• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

更新遅れてすまない 唐突にすまない(心臓をぬきながら)

u3k2_RKW.jpg
そんなときは(サブタイのような状況の時は)
ポヨポヨしてして座して待つがよい!!(なんか君見た目とちがわへん?)

どうもそとの道です!!!

更新おそくなった!!

だってダウンシテタカラァ!!(アセラナイデェ!)

急にドンとゴンゴンしてるばいじゃねぇヒヤウィゴー(アイゴーはそうじゃねぇI goな)

よくわからないテンションなのは病みあがりで平日にブログの更新の残りを急いで更新してるからですね。
週末の画像貼りつつイラスト回ささっといきましょう。

DFU4yJMV0AAPxy8.jpg
東京フラフェスでお酒と屋台飯くってました!

DFU4xiMVoAAJgEe.jpg DFU4y03VwAArazt.jpg DFU4zXkUAAIstoQ.jpg
スペアリブに焼き鳥
アイスもいかがっすか~(アロハオエー)

DFU7z8gUwAEnWAY.jpg DFU8eOXU0AEC1HU.jpg
お酒と肉とデザートに閉めは『昭和珈琲』でまったりとアイスコーヒーですよ!

やっぱり池袋は遊び場として最高だな!!!

さあっ!(編集点みたいなきりかえやめーや)

イラスト回いってみよう!
今週は創作物語の前編。来週はその後編ってかんじです!


オシリス
世界は死と再生を繰り返し循環する

その名はオシリス

オシリス(Osiris)は、古代エジプト神話に登場する神の一柱。
オシリスとはギリシャ語読みで、エジプト語ではAsar(アサル)、Aser(アセル)
Ausar(アウサル)、Ausir(アウシル)、Wesir(ウェシル)、Usir(ウシル)、Usire、Ausareとも呼ぶ。

イシス、ネフティス、セトの4兄弟の長兄とされる。
王冠をかぶり、体をミイラとして包帯で巻かれて王座に座る男性の姿で描かれる。

同神話によれば生産の神として、また、エジプトの王として同国に君臨し、
トトの手助けを受けながら民に小麦の栽培法やパン及びワインの作り方を教え、
法律を作って広めることにより人々の絶大な支持を得たが、これを妬んだ弟のセトに謀殺された。
尚、この際遺体はばらばらにされてナイル川に投げ込まれたが、
妻であり妹でもあるイシスによって、男根を除く体の各部を拾い集められ、ミイラとして復活。
以後は冥界アアルの王としてここに君臨し、死者を裁くこととなった。
その一方で、自身の遺児・ホルスをイシスを通じて後見し、セトに奪われた王位を奪還。
これをホルスに継承させることに成功。
以降、現世はホルスが、冥界はオシリスがそれぞれ統治・君臨することとなった。

ただし、この神話はエジプト人自身の記述ではなく、
ギリシアの哲学者プルタルコスによる「イシスとオシリスについて」に基づくものである。
オシリスの偉業は武力によらずエジプトと近隣の国家を平和的に平定し、
産業を広めた古代のシリア王をモデルにしているとされる。

神の死と復活のモチーフは、
各地の神話において冬の植物の枯死と春の新たな芽生えを象徴しており、
オシリスにも植物神(もしくは農耕神)としての面があると見られる。
肌が緑色なのは植物の色を象徴しているからだといわれる。

古代エジプトの墓の遺跡に、彼の肖像が描かれたり、
その名前が記録されているのはそのためであり、
当時の人々の死生観に彼の存在が大きく影響していたことの現れであろう。
オシリスはギリシャ・ローマ世界ではセラピスとして、イシスやハルポクラテスとともに、信仰された。



イラストの解説は追記へ(創作物語を多く含みます)

創作物語4部
ブラックシルバージレンマ
【過去:各話セレクト】
▼第0夜『黒銀色ジレンマ(ブラックシルバージレンマ)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-883.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-884.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-885.html
▼第1夜『月下のサーカス』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-886.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-887.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-889.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-890.html
▼第2夜『ファントムワークス(亡霊製作所)』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-898.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-905.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-907.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-909.html
▼第3夜『顔のない月夜』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-914.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-919.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-922.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-924.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-926.html
▼第4夜『死神が嗤う刻』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-927.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-929.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-930.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-931.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-934.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-935.html
▼第5夜『魂の鼓動、仮面に秘めて』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-941.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-942.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-943.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-944.html
▼第6夜『自分の役を始めよう』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-947.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-949.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-950.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-952.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-956.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-959.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-961.html
▼第7夜『愛が死を分かつまで』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-965.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-968.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-971.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-974.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-976.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-977.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-980.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-983.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-986.html
▼第8夜『えんりえど・ごんぐじょーど』
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-990.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-991.html
 http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-994.html
ーーー

第8夜『えんりえど・ごんぐじょーど』の前回更新の続きから
http://gedou453.blog71.fc2.com/blog-entry-994.html

ーーー
【深層黒澄州:チェスの広場】

 青年の攻撃により悪魔は四散し、少年の刃が巨大な怪物の喉を抉る
 獣遠吠えのような悲鳴が広場にこだまする

ダークアリス
ダークアリス
「ピィギャアアアアイいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいッ」

4部あらいみ
荒忌
「お前もどんなデカイ化物であろうとデストルドーならば他のヤツと同じく
オレの呪術の刃で斬れる!そして俺は!俺たちはこの世界から出ていく!」

 軽々と跳ぶ少年の刃が1匹の蛇を調理するように両断していく
 ブクブクと膨らみ形状崩壊していく 少年は軽やかに降りてくる

4部 黒金銀次郎黒金
「荒忌!!無事か!」 

荒忌
「ああ。これくらい朝飯前どころか昼飯も前だぜ
さっきの手ごたえ有りだ!へへっ見てたろ銀!……って本当に本当に銀でいいんだよな?」

黒金
「この世界で初めて出会って『黒鬼銀』と名乗った方だけどな……。
荒忌を過去苦しめた『黒木銀』ってやつは、オレごと荒忌(おまえ)がそのナイフでやっつけて、
混合していた俺の魂は切り分けられて、
この悪魔召喚器『オルゴンボックス』に入って助かった。
……イヲラというか宴人は……ヤツの凶行を止められなかった。すまない。」

4部殺人鬼黒鬼銀
荒忌
「いや……。オレもアイツの『殺人衝動(クリミナルマインド)』であった
殺人鬼としての『黒木銀』を止められなかった記憶を覚えていた……。
けど……。認めたくなかったんだ。
でも今の銀を信用して……いいんだよな?」

黒金
「……この世界は信用できない。人間を利用しようとする悪そのものの世界だから。
オレがまた敵となるならば心を鬼にして……やってくれ。
でもそれは……今じゃない。今の俺はクリミナルマインドじゃない。
ちゃんとここでの出会いも覚えてる。ニセモノじゃない。

改めましてのお願いだ。
おれ自身は『黒金銀次郎』っていうしがない野郎だ。でも善人じゃないんだ。
現実世界である少女を守るため……昏睡事件の犯人を追い『水廻組』の構成員を殺している。
最終的には法か番人である『忌家』に罰せられるかもだ。
それまでは……また一緒に居てもいいかな?荒忌。」

荒忌
「改めましてか。たしかにな。こちらこそ。神祭事荒忌だ。
ところで『黒金銀次郎』ってジジイみたいな名前だなww
銀までのほうがカッコいいぜ!wwwwwwww」

黒金
「笑いすぎだ芝はやすな。
さてこの世界から出るぞ荒忌。広場を抜けた先に扉がある。」

アリス2
アリス
「この深層ブラックスミスから……逃げ仰せられると……おもっでるのがぁ……
死んでぐれるよねぇ……お父様のためにぃいいいい
ここの扉を強制ロックしでやっあだざあああああっ!!!」

黒金
「まじか!まだ生きていたのか!オレがヤツを食い止める!荒忌お前はいけ!」

荒忌
「しぶてぇな!やはり他のデストルドーとは違うってか。
てか何いい台詞いってんだよ!銀も一緒にここから出るんだよ!
またこの世界に戻って助けに来るとかヤダかんな!
もう俺は!友を失いたくないんだよ!……どうすればいい!考えろ。」

 何処からか声が聞こえる 姿形は見えないが荒忌に呼びかける

4部キジンノミヤエント 4部いをら
イヲラ(宴人)
「この世界『深層黒澄州(ディープクロスミス)』は、人の魂(イマージュ)を吸う冥界の最下層。
私も体は散ってしまったがこの世界の意識の一部になって残っているようね。
だからこそできる事もある……。
見守っていようと想ったけど……荒忌をヒロインとして助けるなら最初で最後。

ここの世界の悪魔は……無意識の深層に引きこんだ荒忌を利用して
『赤の女王(ジェナ)』を殺させようとしてイメージをみせていた。
でも今は管理する奴が居なくなってる今のうち使わせてもらう!
一つ上の階層に干渉する世界ならば、助けを呼ぶこともできるはずだよ。
いや……助けを呼ぶこともできるはずだぜ相棒!」

ダークアリス
ダークアリス
「余計なイマージュどもはぁあああお父様に吸収されろおおおおおおッっげぎゃぁあpぃいい!」

荒忌
「今ちと嬉しい気持ちに浸ってんだ黙ってろ悪趣味顔面クリーチャー!

へへっ姿はみえねぇけど……お前もそこにいたんだな……エント。
無理してイヲラの真似しなくてもいいぜ。ありがとうな。

聞こえてるか!!!赤の女王!いや……ジェナさん!!
オレと銀は……今ピンチなんだ!!呼びかけにこたえてくれ!!
この世界から引きあげてくれ!!アンタにしかできない!!」

イヲラ(宴人)
「アクセスコード:デミウルゴス!
……これでキミを拘束(しば)るのも、これで最後……。
生きて荒忌。」

 すうっと扉の前に赤い女王が姿を表す

赤の女王ニセジェナ
ジェナ
「聞こえる?!荒忌君!しっかりして!返事して。
今無理矢理だけど意識を戻すからね!」

荒忌
「上の階層での俺は気絶してるのかな。」

黒金
「アホな事言ってないで出口に向かうぞ!敵からできる限り遠くへ離れるんだ!」

ダークアリス
「逃がすがぁ嗚呼嗚呼!!!あばばばばば!」

イヲラ(宴人)
「逃がさせる。それだけは譲れない!
荒忌……獄中死がなにか計画してるようだ。後は頼んだよ。」

荒忌
「……。ありがとう。」

ーーー
【ホテル:Pラヴクラフト:跡地】

 一生懸命少年に手を当てエネルギーを贈り続けるジェナ

4部すめらぎちゅうた

「アッ!目をさましたっす!!」

ジェナ
ジェナ
「よかった!!よかった!!急に意識失って倒れるんだもん……ってあれ??」

 いきおいよく飛び起きる少年

4部あらいみ
荒忌
「ハッ……。もどって……これたのか。
ってことは銀は。」

4部 黒金銀次郎
黒金
「バッ」

 目を見開いて立ち上がる青年

4部ゆんぐ
ユング
「銀くんも!?!!どういうこと!僕の知らないところで何があったか説明してくれる!?」

黒金
「ユングさん……詳しい事は後で話す。
まずは、俺が最期にここで見た時獄中死ツミトの不自然な行動あったよね。
合えて特攻をかけてきて両の手を、荒忌に切らせた。」


「そういえばそうかもっすね!」

ジェナ
「そのあと、イヲラ君やその他の事もあってごたごたしたけど、たしか……」

荒忌
「……。おれはそんな事どうでも良いって心を閉ざしたが
アイツは生きてた!死体がないっていったよな。……イヲラ……いや宴人もいってた
アイツがまだ何か計画してるって。
例えこの世界で怪我しても行くべき所は……『病院』か!!

【ダーレス病院】には怪我の請け負う『やつ』がいた!!銀!!!」

黒金
「ああ!急ごう!まだ間に合うならば!!」

ジェナ
「ちょっと!!ふたりとも!!まってぇ!!」

ーーー
【ダーレス病院】

 静寂を打ち消す悲鳴 痛みに耐える声 
 そこには青年が二人居た 一人は病人の格好と もう一人は両の手首のないもの

4部獄中死罪人
ツミト
「……。おやぁ?意外や意外。あの絶望から悪魔達に取り込まれて帰ってこれないと思っていたのに
ちょっとゆったりしたかな……ははは。」

 駆けつけた一同の前には人の姿の半分が他の怪物のような姿をした病院着の青年が
 床に倒れている光景だった

4部ひつぎのぼくら オシリス
ぼくら
「……。ただ待っているだけだったのに……。ただそれだけ……。」

つづく


創作パートはここまで、ここからは解説パート。
エジプト神話から1体紹介。

①おしりす
オシリス
エジプト神話のメジャーどころの神様。
神話知らなくても遊戯王で「オシリスの天空竜」ってカードで知ってる名前ですよね。

tumblr_ncwluil5Np1qby31qo1_500.jpg qv66_110.jpg 9e2c1a5a.jpg
イチバン最初にミイラになった王様。マミーキング。

包帯グルグルで玉座にすわり、ファラオの装備『王勺』と『殻さお(稲・麦などの脱穀に用いた農具フレイル)』
またはジェド柱とウアス杖を持った姿をしている。
民に絶大な支持を得た豊穣神だったが、兄弟のセトに嫉妬から殺害されバラバラになってしまう。
イシス
ナイル川に捨てられ、14パーツ中13パーツまではイシスが集めたが、
男性器のみ魚に食べられてしまったという悲しみ。
ミイラとして復活し冥界の王様となった。エシプトらしい神様ですね。
生と死、栄枯盛衰を繰り返す人間の歴史と
死者の書』に書かれる裁判官というエジプト人の死生感を象徴とする存在。

イラストでは、シンプルなミイラの王様と言った感じで描きました。
イメージがほぼ固定なために逆に書きにくい神様ですよねw

植物の生と死を象徴するから緑肌なのですが
逆にそれが固定感強まって使い方困ると言うw
o0240016013641684739.png
デビチルだと蒼肌でしたね。死人感みある。

話は戻して、顔は白い王冠をお面のようなデスマスクのようにしてみた。
中に緑の顔があるんでしょうね。卵のような風にも見えるのは生の意味合いでまるくしてみた。
股間部分が暗黒空間のようになってるのも、バラバラエピソードから。
踵や腰の布がちょうど無くしたもののイメージに見えるようなデザインになっている。

ちなみにエジプトの神やファラオの付けひげは、絶大なる王の権威の象徴
生命の象徴として男性器なのだそうだ。
無くしたちんこはそれなのでは?w
なのでそれっぽい造形をあごにつけヒゲておきました。

創作物語では、病院着の青年の真の姿。神の姿ですね。
デストルドーの上位種にして死の神になった。本物神の模倣体。
物語のロジックに使う用のヒーラーキャラを忘れたコロに出すつもりでしたw
忘れては居ないヨwそのための幹部(アイドル)たちだもの。全員分の死神は用意済みさ!

ーー
LV65 死神オシリス【DARK-NEUTRAL】
魔法耐性 破魔弱点 呪殺無効

・メギドラオン(敵全体に防御を無視した超ダメージ万能魔法)
・マハドムディ(敵全体に中ダメージを与えた分HPを吸収する呪殺魔法)
・リカームドラ(自分を犠牲にし味方全体を戦闘不能からHP回復させ復帰させる魔法)
・万能回避の秘術(万能属性の攻撃回避率を2倍にするスキル)
【サポートスキル】・冥王の再臨(一度だけHPが0になってもHP全回復し復活するスキル)

アイテムドロップ
玖の月夜のリビドー(なんだか生きる希望の詰ったオルゴンボックス。)
循環のイマージュ(オシリスの核となるイメージ。オルゴン召還解禁になる。)

◆イベント戦闘となるボスキャラ。解放する事で各ボスの素材のキーとなる。




今週の更新はここまで!っていっても更新遅くなりました!!
すっすいませんでした!!

気がつけばもう7月が終わりますね。
夏がもう半分終わった感。なんか加速してるかもですね。

負けちゃダメだ!今の世界に負けちゃダメだ!
頑張って生きていきましょうね( ・´ー・`)いいきかせ


今週は暑すぎてダウンしておりました( ˘ω˘)心だけじゃなく体もダメかな
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

来訪者数
333333番で神殺しか御粥
コメント残してもらえると友好度UP
プロフィール

そとの道

Author:そとの道
ブログの誕生日08/03/14
そとの誕生日10/19

詳細DATA
.
悪魔や神話関連が大好きで青春時代
に無駄に熱意をつぎ込んでしまった
悲しい男の日記ブログ!

Infinite factorというバンドを
応援しています!(解散無念!)

絵の練習&悪魔とか描きたい!
描いて捨てるのもモッタイナイ
知識を放出したい!
そんな理由でブログ始めました。
最近は腹立たしいのでニュース記事ばかり

真女神転生シリーズの異端のデビルチルドレンから入り、悪魔や神話にドップリ浸かり、創作神話やら民話も知識として吸収中

イラストは毎週更新するつもり。


副タグリストから『悪魔辞典』で過去描いた悪魔イラスト一覧にいけます。めんどいけど名前をコピペしてブログ内検索で見てね。

ちなみに画像は
本体:ステワ・ルトゥ
(吸血内臓スライム)
パンダは飾り。
齢20代、心は40後半
鬱攻撃に弱い、精神攻撃に弱い
眼鏡っ子
素人絵だけど、ここのイラスト無断拝借使用とか少し変えて転用とか恥ずべき行為はやめてねん。
お声あれば発想力はお貸しします。

リクエストは聞くけど私はうちの子描くマン

ツイッターはじめました

画像

バナー
バナー作ってもらいました!
pixivはじめました
最新の登録30件が表示されます
ブログ内検索
文字や解説が多いので便利かも?
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
カテゴリー
副タグリスト
オカルトで分類分けしてしました
バンド応援しています!
Infinite factor        (インフィニット ファクター)
無限の要素へようこそ
画像クリックでサイトに飛びます。リンク先には礼節を
ランキング
気に入ったらポチッと押してください

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

カレンダー
更新は気の向くままです
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ミニ天気予報
意外と最近便利と感じなくも無い

-天気予報コム- -FC2-
リンク
基本的はリンクは自由です!お友達が増えるとイイナ♪
このブログをリンクに追加する
メールフォーム
なんか言いたい事があれば適当にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

マイナーからメジャーの神話などの質問や要望大歓迎
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブックマーク