• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

【全自動】自動キャラデザ⇒自動着色⇒自動製本⇒自動販売⇒自動買取⇒自動満足【ジドウバンザイ】


どうも自動着色しない方のそとの道です(?)

ん?どしたどした?

線画着色webサービスPaintsChainerですよ。

■線画着色webサービスPaintsChainerを公開してみた
http://qiita.com/taizan/items/7119e16064cc11500f32

■PaintsChainer
http://paintschainer.preferred.tech/

まぁどんなものかと言うと
最近自動で学習して色を付けてくれる機能がでたんですわ!

ブログ話題に試しに昔下書きで残ってた『ラクタヴィージャ』をぬってみました!

s-rakutapsd_20170205133122ee7.jpgBSVETBWUFVAJJ1O1JU6JLFNEKFWCGJKF_0.jpg
色指定無しだとこんな風な水彩画になります。

ラクタヴィージャ
ちなみにこれが元の完成版インド神話の血の邪神『ラクタヴィージャ』消されると増える系

雑ではありますが色指定するとこうなります。

SnapCrab_NoName_2017-2-6_3-1-44_No-00.png
形状を認識して色を塗ってくれるようですね!!まぁことこまやかにやるのは時間かかりそうですね。
やはりまだまだ自動というのは未来ではありますが希望はありますね!

Y43BSPV43KAHT91BR6O1R9ELVKCJHI7J_0.jpg
はみ出たとこを白にして他の色を追加するとさらに希望は見えてきそうですがw
そとの君はコピックでグリグルぬった方がしょうにあってる気がしますw

そうそう。

自動と言えば「Googleリアルタイム翻訳」なるものも最近出ましたね。

■Google翻訳の新機能「リアルタイム翻訳」が楽しすぎてお祭り状態
http://www.appbank.net/2017/01/26/iphone-application/1304383.php

試しにやってみましたが
C3L0fNpUEAASGlo.jpg C3L0hW2VUAAk4bB.jpg C3L0f_2UYAIF3nA.jpg
一瞬だけ「真北東口語憚Ⅳファイナル」とかでるけどカメラも撮影使用としたブレで消えちゃったりでせつなくなりましたw
まぁ改良の予知アリだね!

全自動よりも自分で動くからいい気もします!

さぁ!
ドドーンと更新するそとの!がんばれ!w
今週のイラスト回だ!それではいってみぃよう!


イシュタブ
この世は辛きことの多きモノです 自ら首を括り幸せの世界に参りましょう

その名はイシュタブ

イシュタム (Ixtab、IPA: [iʃˈtaɓ]) は、
マヤ神話において、自殺を司る女神。死者を楽園に導く役割を担っていた。

楽園に行くことができるのは、聖職者、生贄、戦死者、お産で死んだ女性、
そして首を吊って死んだ者であった。
ユカテク族の社会では自殺、とくに首吊り自殺は名誉な死に方と考えられていたようである。
イシュタムはこの魂たちを楽園へと導き、そこでは死者はすべての欲望から開放され、
極上の食べ物と飲み物を賞玩し、
マヤの宇宙樹ヤシュチェ(Yaxche)の木陰に永遠の安息を享受すると考えられていた。

イシュタムはドレスデン絵文書には首を吊った女性の姿で描かれている。
そして日食、月食を扱う項に出てくるため、月食を象徴していた可能性が指摘されている。
加えてマヤでは月食は胎児に奇形を発現させ、死に至らしめると考えられていたため、
イシュタムは女性、特に妊婦の悲劇を象徴したとも考えられている。
ドレスデン絵文書に見られる姿以外に図像は存在していない。

ヤミー
嗚呼 お兄様 貴方の子種をこの愛しき妹にお注ぎくださいませぇ

その名はヤミー

『リグ・ヴェーダ』では、ヤマとその妹ヤミー (Yami) はヴィヴァスヴァットの子で、
母はトヴァシュトリの娘サラニューとされた。

人間の祖ともされ、ヤマとヤミーの兄弟姉妹婚により最初の人類が生まれた。
ヤマは人間で最初の死者となり、死者が進む道を見いだした。そして死者の国の王となった。
虚空のはるか奥に住むという。
インドでは、古くは生前によい行いをした人は天界にあるヤマの国に行くとされた。
そこは死者の楽園であり、長寿を全うした後にヤマのいる天界で祖先の霊と一体化することは、
理想的な人生だと考えられていた。

ヤマの死を悲しむヤミーを慰める為に神が昼と夜すなわち「時」を作り出したとされ、
時の流れと共にヤミーは悲しみから立ち直ったという。



イラストの解説は追記へ(創作物語を多く含みます)

創作物語4部
ブラックシルバージレンマ
【過去:各話セレクト】
▼第0夜『黒銀色ジレンマ(ブラックシルバージレンマ)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-883.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-884.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-885.html
▼第1夜『月下のサーカス』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-886.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-887.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-889.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-890.html
▼第2夜『ファントムワークス(亡霊製作所)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-898.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-905.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-907.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-909.html
▼第3夜『顔のない月夜』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-914.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-919.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-922.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-924.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-926.html
▼第4夜『死神が嗤う刻』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-927.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-929.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-930.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-931.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-934.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-935.html
▼第5夜『魂の鼓動、仮面に秘めて』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-941.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-942.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-943.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-944.html
▼第6夜『自分の役を始めよう』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-947.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-949.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-950.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-952.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-956.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-959.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-961.html
▼第7夜『愛が死を分かつまで』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-965.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-968.html
ーーー

第7夜『愛が死を分かつまで』
前回更新のストーリーのボス:ハルファス撃破の続きから
http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-968.html
ーーー
【ホテル:Pラヴクラフト:屋上外】

 屋上に召還された巨大な鳥の悪魔は主人公達に撃破され灰塵と化してゆく
 召喚者の血まみれの女性は慌てふためく

ハルファス
悪魔
「うぐぅえああああああっ……。」

4部まゆゆ
まゆゆ
「ヒィエエエエッ なんなの!?……悪魔をこんなに簡単に倒すなんて……。
……ああ貴方たちも死神になろうとしているのね!?
いや神にこの世界の神になろうとしているのね!」

4部くろきぎん ジェナ
黒鬼
「この世界の神に?何の話だ?……てかその血をみるにホテルにあった血痕の主はアンタだな!
普通の女性にはみえねぇな。俺も大概なれてきたぜ。
ファントムワークス幹部のアイドルだな!」

ジェナ
「なるほど。現実世界で昏睡事件を引き起こしてる黒幕『箱舟』の組織の一人なのね。
血だらけなのは被害者の一般人ってわけじゃなさそうね。納得の挙動不審さね。
知ってる情報も聞きださせてもらうわよ!」

黒鬼
「あんたの知ってる死神やこの世界のこと。
あのホテルを異形化させてまで俺らをはめた目的は一体なんなんだ?!」

まゆゆ
「ヒィイッッ……。私じゃないわ!!あの『ボール頭』が私を逃がさんと異界化させたのよぉお!
酷すぎるわ!私がなにをしたっていうのよぉ!
あああぅ アガミ様私を……私をっ!助けて!死にたくないわ!!」

 二人がその狂乱し泣きじゃくる彼女の挙動に一瞬気を緩めてしまった
 その瞬間彼女が両手を振り上げると細い糸が銀とジェナの肌に触れ
 その場で腕と太ももから地面に叩き付けられ
 その隙に屋上の入り口に走って逃げられてしまった

黒鬼
「……ってぇ。バチッと電気みたいなのがながれて体の自由が奪われたようだ。」

ジェナ
「いたた。一瞬だけど糸のようなものが見えた……。
あれが彼女の武器なのね。電気かなにかで筋肉運動を操れるのかもしれない。」

 体の自由が戻るまで心の平静を保ちつつ冷静に分析しているが

ジェナぎん
黒鬼
「……。」

ジェナ
「……んもう!!エッチ!すけべぇ!!どいてぇ!ちょーハズい!!!」

 偶然か奇妙な体勢で倒れこんでしまった二人はいそいそと位置を戻し
 足早に屋上扉に戻るのであった
ーーー
【ホテル:Pラヴクラフト?】

 扉をもどると先ほどの怪しい城内のホテルではなく
 まるで牢獄のような檻のある異界化した通路となっていた

4部くろきぎん 
黒鬼
「あれっ!??……さっきと違うぞ。雰囲気が悪化したと言うか。
まるで別の世界にきたのか?」

ジェナ
ジェナ
「まるで……罪人を入れる堅牢なお城の牢獄。
嫌なところね。こんなところじゃゆっくり出来なそう……。」

4部ウォーロック
ウォーロック
「プライバシーのために牢屋にお泊りの際に鍵をかけてうぉーロック(鍵掛け)。なんつってー!」

 横の牢屋に奇妙なポーズを取りながら牢屋の扉のなかでガチャガチャと鳴らす
 球体頭の怪人が捕まっていた 鍵はかかって居ないのに何をしているのだろうか

ーー
【愛憎の牢獄:1F】

 牢屋の中からにょきりと出てくる球頭

4部ウォーロック
ウォーロック
「またあったね銀。君らのラブラブなイベントはあのホテルの異界化の一室で見守っていたよぉ
もっと大人なディープなものを期待していた顧客の求めていたものがあってだな!

……てのはおいといて。君たちが疑問に思っていることをお答えしようではないか!
時間については余裕がある。敵も逃げられはしないさ!なぜなら異界化の根源は!
このウォーロックが……もとい死神の力も備えた進化したこの私ゲーデがいるからさ!」

 すると異形の球体頭は姿が変異して四肢の長い異形へと変貌した

ゲーデ
ゲーデ
「姿は変わっても僕は~本質は変わらない~さぁ看守休憩室へご招待。」

ーーー
【愛憎の牢獄:看守休憩室】

 看守休憩室につくなりゲーデとなった球体頭はすぐに変身を解除し
 まるで女性のような髪の長い青白く光る人間の姿になった
ゼルプスト 
ゼルプスト
「ふぅ。やはりこちらの姿の方が慣れてしまったよ。」

ジェナ
「ちょっと!!」

黒鬼
「……突っ込みどころが多すぎる。まず服を着なさい。」

ゼルプスト  部かむろりく
ゼルプスト
「ああ。こちらの姿の方がわかりやすかったね。めんごめんごー。
でもね。僕は『かむろりく』という人間のイマージュを真似ただけの存在じゃなくなったんだ。
自分だけの魂(イマージュ)を持たないデストルドーである僕が目覚めて、自己を得た。
これからは僕を『ゼルプスト』と呼んで欲しい。人間に憧れ心を得た異形。」

 嬉しそうにまた裸の青年の姿に戻り 
 看守休憩室の冷蔵庫からお酒やジュースやジャンクフードなどを取り出す

黒鬼
「……これは飲んでいい物なのだろうか。」

ジェナ
「成分的なデータでは普通の物でまちがいないケド。このピザ美味い。」

ゼルプスト
「ああ。問題ないよー。この世界で胃袋や渇きを潤すなら十分なはずだ。
この世界は黄泉の国とは違う。夢の世界での食事と同じさ。
まぁこれを飲んだところで現実世界には持ち越せないけどね。夢の中それに近い。」

黒鬼
「疑問に答えると言ったな。まずは……この異界化の原因はアンタなのか。」

4部獄中死罪人 ゴブニュ 
ゼルプスト
「ああ。君たちとあった病院のあのあと『獄中死罪人』を始末するハズだった僕は……
『摩耶井まゆゆ』とボスに報告すると共に『オルゴンエネルギー』を浴びて『ゴヴニュ』になってしまった
『臥雲』のエネルギーを回収することになった。しかし回収に使うコアはなく……
僕自身がエネルギーの器となった。本来なら組織に使えなくなった始末屋の始末を兼ねてだったのだろう。
だがデストルドーと『りく』と言う人間の魂を写し取っただけの僕は……
魂(イマージュ)を自ら生み出せる人間に似た存在に慣れたのだッ!
それだけでなくこの世界に介入改変できる神の力も強化できたのだ。それが異界化だ!

そしてその力で……まゆゆを返り討ちにし、逃げる彼女を逃がさぬためここに追い込んだ。」

ジェナ
「この世界に改変?それってつまり。さっきのホテルも逆さのホテルも貴方の能力。
みんなが戦っているデストルドーのボス格の『死神』になったと。」

ゼルプスト
「むしろそれ以上といえる。この世界の創造主の権限の一部を得れたのだ!!
他の死神たちもさらに進化を求めて暗躍している。
この世界は現実世界を侵蝕する準備段階の繭のような感じと言っていい。」

黒鬼
「死神の暗躍もファントムワークスの暗躍もつながりがありそうだな。
しゃべっていいのか?そんな情報を」

ゼルプスト
「ああ。始末屋の役目をうしなった。
……僕はファントムワークスから捨てられたのだ。だからさらに話そう。
昏睡事件は『箱舟旧約』が計画していたのだ、
現実世界の人間をこの『黒澄州(クロスミス)』という普遍的無意識世界に作られた。
そこに人間を落としいれ、そこにすむ死の欲動の怪物デストルドーを育てていた。
人の死の恐れや恐怖という情報を固めたものが神話や未確認生物といった怪物だ。
それらの伝説上の怪物を現実世界に送り込んで軍事力などや資金にしていたらしい。

……まぁそれでは開き足らず、さらに強い人間の魂をおとし入れそれを取り込み
『死神』という人格を練りあげ、今現実世界にいる人間の魂と入れ替わり強力な『死神』能力をもった存在を
現実世界にそろえ一国の軍事力以上の強靭な不死の戦力を個人で持とうと考えていたらしい。」

黒鬼
「無茶苦茶だな。水面下で誰も気が付かない世界で兵器を作っていたようなものか。
この世界で。……現実世界で町に神話上の生物が出現していたのも
かなり前からこの計画が遂行していたということか。
夢のようなこの世界のなかに介入できる人しか状況がわからないというのも……。」

ジェナ
「私のアームPCやその他の介入できる機械持ちか、シャーマンや夢の王だけ。
こんなの国際警察や普通の組織でみつからないわけだわ。
黒幕の『箱舟旧約』も同様の能力者か機械を所持している。ということね。」

ゼルプスト
「さらに悪魔を商品に使うため、この世界とこの世界を行き来している。
邪魔な人間をこの世界に引きこみ、現実世界の自分は安全圏内で寝てこっちの世界にきている。
それを知っているのは……この世界で生き残っている君たちだけだ。
だからこそ、その秘密を知っている僕を始末を任された『摩耶井まゆゆ』を異界化で閉じ込めたのだ。
それに君たちが巻き込まれたのだよ!」

黒鬼
「全く偶然だがめんどくさいことこの上ないな。
だが……俺の役目はわかった。戦う目的を得た。」

ジェナ
「荒忌君を回収しつつ、この情報を早く現実世界のみんなに伝えないと。」

ゼルプスト
「手伝ってくれるかい?僕は……自分自信を信じて戦うことにしたよ。

さぁほら、牢屋の監視カメラに逃げる『摩耶井まゆゆ』が迷子になっている。
アイツは普通の人じゃない。弱い女性の姿を被った半分死神化している異形になっている。
僕の攻撃を受けても死にいたらなかったのだ。
多分『箱舟旧約』にとっても実験の用済みなのだろう。許せない。赦せない。」

ーーー
【愛憎の牢獄:2F】

 牢屋がぐるりと回りを取り囲む広い2階の中央に慌てふためいていた

4部まゆゆ
まゆゆ
「ぐるぐると!!!???ここはどこなのぉおお出口はっ?」

4部くろきぎん ジェナ ゼルプスト
黒鬼
「まやいまゆゆ!もう逃げられないぜ!」

まゆゆ
「ヒィイッ……。何故無実の私がぁなぜ!私は何もしていない人も殺したこともない私が?
なんであんたらに追い回されるのよ!死神は貴方たちね!
アガミ様にいつかコロされるといいわ!!!」

ゼルプスト
「ダウト。
あなたはファントムワークス中でも『アイドル』にふさわしい立派な犯罪者ですよ。
そして……貴方はもうすでに忘れていると想いますが、
『悪神夢幻(あがみ むげん)』さまを殺し、彼をバラバラにして神経や血管を編みこんだ服
今貴方が来ているその悪趣味な服こそ証拠ですよ。
……僕が仕えたファントムワークスは悪神様のカリスマ性があってこそでした。
悪が悪を持って世界を変えるそんな組織だったのに……歯車が狂ってしまった。
貴方が……貴方の狂気こそが総て台無しにしてしまった。」

まゆゆ
「悪神さまを私がコロシタ? 何を言っているの???ハァ?
アガミ様は今となりに居るじゃない!!あはは!今も否定してくれたデショ?
ほら!そんなわけないって!!ネェあがみさまぁあん!
……心も無いバケモノのおめぇが偉そうに人間様にさからってんじゃねぇよ!!!」

ジェナ
「え???……なんか話が通じてないよ。あがみッて人は今この場には居ないみたい。
あの人言ってる事が目茶目茶だよ……。」

ゼルプスト
「ええ。自ら愛した人を不意に殺したことすら忘れている。演技とかじゃなくてね。
しかもそれを素材に服を作っている。手の付けられない悪意それが彼女です。」

 突如広場に笑い声がケロケロとあたりに響く

センポクカンポク
センポクカンポク
「あらら……敵が3人になっているのに不利な状況だってのはわかって欲しいのダワー」

黒鬼
「また出たなカエルの悪魔!」

センポクカンポク
「あーそういえばこれカエルだったのダワー。まぁそんなことよりも。
せっかく沢山のリビドーアンプル持たせたのにぜんぶ使わないでどうするつもりなのダワー?
どうせこのまま中途半端な神話生物になってしまうならちゃーんと人間辞めるのダワー!
そしたら現実世界にもイケるし、あなたのだぁいすきなアガミも具現化できるはずダワー!」

まゆゆ
「ほんとに!!アガミ様を返していただけるのね!アイツラに殺されたあがみ様を!
なら!アッハァ!お注射いっぱいうつわ!」

 懐から無数の注射器を両手にもち首に突き刺し注入した
 すると体の周囲に太いロープが輪を作り広がり まゆゆの首を締め上げた

イシュタブ
イシュタブ
「あはっはhっはははははっはっ!楽園へようこそ!
首をくくれやあ嗚呼嗚呼嗚呼あはははっ!」

 その横で宙に浮くカエルの姿は大きく膨らみ 子供のような人間の姿に変容する

ヤミー
ヤミー
「これが我々の計画の一つ。
死を恐れる人間のイメージの集合体『死神』。死の世界の神を!
冥界の神を我等の手で作り上げるのダワー。
ねぇ?まだ目覚めないの兄様?目覚めないなら冥界の神として目覚めさせるまでダワー。
私は偉大なる人間の祖『ヤミー』!ハロー人間グッバイ人間!なのダワー!」

VS ボス:イシュタブ&ヤミー

続く


長くなりましたが、ここからは解説パートになります!

マヤ神話とインド神話から1体ずつ紹介

①いしゅたぶ
イシュタブ
マヤ神話の自殺の神様。背を伸ばすためにしてるわけジャなさそうですね。
事故死や戦死意外で認められる名誉のな死とされる首吊り自殺の女神と言う物騒なやつ。
イシュタムでうっかり画像検索するとガチで首吊ってる女性が出てくるので閲覧注意。

イシュタム o0600036012646010920.jpg
昔はイシュタムとして登場させましたが、今回創作物語が死神シリーズボスなので、
そのリファインで出してみました。
前回のはだいぶ金子先生のイシュタムよりでしたね。ボツ版は腐った首吊り死体でしたね。
ペルソナにでてくる頭が首吊りロープのデザインも好き!

Ixtab.jpg
顔の造形は壁画の挿絵を元に頬の黒ずみ(壊死?)が笑窪のようなマークにして
首を吊らせたロープの人物を媒体として活動するロープが体の笑顔マスクの神として書きました。
なので吊られた人は抵抗しているし苦しそうにしてます。楽園にイケる押し売りですね。
宇宙樹ヤシュチェの使い魔というか樹の蔓の怪物イメージ。

4部まゆゆ
敵の幹部のまゆゆの怪人体を想定していたけどまさかこう言うデザインになるとは
当初は全くおもってませんでしたwひどいわ!

ーー
LV61 死神イシュタブ【DARK-NEUTRAL】&イシュタブのロープ【DARK-NEUTRAL】
火炎・斬撃弱点 打撃耐性 氷結・電撃・衝撃・状態異常反射  呪殺無効

・ヤシュチェの括り縄(敵味方全体に行動すると次ぎのターン中確率で即死する縄を首に出現させる。)
・快楽の荒縄(物理攻撃カウンターで発動し相手単体を大確率で状態異常:魅了にさせる毎ターンダメージ)
・窒息の締め縄(魔法攻撃カウンタ-で発動し相手単体のパラメーターすべてをダウンさせ毎ターンダメージ)
・きつくしめあげる(縄攻撃状態が相手に居る時敵味方のダメージを倍化させる)
【サポートスキル】・声にならない声(敵全体を状態異常になりやすくなり、自然解除ターンを倍化させる)

アイテムドロップ
括り縄のイマージュ(イシュタブの核となるイメージ。オルゴン召還解禁になる。)

◆複数の縄と本体で構成されるボス魔法型か物理型か見極め一本ずつ落とそう 防御でやり過ごすのあり


②やみー
ヤミー
インド神話『リグ・ヴェーダ讃歌』の太陽神ヴィヴァスヴァットを父に持つヤマの妹かつ妻。
配偶神(双子の兄)ヤマの兄妹は最初の人間の夫婦であり、ヤマは最初の死者だともいう。

センポクカンポク
前に紹介した富山県の妖怪「センポクカンポク」の創作物語上での正体として登場。

解りやすく書かれてる参考はこの辺とかでどうですかね。
◆お盆と閻魔の妹
http://www.ne.jp/asahi/choonji/namo/hanasi3-262.html
◆ヤマとヤミー(リグ・ヴェーダ)
http://nantokanaru693.blog45.fc2.com/blog-entry-26.html

初めての人間の女性で、双子の兄であるヤマに性的発情して結婚し子供をなした
ガチ肉食系妹です。美味い意味での「ヤミー」でなく
201009101804164ea.jpg yami-0efd0.png ans-209255898.jpg
ブリーチやロマサガやライダーの「ヤミー」でもなく
ヤマくんとヤミーちゃんという名前の女性名やみー。金色の闇(こんじきのやみ)とも違いますねw
病みにちかい闇をもつ兄ラブなブラコンこじらせた近親相姦属性のヤンデレですけどね!

イヴ
役割的には聖書のアダムとイヴのイヴちゃんの元ネタでしょうか?それともたまたま?
洪水生き残りの民の話とかインドが宗教の基礎と考えるとキリスト教が採用した感ありますねのちに。

ヤマジレンマ
おにいちゃんであるパンピーの「ヤマ」君は、死後神様の命令で
悪人や死者の魂を管理する冥界の王のお仕事をすることになり
それが後の冥界神ヤマとなり仏教で閻魔大王になったのですが最初は普通の人間だった!のです。

そんなおにいちゃんと近親ックスした妹のヤミーは兄の死を忘れられずずっと泣いてて
それを忘れるために神が『夜』を生み出し、時が死の悲しみを忘れさせてくれるというもの。
今回それを踏まえた話が創作物語で、主人公が『ヤマ』を使えるようになり、
夜しかない仮想空間に作られた死の世界で『ヤミー』が会いに来るというのが話のベースにありました。
ようやくだせましたw

死神と言うよりは、神の子で半神のような扱い。
その前段階のセンポクカンポクは『死者の御迎え人』という感じで出したので、
デザインを引き継ぎつつ雨傘アマガエルから雨具の雨合羽を着たインド少女になっています。
4部なかどめうてんはてん
下着レインコートという奇抜なのを昔出したキャラをサルベージしたので、
さらに変態要素追求というか性や隠しきれない欲求をアップさせた全裸雨合羽。
(そとのは普通に服きててほしいですけどねw)

ヤミーの計画はヤマの魂(イマージュ)をもって天候双子の体を乗っ取り二人だけがゴールという計画
だったけれども、主人公や敵サイドが二人の魂を返り討ちにしちゃったので断念。
直々に連れ戻さないとならなくなった見たいな感じで物語の後編の重要ボスで出てきました。

ーー
LV58 魔人ヤミー【DARK-CHAOS】
破魔耐性 呪殺・即死無効 魅了弱点

・ヒートライザ(総てのパラメータをアップさせる魔法)
・ランダマイザ(総てのパラメータをダウンさせる魔法)
・光明無尽(敵単体に大ダメージを与える破魔技)
・絶死問答(敵単体に大ダメージを与える呪殺技)
・至高の手解き(敵単体に状態異常:魅了の相手にHPとOPを半減させる。)
【サポートスキル】・オールデスキル(敵全体に耐性をつける障壁をすべて破壊する魔法)

アイテムドロップ
漆の月夜のリビドー(なんだか遠い記憶の愛の詰ったオルゴンボックス。)

◆積極的に主人公を狙ってくる上にバフデバフサポートをする厄介なボス
--
ちなみに
ゼルプスト
ゼルプストはカール・グスタフ・ユングが提唱した分析心理学(ユング心理学)における概念の元型の一つ。

自己(ゼルプスト)- 心全体の中心であり、心の発達や変容作用の根源的な原点となる元型。
宗教的には「神の刻印」とも見做される。

心の中の存在が人間を模倣して目覚めて、やがて神になるっていうことポジションで出てもらいました。
覚醒キャラですね。昔から愛用してるりく君だからこその役割を演じてもらった!のだ。




今日の更新はここまで!

来週はアナコン!
創作意欲をマシマシブーストにして本の発想力底上げにしましょう!
そうしたい!そろそろキャラを固定化させ完成させていきたいですわ(´・ω・`)

まぁそれまではまったりブログで描きたいデザインを色々描いて案だししましょ。
それではおやすみなさい!



どんどん長文化するこのブログ! 駄文おおくてすまぬね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

来訪者数
333333番で神殺しか御粥
コメント残してもらえると友好度UP
プロフィール

そとの道

Author:そとの道
ブログの誕生日08/03/14
そとの誕生日10/19

詳細DATA
.
悪魔や神話関連が大好きで青春時代
に無駄に熱意をつぎ込んでしまった
悲しい男の日記ブログ!

Infinite factorというバンドを
応援しています!(解散無念!)

絵の練習&悪魔とか描きたい!
描いて捨てるのもモッタイナイ
知識を放出したい!
そんな理由でブログ始めました。
最近は腹立たしいのでニュース記事ばかり

真女神転生シリーズの異端のデビルチルドレンから入り、悪魔や神話にドップリ浸かり、創作神話やら民話も知識として吸収中

イラストは毎週更新するつもり。


副タグリストから『悪魔辞典』で過去描いた悪魔イラスト一覧にいけます。めんどいけど名前をコピペしてブログ内検索で見てね。

ちなみに画像は
本体:ステワ・ルトゥ
(吸血内臓スライム)
パンダは飾り。
齢20代、心は40後半
鬱攻撃に弱い、精神攻撃に弱い
眼鏡っ子
素人絵だけど、ここのイラスト無断拝借使用とか少し変えて転用とか恥ずべき行為はやめてねん。
お声あれば発想力はお貸しします。

リクエストは聞くけど私はうちの子描くマン

ツイッターはじめました

画像

バナー
バナー作ってもらいました!
pixivはじめました
最新の登録30件が表示されます
ブログ内検索
文字や解説が多いので便利かも?
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
カテゴリー
副タグリスト
オカルトで分類分けしてしました
バンド応援しています!
Infinite factor        (インフィニット ファクター)
無限の要素へようこそ
画像クリックでサイトに飛びます。リンク先には礼節を
ランキング
気に入ったらポチッと押してください

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

カレンダー
更新は気の向くままです
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ミニ天気予報
意外と最近便利と感じなくも無い

-天気予報コム- -FC2-
リンク
基本的はリンクは自由です!お友達が増えるとイイナ♪
このブログをリンクに追加する
メールフォーム
なんか言いたい事があれば適当にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

マイナーからメジャーの神話などの質問や要望大歓迎
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブックマーク