• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

新宿のアルタ前に集合する英霊と悪魔とグラさんでいいともー?そんなへいわな世界

1487162365479.jpg

(´・ω・`)てっけつ……

いい感じにIQ下がって心が弱ったところに糞話がスーッと効いて
ありがた……くない!

何とは言わないけど久々に心やられたわ
どうもそとの道です。(作品として放送時間帯としての死を向かえた瞬間を見てしまったSANチェックどうぞ)

1488097852622.jpg
ハァ 

わーい、ものがたりを台無しにするのが得意なフレンズなんだね!
すごーい(パンパンパン 銃ぶち込みながら)

精神にきたら緩和しないとですね
まぁ鉄血(それ)はおいといてー
今更ですが
sotonoフレンズ
GYAO! で一挙放送「けものフレンズ」
みれました!w


けものはいても のけものはいない ただしつけもの、テメーはダメだ 状態で
見れて無いのけもの漬物フレンズだったのでブームのアニメはみとかないとと思ってみましたw

トキ(CV金田朋子)、ツチノコ(CV小林ゆう)が最高に仕上がっていたw
あと個人的にはライオンが日常のゆっこだったwすきw

ちなみに上にあるうちのブログのロゴをけものフレンズ風にして見ましたが
以下のジェネレータでそれっぽいのつくれるぜ!
SnapCrab_NoName_2017-2-26_21-59-42_No-00.png
◆けものフレンズ ロゴジェネレータ!
https://aratama.github.io/kemonogen/

さらにドロー!モンスターカード!

落書きを猫にして特殊召還!(いま遊戯王新ルールでゲンテンカイキしてるんでしたっけ?w)

猫熊の異形の落とし子!
SnapCrab_NoName_2017-2-23_0-0-1_No-00.png SnapCrab_NoName_2017-2-23_0-2-58_No-00.png
※クリーチャー注意w

きもっ
そとのさん( ・`ω・´) きもッ

上の異形はけものフレンズとは関係ないですw
2/22で猫の日でツイッターのTLを賑わした、
線で絵を書いただけで自動で認識して形を作って着彩するというもの。
グーグル人工知能絵みたいなものですかね?最近流行りデスネ。
まるで小林画伯の見ている世界のようだw

下記リンクから遊べるようです。
SnapCrab_NoName_2017-2-26_22-0-19_No-00.png
◆Image-to-Image Demo
http://affinelayer.com/pixsrv/index.html

人としての生活に疲れたらけものフレンズのようになりたいですね。
人類は滅んじまうぜw

まぁアホナこと言ってないで今週のイラスト回いってみよう!


トゥイードルズ
争いは、同じレベルの者同士でしか発生しない!!

その名はトゥイードルズ

「トゥイードルダムとトゥイードルディー」(Tweedledum and Tweedledee)は、
マザー・グースの一つとしても知られているイギリスの童謡である。

この歌は遅くとも19世紀のはじめには存在していたことが確認されているが、
ルイス・キャロルが『鏡の国のアリス』(1871年)の中で使用したことによって広く知られるようになった。
兄弟らしき二人の人物ががらがらをめぐって争うという滑稽な内容の短い歌で、
今日でも「トゥイードルダムとトゥイードルディー」は互いに相争いながらも
実際にはよく似ている二人の人物を指す言葉として用いられている。

今日よく知られているものは以下の形である。

Tweedledum and Tweedledee
Agreed to have a battle;
For Tweedledum said Tweedledee
Had spoiled his nice new rattle.
Just then flew down a monstrous crow,
As big as a tar-barrel;
Which frightened both the heroes so,
They quite forgot their quarrel.


トゥイードルダムとトゥイードルディー
決闘をすることになった
トゥイードルダムが言うことには、トゥイードルディーが
彼の素敵な新品のがらがらを壊した
ちょうどそのとき、巨大な鴉が飛んできた
その大きさときたら まるでタールの樽のようだった
二人の英雄はおそれをなして
決闘のことはまったく忘れてしまった




イラストの解説は追記へ(創作物語を多く含みます)

創作物語4部
ブラックシルバージレンマ
【過去:各話セレクト】
▼第0夜『黒銀色ジレンマ(ブラックシルバージレンマ)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-883.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-884.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-885.html
▼第1夜『月下のサーカス』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-886.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-887.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-889.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-890.html
▼第2夜『ファントムワークス(亡霊製作所)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-898.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-905.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-907.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-909.html
▼第3夜『顔のない月夜』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-914.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-919.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-922.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-924.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-926.html
▼第4夜『死神が嗤う刻』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-927.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-929.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-930.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-931.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-934.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-935.html
▼第5夜『魂の鼓動、仮面に秘めて』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-941.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-942.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-943.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-944.html
▼第6夜『自分の役を始めよう』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-947.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-949.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-950.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-952.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-956.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-959.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-961.html
▼第7夜『愛が死を分かつまで』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-965.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-968.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-971.html
ーーー

第7夜『愛が死を分かつまで』
前回更新のストーリーのボス:ヤミー撃退の続きから
http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-971.html

ーーー
【愛憎の牢獄:2F】

 古城の石造りにある牢獄のような広場にこだまする死の怪物の断末魔
 倒れこみ口からどす黒い内容物を吐瀉するレインコートの少女
ヤミー
ヤミー
「なぜぇ……このゲームに勝ち、私は幸せになりたいだけなのに……なぜなのダワ……
死神のゲームにぃい勝てない……悲しみを忘れるために『お父様』にお願いして……
夜まで作って頂いたのにこの力を得たのに……
……それに許せないのダワー!!裏切り者のデストルドー!!
自我をもってなにがしたいのダワッ!ウォーロック!」

ゼルプスト ゲーデ
ゼルプスト(ウォーロック)
「悔しいのかい?デストルドーの力を借りただけの元人間のヤミーちゃん!
僕らはデストルドーと言う『死にたい』と言う気持ちそのもの。人間それを招いて死に誘う存在。
死神。そう便宜上死を司る怪物。命を支配する死の神。
でもそんな物になって何がしたい?世ほどのもの好きが勤勉に管理をしたいという支配欲にかられてか?
魂を集めて誰かに認められたい?僕はそんなつまらない人間の真似ごとするほうが空しい。
もっと自由に、この姿の青年のように自分に偽らない心。それに憧れただけさ。
この青年の魂(イマージュ)の写しと死神『ゲーデ』の力と自己(ゼルプスト)の元型を得た僕は
自由な人間生活で色んな世界を見るつもりだ。 

この異界化した『愛憎の牢獄』の姿は、まさしく君ら死神サイドの縛られた世界の写しだ。
ゲームならなおさらだ。僕は縛られない。そう言う世界のためにここを出るそう決めたんだ。」

4部くろきぎん ジェナ
黒鬼
「ヤミーと言ったな。
ファントムワークスのやつらを利用して、人の魂をこの『黒澄州(クロスミス)』の街に集め
デストルドー(死の欲動)を育成し、魂をコアにして死神を作り、
あげく、そのファントムワークスの幹部すら用済みとあらば死神の素材にする。
そんな計画をゲームだって?それに『お父様』とはなんだ?
この世界に知っていること話してもらおうか!」

ジェナ
「ファントムワークスとの関係者なら首謀者のアジトもわかりそうね!」

ヤミー
「ふふっ……この程度で勝ったと思ってるなら幸せなのダワー。
必ずやデストルドーがすべての世界を統べる……すでに手遅れダワー
死神になって我等の仲間になれば幸せと……なるのダワー。
また、次こそ『ヤマ』の魂が覚醒させる。その魂だけは返してもらうのダワー。
逃がさないのだわー!くっくっくっ。」

 地面に吸い込まれるように姿を闇に晦ますレインコートの少女

黒鬼
「ちっ逃げられた……。
ウォーロック!……てかぜるぷすと?あんたは何か知らないか?
結局アイツも死神なのか?ヤミーってのは。」

ゼルプスト
「まぁ似たようなものだ。ヤミーと言う少女の魂(イマージュ)をコアにして再現されたデストルドー生命体。
そんな認識でいいだろう。ヤミー本人の意志は残っているのかも知れないが。
現実世界では我らは存在できない影の存在。
死神は人の魂を創作し、この世界をパスして、元いた人間の魂と入れ替わり体に入り乗っ取る。
それがやつらの目的。人間の体というガワが欲しいのさ。
現実世界で人が急に別人になる。このカラクリは外の人間にはばれないってスンポーだよ。」

黒鬼
「死神はデストルドーの上位互換の存在って認識であってるか?本当に神とかでなく。
魂が利用され、死神になる。神話生物の主神クラスの力を得ると。
その死神が勝手に俺やジェナちゃんも現実世界で入れ替わってるとかは……あるか?」

ゼルプスト
「それはないね。神と言ってもどんなに死神でさえこの世界のルールに縛られる。所詮まがい物。
君の体と魂はリンクしてるんだ。そうやすやすと人の体を入れ替われない。
きみの魂こそがIDとパスコードって感じだな。
君らがこの世界で死んだら……デストルドーに食われ死神に転化して乗っ取られる。そんなとこだ。

攻撃手段のない普通の人間も来れないはずの『普遍的無意識世界』に……
昏睡薬で強制的におとされてその魂を利用し現実世界に戻り
現実の人間の皮をかぶったバケモノや犯罪者が大問題に!
そんなところだろう?ジェナ?」

ジェナ
「ええそう。手が付けられないほどよ。どの国の軍も動き出して世界戦争目の前よ。
政治も滅茶苦茶。未だかつてないほど世界が大混乱よ。
その暴動を抑える軍の人間ですら悪魔になる。ほんと緊急事態なの。
四の五の言ってられなくて……私の力と『頚城遼太郎』ってやつの力で無理矢理来たの。
ムー大陸式『ゾイガードライバー』でこの世界にね。

……ほんとここ数日で昏睡事件が爆発的に増えてね。
国際警察総動員で事件に当たっているんだけど寝たらアウト。調査も寝ずで疲労困憊。
その裏で組織的に昏睡薬『ゾンビパウダー』を製造販売混入までしているやつ等がいたの。
そのリーダーである『箱舟旧約』っていうヤツを追えば止められると思ったの。
どれも行動していたのは末端の暴力団組織の構成員とかカルトとかねキリがなかったし……。」

黒鬼
「俺が……うっすら覚えている現実世界の混乱からさらに悪化してるんだな。
この事態を止められるのはこの世界で戦える俺たちぐらいなんだな。
ところでそのゾイなんたらドライバーってのは俺にも使えないのか?
この世界に来ることが出来るなら自由に行き来とか
相手をスキャンできる的な話はしてたよな?」

ゾイガーツァール
ジェナ
「前にも言ったかもだけど
このアームPC『ゾイガードライバー』は『腕に直接生やしたスマートフォン』って感じ。
これ私が子供の時に腕に埋め込んで骨から直接繋がってるの。生体コントロール機器でね。
簡易の模倣品『デーヴァステイタス』ってのもあったんだけど……それではこの世界にアクセスできなかったの。
現代の技術じゃ駄目だった……ムー大陸の技術の粋を集めたものがこれだからね。
だから取り外しができないのよ。
それに私自身の情報とか服とかしか持ち込めなかったの。
『武器』とか『乗りモノ』とかまず無理だったよ。まぁ私には体術があるからいいんだけどね。

それに行き来も考えたけど……来る時に何ものかの存在が妨害してきたの。
入りなおすともう二度とこれないかもだから……ね。

この世界でも現実の体の仕組みが反映されてるみたいね。変にリアル思考というかね。
電脳世界とか夢の世界とかなら出来るんだろうケドね。そうはいかないみたい。」

黒鬼
「ううむ。縛りプレイのような制限がこの世界の支配者的な者に制限でもされているか
さっきの『お父様』って存在が関係しているのかもだ。」

ゼルプスト
「ああ。僕もその存在を見たことはないが、デストルドーという意志のない『死』の概念に
僕のようなデストルドーに人格、命を吹き込んだ創造主がいる。このクロスミスのボスだろう。
そういう認識でいいだろう。死神達に侵略ゲームを命じている張本人。
ゲームマスターというべきか。ラスボスを叩かないとだ。」

黒鬼
「ゼルプストことウォーロックもデストルドーなのだろう。」

4部ウォーロック
ゼルプスト(ウォーロック)
「はきゃきゃきゃ~。親殺しとな?
生みの親とはいえ別に人間のように血の繋がったツナがガッタガタ関係ではない!
所詮別個体の別の思想をもった、自称創造主。唯一の神を模倣したデストルドーに過ぎない!
血を流せれば倒せるように~デストルドーのエネルギーが流れ出れば~タラレバ~
形を維持できなくて~└( 'ω')┘ちぬ~
そうすれば晴れて僕は、人の魂を借りずとも自分が自分であるという魂をもってこの世界を出られる。
そうルールを描きかえればいい。ダロ?」

黒鬼
「死の欲動が随分前向きだなおい。……俺らで勝てるのか。
武器や召喚器『オルゴンボックス』がなきゃ俺は普通の人間だぞ。
まぁ……いざとなりゃ荒忌とかイヲラが戦ってくれるとは思うが。」

ジェナ
「大丈夫!私がいる!今度は救う番だもの!……さぁここから出よう!」

ゼルプスト
「……。とさっきからこの牢獄の異界化を解除使用としてるんだけど
権限がない。……もしや『ヤミー』の仕業か?ヤツを見つけなければいかなくなった!!」

黒鬼
「……。はためいわくな。仕方ない。
ヤツも逃がさないとか言ってたな俺を指差して。
探すぞ。」

ーーー
【愛憎の牢獄:3F】

 薄暗い石造りの壁と鉄格子 赤いろうそくがぼんやりと通路を照らす

4部くろきぎん ジェナ ゼルプスト
黒鬼
「異界化権限が移動しているから敵は出てくるし、新しいダンジョンになってて迷子になる。」

ゼルプスト
「それな!」

ジェナ
「こんな優著にしてる場合じゃないんだけどね。
サーチ機能がこの回に人の魂(イマージュ)の反応でてるんだけど。」

黒鬼
「あの牢屋に座っている人影がそうなんじゃないか?」

偽はれっと
???
「おや。じぇな? このせかいにきていたのか?」

ジェナ
「えっ!?ハレットさん……??」

黒鬼
「そういや『クビキリョウタロウ』ってやつと『ハレット』って人も名前出てたな。
てか……俺あの姿の偽者をあったぞ病院で。つまり『獄中死罪人』の罠にかかってな。
もしかしてその『ハレット』っていう人の魂もこっちに来ているのか?
……いやこの人は本物か?」

ジェナ
「そんな筈はないわ!説得したもの。
危険すぎると止めてくれたけど無理を言ってここに着たし、
緊急事態があっても現実世界で待ってると。信じてくれた!」

ハレット??
「いやぁ こまったよ。しんぱいになってきてみたら。つかまっちゃって。
このろうやにいれられてでれられないんだ!たすけてくれよぉ。じぇな」

ゼルプスト
「黒鬼銀。君はさっき病院でコイツにあったといったな。
そして僕もこの魂のコピーをした『リク』と言う人物も『ハレット』を知っている。
ジェナも知りあいだ。だけどそれは全員の共通認識を利用して姿を変えている
デストルドーだ。死神『ゲーデ』となった僕の死神の眼の前ではしょうもない罠だ。
ヤミーの罠だ。」

 銀髪の青年はみるみると姿を変え 巨大な怪物となっていく

トゥイードルズ
悪魔
「もっとこっちにきて きかせろ しんぞうのこどうをとめてやるからよぉおおおおお!べへへっ!」

VS トウィードルダム トウィードルディー戦 続く


長い創作パートはここまで!
ここからは解説パート
鏡の国のアリスから1体紹介。

①とぅいーどるず
トゥイードルズ
不思議な国のアリスの続編『鏡の国のアリス』に登場する
トゥイードルダムとトゥイードルディーと呼ばれるよく似た小男。

imgrc0074160411.jpg 201607102112110.jpg
こいつらですね。双子のようですが別人だとか。

音楽用語では「トゥイードル」はヴァイオリンで
「ディー」は高音、「ダム」は低音を意味するんだとか。
名前の意味はそこまでなく、マザーグースやイギリスの詩人バイロンの詩で
口に出したい発音の名前って感じでしょうね。
よく海外でもPの着く言葉が人気のピーター・パイパー(ペンパイナッポーアッポーペン人気になりやすい理由の一つ)みたいな。
やっぱ英語伝承童謡マザー・グースの影響ですね。

日本の古典落語というか童謡なんで子供用の教育みたいなもんですかね。
子供のころから馴染み、皆が知っていてシンプルながら奥深いから大人も引用する代名詞。
アリスもモロに影響受けてる作品です。てかいいとこ取り。

トゥイードルズはコマ犬や仁王のような「阿吽の呼吸」にも似てるけど根本は違いますね。
すぐ争い会う似たモノ同士というか。
「争いは、同じレベルの者同士でしか発生しない!!」的な皮肉と言うか。
そのせいか主人公の行く手を阻む意味のない妨害者の役目であり、
へんなのーでもおもしろーいっていうサブキャラですね。

ティム・バートン監督の映画『アリス・イン・ワンダーランド』では
敵の赤の女王サイドだけど実は白の女王の一員というポジションだったかな。
特に役目的には自由に使えるポジションですね。

イラストでは
アリスに出てくるキャラをアレンジしたかったのと、
赤の女王の前に戦う双子というイメージだったので
「ハートの女王」(心臓)の前の肺のイメージで書いてみました。
拷問を受けているような生々しい肺のような人型のようなクリーチャーに。
本体は実は喉の器官部分。
背中から中央でボディーを守る肋骨のような器具を装備しているボスシャドウって感じですかね。

高音出せる肺と煙草で低音しか出せない肺ってかんじで。
死神とか生とか死とかを想起させるのが今回4部の話なのでこういうのもありカナ?

ギミックと肺をモチーフにしたかった感だけですねw
誰得というか。描きたかったから描いたっていう。そう言うの大事w

ーーー
LV52 屍鬼トゥイードルズ【DARK-NEUTRAL】
     屍鬼トゥイードルディー【DARK-NEUTRAL】
     屍鬼トゥイードルダム【DARK-NEUTRAL】
物理弱点 破魔・呪殺反射
【ディー】 氷結・電撃弱点 火炎無効 衝撃吸収
【ダム】火炎・衝撃弱点 氷結無効 電撃吸収

・冷徹な鼓動(敵全体の中ダメージ氷結物理 中確率で状態異常:悲嘆にさせる)
・激情な鼓動(敵全体の中ダメージ火炎物理 中確率で状態異常:憤怒にさせる)
・心音風舞(敵全体に中ダメージ衝撃物理 中確率で状態異常:混乱にさせる)
・バウンドフレーム(一時的にフレームが体を包み物理反射状態になる)
・パージフレーム(物理攻撃を受けた時にダメージを5倍にして返すカウンターし閉じ状態を解除)
・休戦処置(ディーとダムを全回復復活させる トゥイードルズ一時戦線離脱)
・マカラカーン(味方全体に魔法を反射する障壁をつくる魔法 重ねがけ不可)

アイテムドロップ
高音のイマージュ(トゥイードルディーの核となるイメージ。オルゴン召還解禁になる。)
低音のイマージュ(トゥイードルダムの核となるイメージ。オルゴン召還解禁になる。)

◆3体1セットのボス。2体が機能停止すると無防備な本体に攻撃できる 魔法もよく効く




今週の更新はここまで!
いやぁ。精神的に安定しないと諸々が上手く行きませんね。
元気があれば何でもできる!って言葉ホントに今になって解る。
元気がないとなにもおきないぜw

さぁ忙しいけど頑張って生きましょうね└( 'ω')┘



デジモン上映館数と上映数を増やさないとドンドン廃れて行く気がします……
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

来訪者数
333333番で神殺しか御粥
コメント残してもらえると友好度UP
プロフィール

そとの道

Author:そとの道
ブログの誕生日08/03/14
そとの誕生日10/19

詳細DATA
.
悪魔や神話関連が大好きで青春時代
に無駄に熱意をつぎ込んでしまった
悲しい男の日記ブログ!

Infinite factorというバンドを
応援しています!(解散無念!)

絵の練習&悪魔とか描きたい!
描いて捨てるのもモッタイナイ
知識を放出したい!
そんな理由でブログ始めました。
最近は腹立たしいのでニュース記事ばかり

真女神転生シリーズの異端のデビルチルドレンから入り、悪魔や神話にドップリ浸かり、創作神話やら民話も知識として吸収中

イラストは毎週更新するつもり。


副タグリストから『悪魔辞典』で過去描いた悪魔イラスト一覧にいけます。めんどいけど名前をコピペしてブログ内検索で見てね。

ちなみに画像は
本体:ステワ・ルトゥ
(吸血内臓スライム)
パンダは飾り。
齢20代、心は40後半
鬱攻撃に弱い、精神攻撃に弱い
眼鏡っ子
素人絵だけど、ここのイラスト無断拝借使用とか少し変えて転用とか恥ずべき行為はやめてねん。
お声あれば発想力はお貸しします。

リクエストは聞くけど私はうちの子描くマン

ツイッターはじめました

画像

バナー
バナー作ってもらいました!
pixivはじめました
最新の登録30件が表示されます
ブログ内検索
文字や解説が多いので便利かも?
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
カテゴリー
副タグリスト
オカルトで分類分けしてしました
バンド応援しています!
Infinite factor        (インフィニット ファクター)
無限の要素へようこそ
画像クリックでサイトに飛びます。リンク先には礼節を
ランキング
気に入ったらポチッと押してください

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

カレンダー
更新は気の向くままです
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ミニ天気予報
意外と最近便利と感じなくも無い

-天気予報コム- -FC2-
リンク
基本的はリンクは自由です!お友達が増えるとイイナ♪
このブログをリンクに追加する
メールフォーム
なんか言いたい事があれば適当にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

マイナーからメジャーの神話などの質問や要望大歓迎
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブックマーク