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-934.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-935.html
▼第5夜『魂の鼓動、仮面に秘めて』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-941.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-942.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-943.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-944.html
▼第6夜『自分の役を始めよう』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-947.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-949.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-950.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-952.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-956.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-959.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-961.html
▼第7夜『愛が死を分かつまで』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-965.html
ーーー

第7夜『愛が死を分かつまで』
前回更新のストーリーの続きから
http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-965.html
ーーー
【ホテル:Pラヴクラフト:1階個室】
 
 異界化したホテルの一室に隠れる男女とドア向こうの廊下に徘徊する異形
 ズリズリと壁を擦りながら扉をドンドンと音を立てノックする

カバンダ
カバンダ
「ぐひぃ におうぞにおう りびどぉの あまぁい においがする ふたつ たましぃ あまぁい」

4部くろきぎん ジェナ
黒鬼
「(……。ありゃさっきのとはくらべものにならないぞ。天井にみっちりだった)」

ジェナ
「(ここは私が対術で迎撃するわ。アイツが多分ここの異形化の支配者だと想う。)」

黒鬼
「(女の子が無茶すんな!てか脳筋すぎるぞ。
 そのなんたらドライバーが有用なのは解るが、現実世界と違うんだろう。
下手に……)」

ジェナ
「(女の子だから何?守られるだけのか弱い女性にみえる?
守られてばかりじゃ誰も……守れないんだから!
 私は……私にしか出来ないやり方があるんだから。)」

黒鬼
「じゃあ……俺には俺にしか出来ないことをする。
ここには……電気もある。スプリンクラー設備もある。
ジェナお嬢ちゃんは濡れない様、ベットの上に上がってな!」

 煙草を吸いライターを高く掲げるとスプリンクラーヘッドが起動
 あたりにいきおいよくみずが噴射される
 それと同時に扉をいきおいよく破壊してくる異形の怪物

カバンダ
「あばばばぁ こえがきこえたぁ そこの ぽまえ いだだきまぁす」

黒鬼
「びたびたなお前と水も滴る男にはドライヤーがおにあいだ!」

 コンセントにさしたドライヤーのコードのカバーが切られている
 スイッチをいれ床になげつける

 っとどうじにジェナが黒鬼にタックルをかましつつ入り口に連れ出す

カバンダ5
カバンダ
「あばばばばばばばばばばばばばばばっ」

 ぷすぷすと煙をあげビクビク部屋で動き回る怪物

ジェナ
「ちょっと!!びしゃびしゃなの君もなのよ!?感電自殺でもしたいわけ!?
ここでの死は本当の死何だよ??今私が助けなきゃあの丸コゲのアレと一緒だよ?!」

黒鬼
「でもほら、助かったし。結果オーライだ。……でも異界化は解けないようだな。」

ジェナ
「もうほんと。心臓ばくばくだったよ。
何するつもりかなって終始見てたら大変な事になったよ!?」

黒鬼
「ごめんごめん。まぁこんな俺でさえ……助けようとしてくれる人が悪いわけないもんな。
すめらぎっていうやつがさ……君のことを『狼』じゃないかって疑ってたんだ。
ほら君も『人狼ゲーム』の占い師役職だってたとえたデショ。
危険な行動そしてまで人を助けるやつが、嘘付いてまで行動するかなって想ってさ。」

ジェナ
「……。遼太郎とは違う意味でめんどくさい人ね!
てか!初対面の人に『ムー大陸』とか『ゾイガードライバー』とか『腕に直接生やしたスマートフォン』とかいう?
まぁ、そうよね。普通生きてたらそんな話信じられるわけもないか。」

黒鬼
「まじに本当にオカルト見たいな大陸あったのがビックリだし、
そこのお嬢様暮しってお姫様か何かなのか!?いったいいくつだ?!」

ジェナ
「ちょっとやっぱ信じて無かった!あと私も一応レディなんだけど!
人を何千年単位の魔女なおばさんみたいな言い方やめて!
……んまぁそれには色々あったのよ。
それにお姫様らしいことなんて殆どなかったよ。辛いことばっかだしいいことないよ。」

黒鬼
「……。過去を思い出させて悪かった。
でもそんなレディ単身でこんな危険な世界に行かせるなんて。リョウタロウってのは酷いやつだな。
普通男が危険覚悟で来るもんじゃないのか?」

ジェナ
「酷くないよ。遼太郎もハレットさんもあとロゼちゃんもめっちゃみんな止めたけど。
これは私にしか出来ないことだから。私のわがままを承知してくれたんだ。
他の人は現実世界でこの事件の黒幕『箱舟旧約(はこぶね くやく)』がどっかに潜伏してるんだ。
それを世界中の国家警察が寝ずに探してるんだ。日夜。」

アララトノア
黒鬼
「『箱舟旧約(はこぶね くやく)』だって?そいつ会ったぞ!荒忌の宿敵の化物のような男だ。
犯罪者をアイドルと呼んでそのプロデューサーだとか言ってた野郎だ。」

ジェナ
「!!!話が繋がった。こっちの世界に黒幕が潜伏していた……。
いや現実世界の私が、深い眠りの奥に進んで魂(イマージュ)だけ来ている状況と同じことをして
この【普遍的無意識の中の架空都市:黒澄州(ブラックスミス)】に来ているとしたら。……勝てる。
無理をしなくても荒忌君の魂を現実世界に戻せれば……。あるいは!」

黒鬼
「なんだかわからないが問題の糸口が溶けたようだな。
……でも一旦ここから立ち去ったほうが懸命だ……さっきのヤツがおき上がりそうだ。」

カバンダ3
カバンダ
「ぎもぢぃいい しょくぜんの うんどう びくびく くうふく りびどぉ くいちぎりたひ」

黒鬼
「善は急げだ。まず入り口に向かおう!一応でられないか確認だ。」

ーーー
【ホテル:Pラヴクラフト:入り口】

 無人のホテルの入り口には血だまり扉の先はなにも無いかのように動かなかった

黒鬼
「やっぱだめか……。それに先客がやられてたのか結構な量の血が。
やっぱさっきの巨人か。ほかに出口はないか?」

ジェナ
「ねぇ!ホテルの管理人の部屋空いてるよ!誰も居ないみたい。
これここの鍵束あるから屋上に上がれないかな?
ほら監視カメラみると非常口みたいなのあるっぽい!」

黒鬼
「よし!異界のボスではなさそうだし不死身なアイツにかまってられない。
『屋上』に向かおう。」

カバンダ
「りびどぉ にげるなぁ ですとるどぉ いきるえねるぎぃ のみたひ くひひぃ」

ーーー
【ホテル:Pラヴクラフト:屋上扉前】

 気持ち程度のバリケードをはりつつ妨害工作をしながら屋上前にたどり着く二人
 屋上までの道は血のあとがテンテンと続いていた

4部くろきぎん ジェナ
ジェナ
「さっきのダメージが効いてるのかあのデストルドー弱っていたね。」

黒鬼
「今のうちにこの鍵で開けて、でてしまおう。」

 ガチリと鍵が開く 開くとそこには天井と床が逆さまになったようなさっきのホテルに続いていた

ジェナ
「ははっ……はぁそんなに上手く行かないか……。さっきのホテルの入り口っぽいね
天井というか床に血が付いてる。私が来た時はなかったのになぁ。」

黒鬼
「諦めず探そう。ほら管理人室のモニターで敵の位置を探りながら伺おう。」
ーーー
【逆さホテル:Pラヴクラフト:管理人室】

 監視カメラには2階と3階の廊下を行ったり来たりする異形がカメラに写る

ジェナ
「こんなとこで足止め食ってる暇はないのに。」

4部すめらぎちゅうた
黒鬼
「そうだ……ジェナちゃんのそのアームPCで君を妨害していたヤツの正体を暴けないか?
というか……すめらぎってやつが俺の中に怪しいやつが居ると思って居たからさ。」

ジェナ
「うーん。そううまくいかないんだよね。
解るのは完全に人の魂(イマージュ)をもたない化物は●クロっていえるけども
ほら人間の悪意見たいなのは誰でもあるし、暗殺家業をしていた荒忌君は一般的ではある種悪い人の扱いだし。
君をスキャンしてみたけど、『一応』魂(イマージュ)ある人間だったよ。」

黒鬼
「一応?どういうことだ」

ジェナ
「言って言いのかわからないけど……君の魂は一つじゃなく半分に割れて他の魂で補ってる
そんな感じ。でも魂のない怪物でなく人間だから○シロって判定がだせるみたいな。
でもほら……その。君は……なんというかオブラートに包むと『死んじゃってる』と言う状態。」

黒鬼
「おれが……しんでいる?はは。じょうだんな。」

ジェナ
「まぁ例えよ。現実世界の君がどうなっているかまではわからない。
でも、君の魂は一旦砕かれ他のイマージュで辛うじて君を保っている。そんなかんじ。
現実世界にいる荒忌君と君はよく似てるよ。雰囲気とか。
荒忌君は瀕死の重傷から過去の記憶の魂(イマージュ)だけが欠落し、
その半分だけもって生きているけど空ろなんだ。その半分がこの世界にある。
私はそれを回収するのが目的だって……ってのはいったよね。
仮想世界の荒忌君は悲しい過去に出会う前の3年前の少年の記憶。
その半分の少年の記憶を補ってる魂(イマージュ)は君の反応によく似る。」

黒鬼
「3年前……の少年の記憶の姿が、俺の知ってる荒忌なのか。」

ジェナ
「ここの世界は再生機器のように人のイメージを具現化し、プレイヤーキャラを形にして
足りなければ魂をツギハギにし、この世界を構成するデストルドーで人型にしてNPCのようなコマも作り
現実世界を模したジオラマを作り出してる。そんなところね。
死んだり昏睡状態の人の魂を玩具にしてる。称するなら冥界。死の国。黄泉の国ね。」

黒鬼
「あの世に近いっていうのはそういうことか。……俺はぴんぴんしてるけど、
現実の俺は死んでるかもなのか」

ロキ2
ロキ
「ああそうさお前の魂(イマージュ)は事故ッた頭蓋骨みたいに割れちまってる。
だからこそ。その隙間に俺見たいな神様に付け居られるって訳さ。
……てかこのロキ様を忘れてたろ。病院の戦いで力を貸した以来だな。人間。」

ジェナ
「敵が増えた!!!やっぱ●黒かな!!」

ロキ
「おれは『魔王ロキ』様だが、邪神でもデストルドーっていうだっせー化物でもない!
オレサマはオレサマ。この世界のルールに当てはめるなら元型(アーキタイプ)トリックスターさ!
ここは心の奥深くの人間が辿り付けない場所さ。
そんなところまで来るお姫様が嘘つきなわけねーじゃん!ぎゃはは。
それに事件の確信に近づいて来ているしぃ、上手くすれば現実世界も救済できるところまで来てるぜ!

でもよぉ。黒鬼銀。おめーはそろそろ自分に、自分自身で気が付くべきじゃねーか?
この世界のGM(ゲームマスター)に忘れさせられちまったとしても、
自分の心に住まうもの。自分がなるべき者。愛すべき人。やるべきこと。
優先順位は悪人に勝つことなんかじゃねぇ。思い出して自分の心を取り戻すこと。」

黒鬼
「……。おもいだす。」

ロキ
「まぁ。解り安いゲームで例えてんだ。自分の役割忘れてこのGMのゲームをめちゃくちゃにするでもいいし
思い出して心を取り戻すでもいいし。身をまかせて思い出さない不安定をゆくもいい。
そういうこった。展開がダラダラ過ぎてこうやってオレサマがでて来てやってんだ。
それじゃまた、オレサマの出番まで眠らせてもらうぜ。ふあぁあばよぉ。」

ジェナ
「なんだかわからないケド……君を信用してるふうだったね。
私も銀を信じてあげるから。さっきは現実では死んじゃってるかもといってごめんなさい。
もしかしたら昏睡事件に巻き込まれてここにきてるだけかもだしね。
私のあやふやなスキャン機能なんか頼らなくても、狼ってのは自分からボロを出すもの!
それまでは仲間同士疑うとかこの世界の異変の根源の思う壺みたいかもだしね!
さて……どうしようここから脱出する方法なんだけど。」

黒鬼
「ひとつこの異界化したホテルに気が付いたことがあるんだ。
それがここから出るヒントかもしれない。それが入り口にあった『血だまり』だ。
あの血はこのホテルの客や管理人のモノかと想ってたんだけど、
俺たちみたいに入ってきた人物が大怪我していたのかもしれないと。」

ジェナ
「入り口の血だまりと屋上扉までその間は血がてんてんと続いていたね。」

黒鬼
「今逆さの入り口にも血はあるんだけど……さほど血はたまってない死体はない他に広がって居ない
さっきみたいに他に続いていないんだよ。屋上前は血だまりはさほどなかった。」

ジェナ
「もしかして……あの逆さホテルの入り口が出口になって居る?
あの向こうは屋上の扉になってるんじゃ?」

黒鬼
「ホラーみたいだけどからくり部屋みたいな感じかもしれない。いってみよう。」

 おそるおそる管理人室から出る二人 入り口の扉をあけた

ーーー
【ホテル:Pラヴクラフト:屋上外】

 扉を開けた先はホテルの中に戻らず 夜と電灯の明かりがあった
 そこには血だらけの女性が脇を抱えながら驚き声を上げた

4部まゆゆ
まゆゆ
「ひぃいいいいいっ来ないで!!殺さないでぇ!」

4部くろきぎん ジェナ
黒鬼
「血のあとの原因は……あの人なのか」

ジェナ
「まって。あの人に近づいちゃ駄目。
……その。いうなれば●クロよ。」

まゆゆ
「あなたもアイツに呼び出された悪魔なのね!!!私を殺すつもりなのね!!!
私は……いきるのよぉ。オルゴンボックスぅ!アイツラを殺す悪魔呼び出して!!」

 胸元から小さい箱を取り出すと悪魔が召喚された

ハルファス
悪魔
「承知つかまった。射殺します。」

VS BOSSハルファス戦

つづく


さて長い駄物語パートここまで!
ここからはイラスト解説パートですw

ソロモン72柱から1体紹介。

①はるふぁす
ハルファス
建築に長け、弾薬装填に軍勢を送り込むなど策謀的なポジションをこなす悪魔。
同種のマルファスという悪魔と同一視されることもあるという。

マルファス! マルファス
ちなみに前に書いたマルファスは挿絵に寄せて書いてましたね。
こう観るとデザイン力上がったよねって自分の眼でもわかるw

ICBQpR4GU0AEo5lu.jpg SnapCrab_NoName_2017-1-30_1-4-51_No-00.png
モチーフはジャコビン鳩。
ヒメモリバトまたはコウノトリの姿の悪魔なのですが、
今回は前々から使いたかった美しい鳩な豪華なデザインのジャコビンに。
こっちの方が知性を感じていいかもですねw

デザインとしては、鳩の頭をもつ伯爵でマスケット銃で狩りをするという感じに。
鳩のパーツと人のパーツどちらもハルファスで異形なシルエットにしたかったのと、
芋虫スナイパーこと通称芋スナ(FPSにおいて動かずにただ敵が来るのを待ち続けるスナイパーの蔑称)の構えているスナイパーと狙撃手のサポートをする双眼鏡役のスポッターを兼ねたデザインになっていて、
草むらから鳩が顔だしているかと思いきや本体で観測していると言うもの。

なんだか凄く滑稽なデザインかもですがこれはこれでありかなw
悪魔の貴族の遊びな感じがでてるかなとねw

ーー
LV47 堕天使ハルファス【NEUTRAL-CHAOS】
衝撃弱点 突撃反射

・クロウラースナイプ(敵単体に大ダメージ突撃物理 低確率でクリティカル)
・バステシュート(敵単体に中ダメージを与え、ランダムで状態異常にする突撃物理)
・ヘッドショット(敵単体に低確率で即死させる突撃物理)
・ガルカーン(味方全体に衝撃を反射する障壁をつくる魔法 重ねがけ不可)
【サポートスキル】・ホークアイ(防御状態の次のターン技の効果の確率と命中率を確定にするスキル)

アイテムドロップ
デビルズマスケット銃(武器:突撃属性の改造マスケット銃。低確率でクリティカルが発生する)

◆突撃属性だけで無く即死を確定にする専用スキルをもっているぞ!




今週の更新はここまで。
冬の厳しさがガンガンに来て居ますが、春すぐそこ
冬来たりなば春遠からじですよ。

がんばっていきましょうね!それではおやすみなさい!


小学校らいの親友はいつも奇想天外な生き方でホント心配w うちの子キャラはモロに受けてますw
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

来訪者数
333333番で神殺しか御粥
コメント残してもらえると友好度UP
プロフィール

そとの道

Author:そとの道
ブログの誕生日08/03/14
そとの誕生日10/19

詳細DATA
.
悪魔や神話関連が大好きで青春時代
に無駄に熱意をつぎ込んでしまった
悲しい男の日記ブログ!

Infinite factorというバンドを
応援しています!(解散無念!)

絵の練習&悪魔とか描きたい!
描いて捨てるのもモッタイナイ
知識を放出したい!
そんな理由でブログ始めました。
最近は腹立たしいのでニュース記事ばかり

真女神転生シリーズの異端のデビルチルドレンから入り、悪魔や神話にドップリ浸かり、創作神話やら民話も知識として吸収中

イラストは毎週更新するつもり。


副タグリストから『悪魔辞典』で過去描いた悪魔イラスト一覧にいけます。めんどいけど名前をコピペしてブログ内検索で見てね。

ちなみに画像は
本体:ステワ・ルトゥ
(吸血内臓スライム)
パンダは飾り。
齢20代、心は40後半
鬱攻撃に弱い、精神攻撃に弱い
眼鏡っ子
素人絵だけど、ここのイラスト無断拝借使用とか少し変えて転用とか恥ずべき行為はやめてねん。
お声あれば発想力はお貸しします。

リクエストは聞くけど私はうちの子描くマン

ツイッターはじめました

画像

バナー
バナー作ってもらいました!
pixivはじめました
最新の登録30件が表示されます
ブログ内検索
文字や解説が多いので便利かも?
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
カテゴリー
副タグリスト
オカルトで分類分けしてしました
バンド応援しています!
Infinite factor        (インフィニット ファクター)
無限の要素へようこそ
画像クリックでサイトに飛びます。リンク先には礼節を
ランキング
気に入ったらポチッと押してください

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

カレンダー
更新は気の向くままです
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ミニ天気予報
意外と最近便利と感じなくも無い

-天気予報コム- -FC2-
リンク
基本的はリンクは自由です!お友達が増えるとイイナ♪
このブログをリンクに追加する
メールフォーム
なんか言いたい事があれば適当にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

マイナーからメジャーの神話などの質問や要望大歓迎
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブックマーク